2012/12/30

起こし・オブ・ザ・イヤー2012

前回の「起こし・オブ・ザ・イヤー2011」から
本日までのアクセスから今年一番読まれていた文字起こしは
どれだったのか?
今回も順を追って発表して参りたいと思います。

今回は、ベスト20を発表いたします。

第20位
小島慶子が語る「哲学で私は楽になった」(2011.12.12)

小島さんが「キラ★キラ」を辞める経緯を話した部分に注目が集まったようです。

第19位
大竹まことと光浦靖子が聞き出す「芥川賞作家・西村賢太の私生活」(2011.11.19)

いいとも!出演を機にアクセスが伸びました

第18位

 宇多丸が聞く「音楽にお金を払う時代はもう終わり、なのか?~ヒップホップ最前線~」(1)(2012.2.12)

タイトルにインパクトがあったのか?記事アップ当初コンスタントにアクセスがありました。

第17位

ライムスター宇多丸が語る「AKB48選抜総選挙」と「アイドルの表裏一体な構造」(2011.8.28)

去年のAKB選抜総選挙の時の模様が語られています。
その後の「Documentary of AKB48」の盛り上がりに繋がっていきました。

第16位
赤江珠緒が語る「山ちゃんのおかげで『ももクロ』への扉が開きました」(2012.5.16)
数少ない「たまむすび」からの起こしです。
「ももクロ」の今年の急上昇から安定したアクセスがありました。

第15位
紅白マイスター・寺坂直毅が語る「紅白・鉄板の名場面」(2011.12.31)

去年の記事アップ時と今年の紅白に向けてアクセスがあがりました。

第14位
吉田豪が語る、乙武洋匡について(2011.9.25)
twitterなどでの乙武さん人気が影響して安定してアクセスがありました。

第13位
マキタスポーツが語る自身の「作詞作曲ものまね」とは?(2011.09.25)


某掲示板で紹介されたようで11月頃にアクセスが上昇しました

第12位
ライター・藤木TDCが語る「卯月妙子『人間仮免中』は今年一番衝撃を受けた本」(2012.7.16)


検索ワードで「卯月妙子」さんからアクセスが多かったです。

第11位
伊集院光が語る「ナイススティックって」(2012.3.20)

伊集院さんの安定のあるアクセスと「ナイススティック」の検索ワードで
アクセスが伸びました。




ここからベスト10です。

第10位

町山智浩が語るアメリカ中を騒然とさせた「ケーシー・アンソニー裁判」とは?(2011.8.31)



テレビにて町山さんがこの事件を紹介してからアクセスが急上昇しました。

第9位
山里亮太とヒャダインが語る、ももいろクローバーZの魅力とは?(2011.7.15)


当ブログ一番最初の記事です。こちらもももクロ人気に乗って安定してアクセスがありました。

第8位
伊集院光が語る「ももクロのライブには行きたいと思ってたんだよ!」(2012.4.18)


こちらも、ももクロ人気と伊集院さんのネットの強さが牽引して定期的にアクセスがありました。

第7
宮台真司が語る「最近のナンパのやり口にもの申す!」(2011.11.28)

1月にはてブがたくさんついたみたいで、急激にアクセスが上がりました。

第6
安住紳一郎が会ってきた「名古屋場所の白鷺の姐御」(2011.12.4)

名古屋場所の15日間に集中してアクセスがあり、その後も検索ワードでアクセスが安定してありました。

第5
伊集院光が語る「ももいろクローバーZにすごい僕は興味を持ってるんだけど」(2012.12.23)


去年に続いてランクインです、こちらも人気が影響して安定したアクセスがありました。

第4
水道橋博士と町山智浩が語る映画「監督失格」(2011.9.29)


博士さんから記事に対するリツイートでアクセスが急上昇しました。

第3
吉田豪が語る、ももいろクローバーZ・高城れにの魅力(2011.8.12)



こちらも去年に引き続き、安定してアクセスがありました。

第2
安住紳一郎が語る「白鷺の姐御が頻繁に出てきた理由」(2011.12.8)

こちらも名古屋場所のあたりで安定したアクセスがありましたが、こちらの方が上位なのは
何故かある週の日曜朝10時以降のこの記事のアクセスが急上昇していました。





そして2012年最もアクセスがあった記事は・・・。




第1

去年に引き続き、この記事が1位になりました。
今年も、メンバーや作曲家よりも人気のあるマネージャーを実証して頂きました。
来年の「向こう側」の行方も期待したいところです。


やはり、今年も「ももクロ」人気が圧倒的でした。
続いて出て来たのが「白鷺の姐御」、「卯月妙子」と女性の強い年だったのでしょうか?

今年1年もご愛読頂きありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします!!

関連コンテンツ

スポンサードリンク