2015/06/18

光浦靖子が語る「そのへんの禅寺の和尚さんよりもね、よゐこ・濱口の方が修行していると思うよ」

今回は2015年5月7日放送「大竹まことゴールデンラジオ!」
「オープニング」を起こしたいと思います。


大竹まこと(以下、大竹)
光浦さん!2007年5月7日からスタートした番組がこの「ゴールデンラジオ!」ですが、今日から9年目だそうです。

光浦靖子(以下、光浦)
うわーっ!すごーい、9年長っげー。

太田英明アナ(以下、太田)
丸8年やったっていうことです。

大竹
丸8年・・高松はどこ行ったんだよ!

オジンオズボーン・篠宮(以下、篠宮)
高松、ちょっとテレビ取っちゃったんすよ・・。

太田
えっ、今日大事な日ですよ!

篠宮
こんな大事な日に、ちょうど8年目の日ですもんね。そんな大事な日にテレビを取ったんです。

大竹
まあちょっと気持ちが暗くなるな・・。まあでもね、とても嬉しく私たちは思って聞いている方々はまたいつものようにね、放送がつながって聞いていただけたら嬉しいなと思うんだけど。こっち側はもう本当に身内の話で申し訳ないですが。でもね、たくさん聞いていただいているおかげでこんなに長い間やらせていただいて。

光浦
ありがとうございます。



篠宮
5月スタートやったんですね。

大竹
そう、あのねちょっとね遅かったのね。4月がちょっとライブが重なるからね。そうだからそのときは俺もラジオよりライブとったのよ(笑)

光浦
しょっぱながね。

篠宮
しょっぱな取ってたんですね(笑)

大竹
しょっぱなはちょっとね・・でも9年。光浦さん、私たちトークとか上手くなってますかね?

光浦
私、思ったけどさトークって9年やってもあまり上手くなんないね。9年ってけっこう週1だとしてもけっこうな積み重ねじゃないですか?

大竹
そうなんだよな、俺もさ分かんないけど。9年もやらせていただいているんだったらもうちょっと進歩しててもいいんじゃないかな?って気もちょっとするんだけどね。なんかこう相変わらずの行き当たり・・まあだいたいは考えているけど。

まあ台本もないし、特に頭は行き当たりばったりみたいなトークでね。逆に言えば聞いている人の方が辛抱強くない?

光浦
辛抱強いと思う!

篠宮
リスナーさんが成長したんですか?

光浦
成長した!リスナーさんが成長した。

大竹
勝手に?(笑)

光浦
「オチは?」とかそういうことを言わなくなった。求めなくなった。

大竹
今日はつまんなかったけど、まあいいや!みたいな感じで聞いてくれているのかね?

光浦
うん、オチはそもそもないものだと思って聞いてくれるようになった。でもね、心が豊かになるんですよ。我慢すると。私はこの間言ったじゃん!お勉強できないこの方が器がデカいって、あの理論。これまだ発表してなかったっけ?

私はね、よゐこの濱口さんを見て思ったの。何故あなたはそんなにどっしり構えてて器がデカいんだ?っていうことをね、常々思っていたら濱口さんの幼少期の話を聞いたら小学校2年生から勉強が全く分からなくなったんだって。

で、濱口は勉強以外のことは本当かしこいんだよ。何でもできるんだよ!普通の人よりなんならよっぽど頭良いよ。なのに、勉強だけは興味が無かったし分かんなくなったんだって。で、2年生からずーっと心を無にして大人になったんだって!高校卒業するまで。

何言っているか本当に分かんないんだって!だけど、小2の子どもがね1日5時間か6時間だよ授業。ただただ心を無にするってすごい修行だと思うじゃん?ただ我慢し黙って座っているっていう。それかバレないように空想するとか。

そういう試練を受けてきたもんで、なんつうのかな?物事を流すとか理不尽なことに対する免疫ができたの思うの、私は。その代わり私みたいに子どものころにちょっと勉強ができた子って分かることは分かる、正解出すと喜ばれるし嬉しい。

で、分からない問題が来ると、解けないと悔しいになってくじゃん?それを良しとされて勉強の世界では、やってたところ。これは私個人の性格の分析でもあるけど、理不尽なもの?分からないものが来たときの耐性ができなかったっていうの?理解できないから理解できない。

それが人間関係でもなんでも知らない試練が来たときに自分が納得できないとイエスと言えないみたいな意地を張るじゃん?その代わり、2年生のときから心を無にする濱口はさ「いいよ」って許せたりとかさ、そこで人間の器の大きさが決まったんじゃないかね?ってメイク室でしゃべったの。

大竹
なんか分からないものをちゃんと「分からない」と捉えるていうね、そういうことだよね。

光浦
その素直さというか、寛大さ?

大竹
でも本当に馬鹿だったんだね(笑)

光浦
小学校2年からですって!

大竹
小学校2年から!いや普通もうちょっと努力しろよと思うけどな。

光浦
いや私たぶんそのへんの禅寺の和尚さんよりもね、濱口の方が修行していると思うよ。2年生からずっと無にしているんだから。「すげーな、あんた!」つって。

篠宮
開き直るみたいなことなんですかね?

光浦
「無にする」つっとった。

大竹
でもあいつ女に関してはそんなに無じゃないよな?

光浦
無じゃない、マメ!

大竹
いやだからどっかマメなのよ(笑)

光浦
興味があることはすごい。

大竹
興味があることに関してはギューッと突っ込んでいくって。

光浦
「『キン消し』とか全部覚えれた」つって。

大竹
でも光浦の理論はね、意外と「ああ、そうかな」と。今、きたろうがNHKの「64」っていうの出ているんで見てると主演がピエール瀧なんだよ。まあねいろいろあるんだけど、あるんだろうけどもあの・・あいつも馬鹿じゃん?まあ正直。まあそれでやっぱり悠然としてるんだよね。

光浦
でも滝さんも音楽とかお笑いとか興味があることには天才的でしょ?めっちゃ頭いいでしょ?

大竹
でも別に役者なんてやってたわけじゃないじゃん、だって?もうね・・まあ撮ってる人も「ハゲタカ」撮った人が撮ってるんだって。だからすごいんだろうけど、ピエール瀧の車の中の何にもしゃべらないときの顔はもうすごいからね!!いや、ドキドキするぐらいすごいからね!

光浦
へええ、見てみよう!

大竹
「負けた!負けた!負けた!負けた!」っていう感じだよ、顔見てるだけで。まあしゃべってるときはちょっと芝居するんだよね。そのへんになるとまあほんのちょっと俺は安心するんだけど、まあ安心って失礼な言い方だけどね。

光浦
なんでいつもライバルで見ちゃう?いつも思う。若手から年配の人まで全てをなぜライバルとして見る?そこですよ!お勉強できたでしょ?

大竹
できない!!

光浦
お勉強できない子はそこを流さなきゃ!心の広さで、買った負けたじゃない。

太田
全てをありのままに受け止める。

光浦
ピエール瀧、芝居が上手い。「上手いな」で終わる。

大竹
まあでもね、俺にはね別の生い立ちがあるんだよ。あのね、まあそんなに大きく発表することじゃないけどね、巷じゃたまに知ってるから自分の口からは聞かれなきゃ言わないけどね。聞かれれば「はい、そうです」と答えるけどまあ双子だからね。

聞かれなきゃずっと黙ってるけど別に。でもだからいつも馬鹿は馬鹿なりに同い年だから、こいつに勝てるとか負けるとかが大事になってきちゃうのよ。馬鹿なのに。

光浦
ああ、やっぱ比べられちゃいます?やっぱ無意識に。

大竹
いやだから違うんだよ。これ比べているんじゃない。相手との関係がタメなんだよ。タメの関係で上下関係じゃないから、お兄ちゃんでも弟でもないでしょ?だからタメの関係だから、社会に出たときに相手が全部タメなんだよ。間下このみから安倍総理まで全部相手がタメなの、俺は。

太田
だから水平関係で人との関係をとらえるってことですよね?上下関係じゃなくて。

大竹
上下関係じゃないね、だから水平でそこは・・

光浦
確かにタメには「負けたくない」になるな・・。

大竹
全部そこは開いちゃうんだけど、だから間下このみとマジでケンカするし。だから若いときアイドルとバカバカ、ケンカしてたでしょ?あれもよく考えてみると、タメ張るから。司会者普通タメ張らないでしょ?

光浦
うん、親と子みたいな関係ですよね。MCとゲストは。

大竹
だけど、全部タメだから全部ケンカもするし仲良くもなっちゃう、多分ね。

光浦
厚切りジェイソン来たときもそうでしたね。

大竹
・・・・・そうだったな。

光浦
アハハハハ、なぜ厚切りジェイソンにタメは張ったのか(笑)

篠宮
出てきたての若手芸人ですよ!いやIT役員で地位を築いているか知らないですけど、芸人としてはすごい若手の(笑)

光浦
しかも外国人だし(笑)

大竹
あいつすごい心のできたやつで「これは大竹さんの愛情です」ですって言ってたから(笑)いやいやいや、まあそんなんでね。これからも聞いていただけたら・・何て言うんですか?お耳汚しといういうんですか?くだらない時間を聞いていただけたら嬉しいねえと思いますね。

太田
私ども、端でお2人を8年間見続けてきてお2人は性格的にはすごく丸くなりました。光浦さんなんかは始まった当初、常に何かしらに文句言ってましたよね。

光浦
イライラ期ですね、ちょうど。

太田
ピリピリ、イライラ、キリキリ。はい、今はほとんどそういうことはなくなって・・

大竹
最初のころは「日本人の男はダメだ!」って言ってたもんな、お前な。

光浦
日本全部を敵に回そうと思ってた。

大竹
「私に優しくしてくれるのは飛行機の中の外国人だけだ」って言ってたもんな。「日本人は誰も助けてくれない」って。

光浦
でもそれ事実を発表しただけですけどね。

大竹
でも「沖縄の人はいいねえ」とか言うようになったじゃないか。

光浦
ああ、そうですね。やっぱり女性は30代後半イライラしますね、みんな。仕事やってる人はある時期、人によって時期は違うけどやっぱり5年ぐらい「なんでこんなに腹が立つんだろう?」って止められない時期がやっぱりあるみたいで。私は意外と早めにきたのかな?それが。30代にきたっていう。

大竹
まあ俺もね、和を重んじるようになったね。

光浦
なった?

大竹
なんで聞くんだよ、お前!(笑)

光浦
まあ、なったか!なりましたね。なんで厚切りジェイソンにあんなに辛く当たったんだろう?それがちょっと・・

大竹
まあ、あれはちょっと・・

光浦
なんてこと言うんだよ!失言ございました失礼、謝っとけ!

大竹
どうも、申し訳ございません(笑)このすぐ謝るところが和を重んじるようになったと(笑)分かんないけどね。

(了)

関連コンテンツ

スポンサードリンク