2015/11/26

エンタメリコメンダー・大谷ノブ彦も応援「温泉街の若旦那ブーム」

今回は2015年10月1日放送「大谷ノブ彦 キキマス!」
「キキマス!」3時台「ちょいモテトレンドワード」
を起こしたいと思います。



東島衣里アナ(以下、東島)
さあこの時間はこちらのコーナーをお届けします。会社で、家庭で、デートで思わず話したくなる今話題のヒト・モノ・コトを紹介するコーナーです。これを知れば会話が弾んでちょいモテですよという。

大谷ノブ彦(ダイノジ:以下、大谷)
このコーナー大好きですね。もう早速すぐ使いますから。下さい!

東島
きょうの「ちょいモテトレンドワード」こちらです。

「若旦那図鑑」

大谷
知らないなー。

東島
「若旦那図鑑」何か?と言いますと、福島市の土湯温泉にある旅館の若旦那をアイドルのように取り上げたフリーペーパー。それが「若旦那図鑑」なんですよ。

これが今大きな話題を呼んでいまして、そもそも発行のきっかけは2011年の東日本大震災で自身の影響で福島の土湯温泉にあった17軒の旅館のうち6軒が廃業に追い込まれて、更に風評被害で観光客も減ってしまったんですね。

そのような状況を受けて「俺たちの町を持ち上げようじゃないか!」と福島の次世代を担う若旦那たちが立ち上がったんですよ。

大谷
これは応援しちゃうね。いいね。

東島
じゃあちょっと実際に「若旦那図鑑」見てみて下さい。

大谷
おおっ、イケメンだ!いきなり表紙にイケメンが。

東島
実はですね、今日の創刊号の表紙を飾っている渡邉樹璃案(わたなべ じゅりあん)さんとおっしゃるんですが。

大谷
またすごい名前だね、樹璃案!?

東島
イケメンでしょう?その他にもチョイ悪系のイケメンだったり、いろんなタイプのイケメンが揃っておりまして・・

大谷
浴衣着て卓球やってるグラビアとかありますよ(笑)

東島
そうなんですよ。卓球もありますし、バーベキューしている写真なんかもありますし(笑)

大谷
「じゅりさまのおすすめ」っていう・・「じゅりさま」ってこの本の中ではなってますね、すごい!フロントでその渡邉樹璃案さんがお客さまを迎え入れている写真がグラビアの1発目にあって

そこに「週刊プレイボーイ」とかで必ずキャッチコピーあるじゃないですか?「やっと会えたね」みたいな感じの「何年かかったね」みたいなそういう感じでですね、

「お待ちしておりました。お会いできて、嬉しいです」って(笑)よっ、若旦那!!

東島
もう女性誌と同じようにですね、例えば「若旦那の相関図」があって、「あなたにぴったりの若旦那が分かる適性診断チャート」があったりとか(笑)

大谷
面白い!次のページはちょっと口ひげをたくわえた、少しワイルド系の若旦那・今泉強さん。

東島
和帽子をかぶっていらっしゃいますね。

大谷
キッチンにいる感じの写真がありまして、そこにキャッチコピーが・・

「歩き疲れただろ?すぐ美味いものを用意するからな!」って書いてます(笑)

東島
だからパラパラめくると、どこかにあなた好みの若旦那がいるんじゃないかと。妄想デート企画なんかもあるんですよ!

大谷
欲しい!欲しい!

東島
この「若旦那図鑑」を見て来ましたというお客さんも増えていて。

大谷
いらっしゃってんだ!いいね。

東島
徐々に福島市の土湯温泉、活気を取り戻しつつあるそうですよ。大谷さん、温泉街で注目を浴びるのって今までは美人女将でしたよね?

大谷
そうだよね。

東島
それがどうして若旦那にスポットライトを当てたのか?といいますと、これ「若旦那図鑑」を発行している土湯温泉観光協会にお話をうかがったんです。

若旦那に注目した理由の1つこういうことだったんですよ。

「温泉に行った女性はしゃべりたがり」

大谷
ふんふん、なるほどね。

東島
ちょっと身に覚えがありますけど、土湯温泉観光協会によりますと。まず温泉旅行に出かける人って男性よりも時間とお金を使う女性が多いことから若女将よりも若旦那の方が話題になるんじゃないか?と考えたそうですよ。

そしてそんな温泉旅行に出かけた女性って、周りの友だちのそのことをしゃべるんですよね。

大谷
確かにね。

東島
「あれ食べたよ」「ここ行ったよ」「いいお風呂だったな」とか。

大谷
またすぐfacebookに上げるんだよね。

東島
特に20代・30代の女性だとブログやSNS使うので、話題の情報発信力とか拡散する能力が高いんですよね。

大谷
しかもイケメン若旦那って言ってるから、もしちょっと自分のタイプじゃなかったらまたそのツッコミもつぶやきの対象になるから・・いや上手いね、これは!

東島
ね!大谷さんもイケメンだったら「キキマス!」のtwitterもっと拡散されたんでしょね。


大谷
やかましいわっ!!やかましいわ・・・妻に謝れ。

東島
ハハハ、そうですね失礼しました(笑)福島の土湯温泉の「若旦那図鑑」以外にもありまして、兵庫県の城崎温泉では「若旦那の会」というものが結成されていまして。


大谷
できたんだー、いいね。

東島
他にも日本全国もういろんな地域で活躍している旅館やホテルの若旦那を紹介して温泉街の魅力をfacebookを通して伝える取り組み「若旦那48」なんていうものまでありますよ!

大谷
なんか若旦那ブーム来てるんだ!

東島
全国に広がりつつあります(笑)

大谷
俺は素晴らしいと思う。温泉街とかもこの福島だけじゃなくてさ、本当に風評被害だったり1つの情報がネガティブな情報で急に行かなくなっちゃって、それで経営が上手くいかなくなってね。活気がなくなっちゃったりなんて話を聴いたりするけど。

こういういわゆるちょっと遊びも乗っかってやれる感じってすごくポジティブでめちゃくちゃいいと思うね。応援したい!

東島
大谷さんが若旦那だったら、なんていう見出し付けたいですか?

大谷
僕?「人から聞いたいい話あるけどどう?」とかそういうの(笑)自分の力じゃないからね。

東島
惹かれますかね?

若旦那図鑑

城崎温泉 若旦那の会

日本の宿 若旦那48(facebookページ)

(了)

関連コンテンツ

スポンサードリンク