2016/09/28

大森靖子が語る「自分は風俗資料になりたいと思っているので自分と一緒に歌詞も古くなっていけばいい」

今回は2016年2月16日放送「荻上チキ Session-22」
「ミッドナイトセッション」大森靖子さんの回
起こしたいと思います。


南部
今夜のお客様はシンガーソングライターの大森靖子さんです。よろしくお願いします。

大森
よろしくお願いします。

南部
では、大森さんのプロフィールを紹介させていただきますね。

大森靖子さん、1987年生まれ愛媛県のご出身です。弾き語りを基本スタイルに美術大学在学中に音楽活動を開始し2013年にファーストフルアルバム「魔法が使えないなら死にたい」を発表。



「激情派」とも呼ばれるパフォーマンスや歌詞の世界観がすぐに口コミで話題になり、レーベルや事務所に所属しないままチケットを手売りした渋谷クアトロでのワンマンライブはソールドアウト。

更にカーネーションの直枝政広さんプロデュースのセカンドフルアルバム「絶対少女」も話題となり、2014年に「きゅるきゅる」でメジャーデビューを果たします。





昨年秋に男の子を出産なさって活動を休止していたのですが、今年活動を再開。ご自身の半生を私人の最果タヒさんと共にまとめた1冊「かけがえのないマグマ 大森靖子激白」が毎日新聞出版より発売されました。



荻上
タヒさんにはこの番組にも何度かお越しいただきましたね。

南部
そして日付変わって今日音楽プロデューサー亀田誠治さんとはじめてタッグを組んだ「愛してる.com」。ソウルフラワーユニオンの奥野真哉さんをサウンドプロデューサーに迎えた「劇的JOY!ビフォーアフター」の両A面シングルをリリースされます。

荻上
また曲によって顔つきというか、表情がずいぶんと変わりますよね。これはどんな方にプロデュースしてもらうのか?みたいなものは作曲で頭でメロディーを奏でているときなんかも意識とかされるものなんですか?

大森
しない場合が多いですね。できてから、こういう音が欲しいから。たまに「この人と組もう」と思って曲を作ることとかあるけど、あんまりめったにないですね。

荻上
できあがってから探し始めるっていう格好ですか?いつも大森さんの方から「こんなに方がいい」っていうふうにオーダーされるんですか?

大森
そうですね、基本的に会ってみてセッションをしてみて良かったなっていう人とまた仕事がしたいって言って頼むことが多いですね。あんまり会ったことのない人とは・・。

荻上
じゃあ1回どこかでセッションをして。セッションをする機会っていろんなところであるんですか?

大森
そうですね、ライブとかでご一緒した人とっていうのが多いですね。

荻上
じゃあ亀田誠治さんとはどこかで何度か?

大森
フェスで「JUDY AND MARY」さんのコピーをするっていうのをやりました。

荻上
亀田さんが当時はパートはベースで入っていただいて、大森さんはギター・ボーカルで?

大森
ボーカルで。「赤い公園」の津野米咲(つのまいさ)ちゃんがギターで。



荻上
そうやって活動でいろいろ重なってきた方に「今度あの人にお願いしよう」っていう形でされているわけですね?何か自分からセッションからお願いするっていう方もいらっしゃるんですか?

大森
・・はないですね。たぶん出会っていって、いつかは出会っていくだろうみたいな。なんか身を任せている感じはありますね。

荻上
じゃあ何か設計的にというか「こういうふうに音を作ってみたいから、この人とやってみたいんだ」みたいなことはあまり計算せずに?

大森
あまりやったことないです。

荻上
もう興味があることがいっぱいで、僕ばかり聞いてもあれなんですけど。リスナーの方からも既に質問が来ているんですよ。

関連コンテンツ

スポンサードリンク