2016/06/26

ダイノジ・大谷ノブ彦とマキタスポーツが語る「仮説『ハンバーグとは尾崎豊である』」

今回は2016年2月2日放送「大谷ノブ彦 キキマス!」
「グルメの迷宮 ハンバーグ」の一部
起こしたいと思います。

前回の
ダイノジ・大谷ノブ彦とマキタスポーツが語る「みんなハンバーグ食べてもう少し優しくなろうぜ」
の続きとなります。


大谷
マキタくん、こんな仮説はどうですか?

マキタ
どうですか?

大谷
「ハンバーグとは尾崎豊である」っていう。

マキタ
ちょっと待って下さい、ちょっと飛びすぎて宇宙に飛んだり・・今度は尾崎豊なの?

大谷
最近、尾崎豊さんの動画をよく見るんですね。先週マキタくんが「COOKIE」という曲をリクエストしてくれて、僕はあの曲が大好きで・・彼女にクッキーを作ってもらうっていう。



だからすごく深いテーマを歌っているんだけど「近くの人を好きだ」って言っているだけの歌なんだよね。あれが「良い曲だなあ」なんて俺が高校時代から思っていて、すごい嬉しかったの!マキタくんがリクエストして。

そっから急に昔の尾崎豊さんの動画をよく見ていると、すごく面白くて。講談とか落語みたいなMC芸なんですよ。

「ハイスクールロックンロール」っていう曲をやる前に「俺はむかし友だちがいなくて」・・ワーッ!って。「休み時間はウォークマンを聴いていたんだ」つって。

「ウォークマンの中身は・・・・ブルース・スプリングスティーン!」ワーーッ!!って「ジャクソン・ブラウン!」ワーーッ!、「そして佐野元春」ワーーーッ!!!って「浜田省吾なんかだ!」ワーッてなるわけ。

そういう1つお客さんとのシンクロみたいなやってから曲がドーンって入った瞬間にドワーッ!って盛り上がる。「これ1つの芸だな」とか思って。

俺はなんかそれを見ているときにちょっと笑いながら、すごくだから尾崎豊さんの持っている・・なんかこの愛しさ・・隙?隙があるわけ。隙がすげーあるなあとか思ったんだよね。

なんかそれが面白いなと思ってる反面、例えば俺が尾崎豊さんで1番好きな曲「シェリー」っていう曲がある。あれ切実なのよ。10代のときに聴いたときにすごく刺さっちゃって。

今もあの曲を聴くと、あのころの自分になるし。でもどっかでいわゆる尾崎豊さんをバカにするというか・・

マキタ
そうそうそう、俺もあったなあ・・。俺は本当に尾崎豊さん大好きでね、山梨でもコンサートも何回も行ったし、東京でも行ったよ。

2016/06/24

ダイノジ・大谷ノブ彦とマキタスポーツが語る「みんなハンバーグ食べてもう少し優しくなろうぜ」

今回は2016年2月2日放送「大谷ノブ彦 キキマス!」
「グルメの迷宮 ハンバーグ」の一部
起こしたいと思います。


大谷ノブ彦(以下、大谷)
まあハンバーグをやろうと思った、そのきっかけ・・家でもめっちゃ・・

マキタスポーツ(以下、マキタ)
ハンバーグ俺好きで、つい最近も誕生日のときにハンバーグを妻が作ってくれましたけど。僕ね、普段とかよそとかで食べるときにお店で食べるときに1枚しか食べられないじゃないですか?

我が家で作るときには、手のひらよりちょっと小さめのやつ?それをね、だいたい2枚乗せてくれるんですよ、うちの妻とかは。でも2枚じゃ足りないからさ・・

だけど一方で俺は知っているわけ、社会人としてあるいは46歳の男として。もうおかわりをすること、ハンバーグのおかわりをすることに対しての恥ずかしさがどっかあるわけ。

だからちょっと小声で「ママ、あと2枚ぐらいあれば・・」「2枚ぐらい欲しいな・・」っていう。

大谷
分かるわー!これすげー分かるわ!(笑)

マキタ
ちょっと照れているんですよね。

大谷
僕もやっぱりライスをめっちゃ食いたいのよ。ライス多めに盛っちゃって、これ最後片づけるのにハンバーグがなくなっちゃうときあるんだよ。

マキタ
そうだよ、つじつま合わないときあるんだよ。

大谷
で、隣のキャベツでデミグラスソースを回収してね。ご飯を回収しようとするんだけど、やっぱりもうちょい食いたいわけよ。

マキタ
大谷くんのそんな姿、見たくないよ。

大谷
「ママ、ひき肉余ってない?」「合い挽きちょっと余ってない?」「ボウルのやつかき集めて、ちょっと焼いてくれない」って・・格好悪いよねえ、あれね(笑)

マキタ
分かる!それなんかさ、ハンバーグって良い意味でだと思うんだけどちょっとバカっぽいところあるじゃないですか?若干。

大谷
そう!そこがいいのよ!

マキタ
そこがさ、自分がそこに下ろされるような感じもするんだけど、でも良いんだよね。

大谷
そう、それを今日はすごく言いたくてね。なんかその動物学の権威のそれこそ新宅先生が来たときに行ってたけどさ。人間って本来、全ての動物っていじめの行動原理があるっていう話ですよ。

いじめするもんなんですって、動物は。ただし仲直りする本能もあると。ところが今、やっぱコミュニケーションをすげーみんながはかっていって。上からの力で・・

例えば親が出て行っちゃって子どもが仲直りする機会を失わせているんじゃないか?みたいな話をしていたときに「面白いな」って。

そもそも人間って残酷な生きものじゃないですか?ホモサピエンスっていうのは生き物はいろんなものを制圧して。最近「多様性」なんて言っていろんなものを共有していく時代になっていっているよね?

同性愛者の方だったりとか、障害を持っているアスリートの人たちを見慣れてきて前よりもそういう差別みたいなものがどんどん緩やかになくなってる反面、

ネットの中とかでひとりこけた人を集中的に打っていくのは、もしかしたら本来人間が持っている狂気的なある種のそういうふうな暴力性をなんか置き換えているだけなんじゃないか?って思っちゃったの。

ずーっとそうやってあるもんなんじゃねえかね?って思ったときに「この風潮ちょっと危険だな」って思ったの。なんか1人の人をつるし上げて一斉にやる。

その人が正しい間違いっていうことよりもその風潮自体が。だから落語とかがなんでこの国の中で今も語り継がれている・・江戸時代にすげー発展したのはあれって要するにダメな人を認め合うってことでしょ?

落語に出てくる与太郎って人はさ、みんなダメなわけじゃん?それをみんなで笑い飛ばして、なんかこう緩やかにしちゃってなんとなく共有するみたいな。

その後に戦後でいうとクレージーキャッツが歌ってきた歌とかも、ダメなサラリーマンなわけじゃん?あの植木等さん。

でもなんかそれを代わりにクレージーキャッツがやってくれることによってそういう暴力的なものを押さえつける作業を・・本来「笑い」ってそういうもののような気がしてて。

マキタ
だからあれだよね?「ゆるし」だよね。

大谷
「ゆるし」って本来エンターテインメントの中にあっていいなと思ったときに、俺ハンバーグはさっきも言ったけど母ちゃんが作る玉ねぎが多いハンバーグは正直あんまり好きじゃなかったときあったわけ。マキタくんもそうじゃない?

マキタ
そうだったんです。

大谷
「ちょっと野暮ってえな」って。

マキタ
そう!野暮ったかったのよ!

大谷
お店で食ったらさ、ファミリーレストランとかもそうだけど何でもそうだけど美味いわけさ。ハンバーグって美味いわけ。その若いときってそっちに心が惹かれていくわけ。

ところが東京出て来て1人暮らしを始めるわけ。そしたら僕なんか下北沢通ってましたよ。まあマキタくんも好きだったでしょ?「サラダの店 マック」って。

マキタ
マック、美味い!うまーい、あれ大好き!

大谷
「サラダの店」とか言ってるのに、ハンバーグがうめえんだから!ゆるゆるのハンバーグね。ちょっとトマトケチャップ的なソースで。

それで「サラダの店 マック」っていうのは、スティーブ・マックイーンのファンだから「マック」なんですよ。スティーブ・マックイーンの写真なんかあってね、それ見て俺「大脱走」観に行ったぐらいだから。

マキタ
ああ、いいね。

大谷
食を通じて勉強しちゃうんだよ。その先に「キッチン南海」また美味いんだ!ふりかけがなぜか「ごましお」でさ、「ごましお」だよ!それまで3色ふりかけで1番残っていたやつ。

マキタ
最後まで残っちゃうやつだ、あれ。

大谷
実家だと、あれ1番残っていたやつ。それしか置いてないの!それによって「ごましお」に目覚めちゃって、再生工場だよ!南海だけにね。

マキタ
野村再生工場!上手いねえ(笑)

大谷
さらにその奥に行くと、左に「カウボーイ」っていう店があってね。ステーキ屋さんとハンバーグなんだけど、ここの400グラムのハンバーグ。

当時、僕が下積みやっていたときは有吉くんがバイトしていた。「電波少年」で行ったときに1番食いたいものが下北沢の「カウボーイ」のハンバーグだなんていうことを言ってた・・・美味いんだよー!

マキタ
あのハンバーグとならね、馬の鞍と交換してやってもいいです。

大谷
それでやっと19歳、20歳になって女性と初めてデートしたわけさ。それまでデートしたことなかった。グループ交際しかしたことなかったから。

行ったときに女子が「和風ハンバーグ」っつーのを頼むわけ。「そりゃねえよ」って俺は思った、俺は「和風ハンバーグ」は遠目に見ていて「あれはハンバーグじゃねえよ」って思ってたけど。女子が「好き」って言うなら合わせちゃう。

「じゃあ俺も一緒のを食べようかな」なんつって、初めて大根おろしの乗った「和風ハンバーグ」食ったときに、1口目食ったときに「これは俺の知っているハンバーグじゃねえ」と思ったけど、2口目には美味いんだよね。

マキタ
ハハハハハハ(笑)

大谷
それでちょっと25歳、26歳になって収入がちょっと増えてきたときにね。「ドイツハンブルグ風ハンバーグ」なんつーのがあるわけ!バッて見たらもうビーフがしっかり焼いてステーキみたいなやつさ。

ハングリータイガーとかもそうだよ、それを半分に切っちゃったりしてさ赤いわけ!

マキタ
ああ、中が赤いやつだ!

大谷
中が赤くて、ジューッてやって焼いて・・「こんなのハンバーグじゃないよ!こんな高級志向食べたいなんて言ってないよ!」って1口目食べたら「なんか肉が強すぎるな、仕方ねえ頼んだから」って、2口目食べたら・・・・・美味いんだよね。

マキタ
やっぱり、美味いんだ!2口目からなんだね、ハンバーグっていうのはね。

大谷
2口目からは全部美味いんだよ!ハンバーグ全部美味いの!で、今は俺はそれを考えたときに今、家の前でね・・この「キキマス!」って12時入りなんですよ、このニッポン放送に僕ら。

そうするとカミさんと2人でランチを食べようと思っても、11時半くらいからしかランチやってないんですよ。ギリギリ言っても11時45分には出なきゃ行けない。わずか15分しか。

お店でランチを食おうと思ったら夫婦でね、昼飯食いたいの。俺、カミさんとランチ食うの好きなのよ。なんか別に話が弾むわけじゃないの、ほとんどしゃべらねえのに。ただ一緒に食べているだけが楽しいんだけど。

家の前のところにある夜はおしゃれなカフェバーなんだけど、そこがランチ出しててさハンバーグが庶民的なオリジナルソースのハンバーグで箸で食うやつさ。

マキタ
ああ、良いね良いね「びっくりドンキー」みたいで。

大谷
美味いのよ。

マキタ
やっぱ美味いんだ!最初から美味いのね、これは。これは2口目からじゃない、最初から美味いんだ。

大谷
急いで食うハンバーグも美味いね(笑)

マキタ
そうね、ファストハンバーグね。

大谷
もちろん好きなハンバーグはあるんですよ!1番好きなハンバーグはある!だけど、基本ハンバーグって全部良いなって思っちゃうときあるわけ。

マキタ
気がついたら・・でもそれは分かるわー。

大谷
そう思ったらなんとなく今はマキタくんもビジュアル系バンドとかやってる。まあそれを少しお笑い寄りというか、そうするとビジュアル系を様式美として思っている人はちょっと快く思ってない人も。

マキタ
っていう人もいますわね。

大谷
僕でいくと、DJやってる。僕のDJって完全に今までのDJ文化を壊しているわけよ。だからそのDJ文化の人たちにしてみたら、すごい悪口も言ってくるし一部の人なんかは「なんだ、あんなのDJじゃねえよ」っていう人もいる。

今まではそういうときに俺は「いや、そんなこと言ってるけどこっちの方がフェスだったら盛り上がるし」とか言ってたけど。今はなんとなくそういうことを言う人の気持ちも・・

マキタ
だんだん分かってきた。

大谷
その人たちはその人たちで目指し、その人の文句も認めたいなとか。作ってきたことも認めたいなっていうのは俺、「超ハンバーグ的だな」って思うの。

マキタ
ハハハハハハハ、なんだ!その「超ハンバーグ的」っていう形容詞は!なんなんだよ!!分かるけど!!(笑)

大谷
分かるでしょ?(笑)なんかその人の言うこともちょっと分かるしなとかって。別に正しい間違いを出したくない自分がもう今あるのよ。好きなのはあるよ、好き嫌いはある。

ハンバーグもそうよ、好きなタイプはあるのよ。結局、俺は別に和風ハンバーグを食べないし。

マキタ
やっぱりデミが好きだと。

大谷
やっぱり、デミが・・目玉焼き乗ってるのが俺は好きなわけさ、いまだに。お恥ずかしい話。

マキタ
自分の中の保守は絶対あるわけだね。だけど他のものも?

大谷
保守はあるけど「認めたいじゃん」って思えるのが、ハンバーグの懐の深さのような気がしちゃってさ。

だから落語とかクレイジーキャッツみたいなもののような気がするんだよね。人はハンバーグって食べ物を発明して、どこかで浄化しようとしてんじゃねえかな?と思って。

だって今日来ているメールみんな違うよ。みんな違うけど、なんか俺読んでていつもの「グルメの迷宮」だったら「これ俺、分かんねえな」とかっていうのがあるけど、「それぞれまあ良いな」って。

マキタ
だからさ、1番美味いものとかっていう発想ってナンセンスじゃん?その中の究極的なハンバーグって今1番美味いとかトレンドとか1番っていう価値とかが全部「無」になる食べ物だよね?

大谷
そう!順位とかじゃないんだよ。だから「宇宙」だよね、全員優しい・・

マキタ
いよいよ宇宙に飛んで行っちゃうから、ちょっと待って!宇宙まで飛ばないで!!リスナーついて来れなくなるから!(笑)

大谷
そのハンバーグが好きだっていう気持ちを全部認めたいのよ!で、「そのハンバーグ違いますよね?煮込みハンバーグは肉団子じゃないですか!」っていうさっきメールがあったじゃん?あれも分かるのよ!

分かるっていう気持ちになっちゃうのよ。「それは違うよ!文句言っちゃいけないよ!」じゃなくて、「まあまあ、そう言いたくなる気持ちも分かるね」つって。

マキタ
何でも飲み込んでくれるね、優しいね。

大谷
そう!何でも飲み込んでくれるのが、優しさがハンバーグなんじゃねえかな?って。

マキタ
じゃあ、至らなかったかなあ?俺、煮込みハンバーグっていうのは俺はすごい「汁」が好きだから、「汁」も好きだしハンバーグも好きだし、その2つになっちゃったら「もったいねえじゃん!」とかって思って情報量が多いの、既に。

大谷
いや、俺も煮込みハンバーグを全然食べなかった。あの、しかもアルミホイルで包んだりとかしてるやつ!横で俺がたまたま見たやつはそれを食べてたんだよ。

「煮込みハンバーグなんかわざわざ頼むんだ」と思って、俺はデミ食ってますよ・・とか思っていたらその人最後にその残ったソースをアルミホイルの中にご飯を入れてさ・・

マキタ
ああ、エッチ!

大谷
それで1回閉じたんだよ、アルミホイルを1回閉じて軽蒸ししてるんだよ!
俺はそれ見たときに「認めるよ!」と。

マキタ
そりゃ認めるわ!その人すごい先輩だわ。

大谷
だからやっぱり「みんなハンバーグ食べてもう少し優しくなろうぜ」っていうことがやっぱり今日言いたかった。

マキタ
なるほどね。なんかさ、IQ下がる感じがいいよね?

大谷
みんなちょっとバカになれるっていうのがさ、だから間口の広さってそういうことじゃん?間口の広さ・・隙?

マキタ
そうだ!隙があるんだ。

大谷
ちゃんとパンパンって叩いているときに空気がさ、ハンバーグは隙があるんだよ!

マキタ
ただのこじつけじゃねえか、それ!今、思いついたやつだろ?(笑)

大谷
みんな優しくなろうということで曲聞いてもらいましょう。斉藤和義で「やさしくなりたい」



(了)

2016/06/19

大竹まことが語る「女子高生たちが知力のガチンコ勝負で東大・京大に勝った」

今回は2016年5月18日放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」
オープニングの一部を起こしたいと思います。


太田英明アナ(以下、太田)
さて今日は朝日新聞の記事をご紹介したいと思うんですが。NHKのチーフプロデューサーの村松秀(むらまつしゅう)さんという方のインタビュー記事が載っているんですけれども。

この方は科学番組のプロデューサーをやっていらっしゃる方なんですけども。モデルやアイドルの女子高生たちが知力のガチンコ勝負、まあ科学に関するガチンコ勝負なんですけれども。

この子たちは科学の番組でちょっとレギュラー出演している人たちなんですが、この女子高生たちが知力勝負で東大生に勝ったと。で、調子に乗って京都大学の学生と戦わせたら京都大学の学生にも勝った。

北海道大学と東北大学の学生が参加したコンテストでも優勝した。ちょっとびっくりですけれども、例えば東大生との対決はどんなことをしたか?っていうと、A4の紙で作った橋の強さを競うことで勝ったということのようなんですね。

どうしてこのモデルやアイドルの女子高生たちが勝てたのか?「疑う・ずらす・つなげる・寄り道する・あさっての方を向く・広げる・笑う」こういった方法で思考を広げて豊かにすることをこの村松さんたちは「グルグル思考」と呼んでいるそうなんですが。

東大生は豊富な知識と賢さゆえにまっすぐのものの見方しかできないのに対して、このモデルやアイドルの女子高生たちは知識や先入観がまあ良いにつけ悪いにつけないので無駄にも思える「グルグル思考」をいとわないせいなんじゃないか?と。

で、「グルグル思考」こそ未来を切り開くのに必要な知力ではないか?と思うようになって、実際番組をきっかけに同じ問題意識を持つ人が増えて「グルグル思考」と取り入れる試みがあちこちの教育現場ではじまりだしたと。人材育成をめぐる議論も起きているということなんですね。

大竹まこと(以下、大竹)
ああ、面白い!俺たちぐらいの歳になってくるとさ、もう頭が硬くなって俺らなんか「東大には絶対に勝てねえ」とかさ。

いとうあさこ(以下、いとう)
そもそも気持ちで負けちゃいそう。

2016/06/15

TBSアナウンサー・小林悠が語る「もうこれで私の厄除けは完璧だと思ったんですけどね」

今回は2016年2月5日放送「小林悠 たまむすび」
「小噺はるか スナックママへの道」
起こしたいと思います。



小林悠(以下、小林)
さあさあ、実はですね去年私すごいひどい風邪をひいていたのを憶えていますか?

玉袋筋太郎(以下、玉袋)
ひいてたね。

小林
ちょっと熱が出て、声も鼻水もけっこうひどかったんですよ、あのとき。

玉袋
あった、あった、あった、あった。

小林
あれ、今思えばインフルエンザだったのかな?よく分からないんですけど(笑)

玉袋
同じブースにいるんだからさ、俺!

小林
危険極まりないですけども、まあそれがなかったことを祈りますが。実はその具合が悪い状態でいたときに実はある人に「小林さんお祓いした方がいい」って。実は私、去年言われていたんですよ、知り合いっていうか初めて会った人に!

玉袋
ええーっ!見えたんだよ!お祓いだ。

小林
で、理由は分からないですよ。そのとき自分が風邪で弱っているから、そういうふうに何か思われたのかな?と思ってたんですけど。その人に伏見稲荷大社か川崎大師でお祓いした方がいいって。なぜか、その2つを挙げられていたんですよ。

玉袋
伏見稲荷と川崎。

小林
関東3大厄除け大師の1つですね。(西新井大師・川崎大師・観福寺大師堂)伏見稲荷大社はさすがに京都だから行けないじゃないですか?

で、私もじゃあ川崎大師・・まあ前厄だし、行った方がいいのかな?ってそのときは思ってしまったんですが、今思えば年明け早々・・私はね、包丁で指を怪我し。

玉袋
かっさばきましたね(笑)

小林
6針縫いましたから、神経まで切っちゃって。

玉袋
はい、それぐらいじゃないですか・・(笑)

小林
まあ、そうですね(笑)とかね、自分から言いますが週刊誌のことも・・まあお祓いって言っても悪い話じゃないんです。ちゃんとお付き合いしている方とっていうことですから。

全然そんな悪いということではないんですが、でもやっぱり心が乱れるのはあまりよろしくないじゃないですか?心を乱されたくない。

私もうちょっとお祓いに行っておけば良かったなと、けっこういろいろと後悔をしたんです。

玉袋
「行っとけば良かったな」って思っちゃうと一番ね・・だからやっぱり行っといた方がいいのかな?

小林
だから本当早く行くべきだったんですよ。

玉袋
行ったからこれぐらいの傷で済んだとかさ・・?

小林
だからそういうふうに気持ちの持ちようも変わりますからね。ですから私、今週朝一番起きまして取材がない日に川崎大師の方に行って参りました、京都は行けないから。

玉袋
電車ですよね?

小林
当ったり前ですよ!ちょっともう!朝の川崎大師ですからね。

玉袋
ああ、いいじゃないですか!朝の川崎!

小林
まだ仲見世通りも開いてないくらいの、トントントントントンって飴を切るのが有名じゃないですか?も音がしないぐらい静まりかえっていて。

玉袋
早朝はオープンしてますよ!

小林
一番早くて朝6時くらいからやってるそうなんですけれども。

玉袋
早朝がですか?

小林
川崎大師ですよ!川崎大師がですよ!(笑)

玉袋
ちょっと小林さんね、いろいろ誤解を受けるから!それ!(笑)

小林
もしかして、違う大人な意味合いでしたね。じゃない、川崎大師がですよ,川崎大師の護摩行が朝6時からやっているんですよ。

玉袋
護摩焚こうぜ!護摩だよ、護摩!

小林
空海ですから、真言密教ですから。あそこは護摩を焚くわけですよ。火をバーッとおこして。私は朝9時までの受付の回がありまして・・

玉袋
9時のコー・・9時から入ったわけですね(笑)

小林
私、けっこういろんなお寺に行って護摩行を見てきている方だとは思うんですけど、自分が本当にお祓いをしてもらうってことは当事者になるってことはなかったので、その護摩行でね。

神社ではあったんですけど。お寺ではなかったのでとても新鮮でした。川崎大師の前の郵便局のような受付のデスクがいくつか並んでまして、受付の紙が並んでいるんですよね。

玉袋
そうなんだよね、「安産祈願」とかいろいろと「厄除け」とか。

小林
いろんなリスク・・・リストがあって(笑)ちょっと今日、動揺しすぎですね。

玉袋
ちょっとリスク(笑)・・あなたがハイリスク名わけじゃないですか!最近!ハイリスクハイリターンですよ!そんな夜の番組のメインに抜擢されるんだから、あなた!

小林
リスト!横文字も使えなくなっちゃった(笑)が並んでましてね、「安産祈願」とか「健康長寿」とか「身上安全」とかいろいろある中で。

玉袋
自分で選んで書き込むわけだよ。

小林
私はやっぱり厄を除けた方がいいとお祓いした方がいいと言われたわけですから、その厄除けにキチンと丸をしまして、自分の住所と名前を書いて提出しました。

朝9時前に入りましたが、平日にもかかわらずお堂の中は人でいっぱいなんです。びっくりしました!

玉袋
それは何?助けを求めている人なのか、やっぱ?

小林
わざわざ護摩行をお願いしに行くわけですから。けっこうそれだけ皆さん悩みを持っている方とか、ここで頑張りたいと思っている人が多いってことなんでしょうね?

もう朝から50人くらい。しかも扉は開けっ放しのお堂ですから、冬ですよ。足もジンジンと指先から冷えてくるような感覚がありまして。それだけで全身が緊張感に包まれるといいますかね。ちょっと浄化されるように気持ちになるんですよ。

玉袋
分かる分かる。張り詰めた空気、冬のね。

小林
そのうちお坊さんがぞろぞろぞろぞろと紫、緑の素晴らしい美しい着物を身にまとったお坊さんが。

玉袋
徳が高いよ。

小林
徳が高いです、皆さん。登場しましてずらずらっと正座されまして。少しずつ薪を置いてね少しずつ火をおこしていくんですよね。

それに合わせて皆さんが真言と言ってお経を唱えるわけですけど。そのハーモニーがもう地の底から響き渡ってくるような音で。

玉袋
美しいんだよね、これが!トランス状態になっちゃうよ。

小林
トランス状態になりかねないですね。で、若いお坊さんが大っきな太鼓を立派な太いバチでドンドンドンドンドンドンドンってずーっと叩いているんです。お経のリズムに合わせて。

玉袋
その太鼓の鼓動が自分の横隔膜のドンドンドンドン入ってくるわけですよ。ハラミの部分ですよ、ハラミ。

小林
その太鼓がドンドンドンって叩かれる度に、なんかこうね・・奥の方から弘法大師がちょっと怒りながら迫ってくるような・・

玉袋
幻覚が・・(笑)幻覚じゃなくて、感覚ね。

小林
なんか不思議と怒られているような感じがしましたね。もっと自分ちゃんとしろと。もうあの自分だけじゃなくて周りのことも考えて行動せい!みたいなふうに言われている感じがしまして、私はいたく反省をしました。

で、護摩行が終わったあとに仏像が何点か置いてあるんですけど、そこに1つ1つ丁寧にお賽銭を入れていって「よろしくお願いします、これからは私はがんばります。仕事がんばります」って。

玉袋
はずまなきゃ、そこはちょっと。

小林
そうですよ。はずんで入れてました。それで席に戻ったところ護摩行も無事に終わりまして、そこから1人1人名前を呼んでもらえるんですよね。お坊さんがマイクを通じて。

そこで自分が申し込んだ立派なお札をもらって、ありがたく頂戴して終了。もうこれで私の厄除けは完璧だと思ったんですけどね。そしたら名前呼ばれたのが1番最初だったんです!あんな50人くらいいる中で。

玉袋
おっ、それだけでラッキーだよ!

小林
キテますよね!「小林さん、小林さん」って呼ばれまして。私ちょっと足が遅いので「はい」って口で返事をしながら、荷物をまとめてお坊さんに近づいていったんですけど、

「小林さん、小林さん、小林ゆうさん」ってこうなっちゃって・・大事なとこで(笑)名前を間違えられて、あれ?効いているのかな?ってちょっと思ったんですけど。

玉袋
これちょっと護摩行どうなんですかね?

小林
いや、効いているはずです!

玉袋
決まってるようで、決まってないみたいな。「関節きまってませんよ」っていう状況ですよ!

小林
悠里さんの「ゆう」の字ですから!お前はラジオや仕事で頑張れ!という弘法大師からのメッセージなんだよということで。

玉袋
「ゆう」はお前なんだよ!っていうことで(笑)「ゆう」の継承はお前だ!と。

小林
ちゃんと「ゆう」の戦士として生きていこうってことなのかな?

玉袋
頑張って下さい、良かった良かった御利益!御利益!

(了)

2016/06/09

音楽ライター・ガモウユウイチが語る「昔の子どもは知らない間にワールドミュージックも触れていた」

今回は2016年5月3日「荻上チキ Session-22」
「ミッドナイトセッション」を起こしたいと思います。


南部広美(以下、南部)
今夜のお客様は音楽ライターでベーシストのガモウユウイチさんです。

ガモウユウイチ(以下、ガモウ)
音楽ライターのガモウです、よろしくお願いします。

荻上チキ(以下、荻上)
よろしくお願いします。

南部
では、ガモウさんのプロフィールを紹介させていただきます。1968年生まれ、神奈川県のご出身です。大学卒業後、出版社勤務を経て音楽理論などを学ばれて現在フリーの音楽ライターとしてCDのライナーノーツや解説のほか、音楽誌を中心に原稿を執筆中でいらっしゃいます。

一方、現存する国内最後のギターポップバンドの「ロコモーティブポップ」のほか、アイドルの「WHY@DOLL」など多くのアーティストやバンドでベースを担当していらっしゃいます。


共著に「ギター・マガジン ディスク・ガイド」馬飼野元宏監修「昭和歌謡ポップスアルバムガイド1959-1979」などがあり、先週末初の単著になる「解析昭和のテレビアニメ特撮主題歌大百科」をDUブックスより発売されました。


解析! 昭和のTVアニメ特撮 主題歌大百科 耳に残るメロディを牽引した匠のコード・プログレッション330

荻上
はい、会社を辞めた後に音楽理論を本格的に学ばれたということになるわけですか?

ガモウ
はい、そうですね。会社と並行していろいろなバンドをやっていたんですけど。まあ会社も辞めて時間もできたことですし、まあバンドを手伝っているうちにいろいろ要求に応えられないことが分かりまして、自分のスキルの問題で。で本格的に習おうかな?と思って、専門学校で。

荻上
じゃあ、いわゆる「楽典」なんかを読み解くような日々も続いたりしたんですね?

ガモウ
「楽典」というかポピュラー音楽なので、「バークリーメソッド」っていうジャズの方の音楽理論とかを学んで。

2016/06/01

元TBSアナ・吉川美代子が語る「その声はあなたしか持っていないのでもっと自信を持っていい」

今回は2016年2月3日放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」
「大竹メインディッシュ」吉川美代子さんの回を
起こしたいと思います。


町亞聖(以下、町)
本日のお客様をご紹介します。現在著書「アナウンサーが教える愛される話し方」が朝日新書より発売中です。元TBSで2014年に定年退職されてからはフリーアナウンサーとしてご活躍されています。大先輩です、吉川美代子さんです。


吉川美代子(以下、吉川)
こんにちは、よろしくお願いします。

大竹まこと(以下、大竹)
はい、こんにちは。ようこそいらっしゃいました。ご本をお出しになってらっしゃいますがこれは初めてのご本ですか?それとも何冊もお書きになっている?

吉川
アナウンサーとしての仕事を反映した本というのは、これが定年の半年くらい前に書いたんですが。これが初めてだったんですが。30代終わるごろにラッコについての本は出しているんです。

大竹
ラッコ?


海の上に仰向けで浮いている?

吉川
動物のラッコです。

大竹
あー無理している奴ね、ちょっとね。


そうですね、腹筋が大変そう(笑)

大竹
ラッコがお好きなんですか?

吉川
ラッコが日本の海にはいないものですから、研究者は9割がアメリカなんです。アメリカのラッコ研究の権威の先生のもとに通って勉強して。あとアラスカのラッコの生態の研究所にもずっと行って、それでラッコの本を書いたという・・。


大竹
ちなみに、なんでラッコ好きなの?

関連コンテンツ

スポンサードリンク