2016/01/26

コラムニスト・深澤真紀が語る「日本が導いたイスラム組織との和平合意」

今回は2015年11月24日放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」
「大竹紳士交遊録」深澤真紀さんの回を起こしたいと思います。


深澤真紀(以下、深澤)
まあパリのテロ以降、どうしてもテロとの戦いという威勢のよい響きだったりとか。イスラム教の偏見が話題になったりしてるんですけれども。

意外と知られていないイスラム組織との違った解決方法を模索しているケースがあって、しかもそれに日本が大きな役割を果たしていたっていう。これはけっこうご存知じゃない方が多いんですけど。

NHKの国際報道でも「フィリピン 日本が導いた和平合意」として紹介されて、私もフィリピンのNGOをしている知人に取材したんですけれどもどういうことか?っていうと・・

フィリピンにはミンダナオ島っていう大きな島があってだいたいマニラのあるルソンに次ぐ2番めに大きい島で、国土の3分の1くらい。ここはまあ14世紀にイスラム教が伝わって15世紀にはイスラム教の国もあったんですけど。

16世紀からスペインがバンバン来ちゃって植民地化されてキリスト教になっちゃったんですけど、今でもイスラム教の人がいて。この人たちが最初国を作りたいと。

倉田真由美(以下、倉田)
今でもイスラム教の人がいる?

深澤
多くはないんですけども、フィリピンって敬虔なカソリックの国っていうイメージが強いと思うんですけど元々は土着の宗教があって、そこからイスラムが来たりキリスト教が来たりして。

今はほとんどがキリスト教徒ですけど、ミンダナオの中にはイスラム教で独立したいっていう人たちがいて、これがなんと40年間に渡ってフィリピン政府と「モロ・イスラム解放戦線」って言って「モロ」はイスラム教徒のことなんですけど。

もうこの40年間の間に10数万人亡くなっているくらいの有名な紛争だったんですね。政府とイスラム武装組織の。

ところがこれがなんと40年ぶりにこの「モロ・イスラム組織」に対してフィリピン政府が自治権を認めたんです。さすがに独立は認めなかったんですけど。

2016/01/21

映画監督・三宅隆太が語る「『ベタだ』というのは何らかの価値があるから残っているんだと思うんですよね」

今回は、2015年11月14日放送「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」
サタデーナイトラボ「なんだ猫か」特集
起こしたいと思います。


宇多丸
今夜お送りする特集はこちら!「『なんだ猫か』特集by三宅隆太」三宅さんこれはどういう言い方をするのが正しいのですか?

三宅
「なんだ猫か」

宇多丸
普通でした(笑)「なんだ猫か」特集by三宅隆太さんでございます。よろしくお願いします。はいはい、いらっしゃいませ。

三宅
どうもこんばんは、よろしくお願いします。

宇多丸
はい、ということでこの番組に関してはもう説明不要というかね。もうほとんど準レギュラーみたいな感じでございます。

脚本家・映画監督、そして日本に数人しかいない脚本のお医者さん「スクリプト・ドクター」なおかつブルボン愛好家・入浴剤ソムリエそしてぬいぐるみの伝道師「ヌイ・グル」など様々な肩書きをお持ちの三宅隆太さんんということでございます。

ちなみに今回が三宅さんこの番組出演20回目ということで、これたぶん分かりませんけど最多の部類だと思います。

三宅さんの場合、全ての方面に行きますからね。映画のこういう真面目な、その映画駄話もいければ映画技術論もいければ、サイコパス系っていう。私、勝手に失礼ながら言っていますけれども。

三宅
いえいえいえいえ、とんでもない。

宇多丸
ということで20回目の出演。一番最新のは今年7月4日「スクリプト・ドクターの脚本教室・初級編」発売記念特集以来ということでございます。素晴らしい本でございました。

(リンク)
ライムスター宇多丸が聞く「『スクリプトドクターの脚本教室・初級編』がやっぱり案の定面白かったのでこれを書いた三宅隆太という人にいろいろ聞いてみよう」





僕の周りでも「読んだ」「読んだ」という人が本当に多くて、素晴らしい本でございます。

三宅
嬉しいです、ありがとうございます!

宇多丸
そして今夜は8月22日にニコニコ生放送で行った「タマフル24時間ラジオ」最後の2時間をこのTBSラジオでやったという試みをやりましたが。

その中で開催した「プレゼンサマーウォーズ」私が何しろ企画プレゼンを聞くのが大好きという・・企画プレゼンだけをずっと聞いていたいというくらいのプレゼン好きでございます。

「プレゼンサマーウォーズ」でいろんな方がプレゼンしていただきましたが、リスナーの支持を最も集めたのが今夜の「なんだ猫か」特集ということで。

これでもニコ生を聞いていない方はですね、「なんなの猫特集なの!?」と。さっき番宣聞いていたらこの後の「夢★夢Engine!」も猫特集とか言っているじゃないですか!

三宅
猫、キテるんでしょうね。

宇多丸
猫キテるのかな?猫の特集じゃない、ちなみにですね。これリスナーの支持を最も集めたのがこれですけど結局度の企画も面白かったのでいずれ番組でやろうじゃないか!なんてことを言っていて

三宅さんと縁の深い「スクリプトドクターの脚本教室」を出されていた新書館の吉野さんという方、編集の方のプレゼン企画「ケイレイ」特集。手でペッとやる敬礼。

これも聞いていない方は「何のことやら?」と思います。これ聞いても「何のことやら?」っていうね。あのね、サイコパス特集のたぶん最高峰に位置する特集。

まあ吉野さん今日もサブで見ていますけれどね。「何の話だろう?」ぐらいの感じで見てますけれども(笑)

三宅
他人事みたいな顔してますけど(笑)

宇多丸
最近話した中では1番なんかマズい感じがしましたね(笑)こちらもいずれ、目処が立ち次第、放送の目処が立ち次第行きたいと思っております。

さあということで、その1番人気でした・・ちなみに三宅さんはもう1個ね、「怪獣が倒れるシーン」特集。

三宅
ああ、そういうプレゼンもやらせていただきました。

宇多丸
これもいずれやりましょう。

三宅
是非是非!それは嬉しいです。

宇多丸
これはでもぜひやっても良いんですけど、これも三宅さんが「あっ!」というか三宅さんの言い方じゃねえか?っていう。

三宅
擬音みたいなね(笑)

宇多丸
「あっ」「フッ」みたいなね。まあこれもいずれやろうと思っていますが、人気があったのは「なんだ猫か」特集。

三宅
そうでしたね、ありがたかったです。

宇多丸
よりまあ実際話をうかがうと、よりオーソドックスな映画論・技術論シリーズですよね。

三宅
そうなると思います。

宇多丸
ということで「なんだ猫か」とは一体なんでしょうか?

2016/01/05

よゐこ・有野晋哉が語る「スタイリッシュに売れていくもんだって思っててんけども」

今回は2015年11月9日放送「大谷ノブ彦 キキマス!」
2時台 ゲスト:よゐこ有野晋哉さんの回
起こしたいと思います。


大谷ノブ彦(ダイノジ:以下、大谷)
さあ今日はゲストに私大谷にとってはお笑い界の大先輩この方をお迎えしました。よゐこの有野晋哉さんでございます。よろしくお願いします。

有野晋哉(よゐこ:以下、有野)
お願いします、こんにちは。お願いします。

大谷
さあ改めまして衣里ちゃんから有野さんのプロフィールをお願いします。

東島衣里アナ(以下、東島)
有野晋哉さんは1972年生まれ大阪府のご出身です。同じ中学校に通っていた濱口優さんと1990年にお笑いコンビ「よゐこ」を結成。

結成後はそのシュールな芸風のコントで一躍若者を中心に人気を集め、フジテレビ系で現在も放送中の人気バラエティ番組「めちゃ2イケてる」をはじめ、数々のテレビ番組で活躍。

また趣味のゲームを活かした番組「ゲームセンターCX」のDVDは総売り上げが50万枚を突破。武道館でもイベントを開催し大成功を収めるなど。ゲームやアニメ、マンガといったオタク文化にも造詣が深い芸人さんとしてもお馴染みです。

有野
あ、ありがとうございます。

大谷
さあ改めまして有野さん、よろしくお願いします。有野さん僕同じ年で。同い年の芸人さんけっこう多いんですよ。

有野
72年度?

大谷
1972年昭和47年生まれなんですけど。土田さんとかバナナマンの日村さんとか、僕はでもキャリアが1994年からなので、これ1990年からということは高3ですよね?

有野
うん、高校出てすぐ。72年生まれの2月やから早生まれなんですよね。

大谷
ああ、そうなんですね。

有野
1学年上なんじゃない?

大谷
じゃあ1学年上なんですよね、有野さん?これはすごかったですよ!よゐこの人気!

有野
言うたげて、言うたげて!

大谷
衣里ちゃん、これは本当に!リスナーの皆さん、すごかったんです!でね、また変な・・変なって言ったら失礼、目の前にして失礼ですけど。本当変なシュールなコントを。

たくあんを頭の上に乗っけて散髪屋さんに行くっていうコントがあって、それで「揃えて」って一言言うだけでドッカーンって受けるんですよ。

だから僕が芸人になったときは本当ニセよゐこがたくさんすげえいっぱいいたんですよ!

もうその有野さんも本当天才で・・みんな言っていたんですよ。だからそのよゐこさんのスタイルを真似したもう変なコントをやるやつがいっぱいいて。

キャベツで手術したりとか、みんなで「またよゐこの被害者出たよ!」と(笑)よゐこさんのせいであういうコントに行っちゃったって。

だからなかなかそんなシュールなコントってウケないときもあるから、それがすごいウケるんで当時僕大学生でしたけど衝撃受けましたね。

有野
そうしないといけなかったんですよね、僕らは。

大谷
もうそれしかできなかった?

関連コンテンツ

スポンサードリンク