2015/08/30

コラムニスト・小田嶋隆が語る「コラムニスト小田嶋のライティング講座」

今回は2015年7月20日放送「赤江珠緒たまむすび」
「週刊ニッポンの空気」を起こしたいと思います。


赤江珠緒(以下、赤江)
さあいつもは小田嶋さんに世の中の出来事にああだこうだ言っていただいているのですが、今日は特別編です。

夏休み突入記念「コラムニスト小田嶋のライティング講座」ということで文書を書くプロの小田嶋さんがライティングに必要な要素を今日は伝授してくださるということですね。とっておきの技を。

小田嶋隆(以下、小田嶋)
まあ、とっておきというのじゃないですけどね・・はい。

赤江
これを聞けば、これから夏休み読書感想文なんかもありますけれども、ちょっと書き方変わりますかね?

小田嶋
良くなるか悪くなるか分かんないですけど(笑)

カンニング竹山(以下、竹山)
でもその知識だけは得られるということですね。

小田嶋
そう、なんかオリジナルなものを書こうっていう話です。だから良いものを書けている人の場合はぶっ壊れるかもしれないですけど、まあちょっと聞いてみて下さい。

赤江
分かりました。まあ社会人の方も文章力を問われるなんていうこともありますから、ちょっと書くと言うことに今日は特化してお話していきます。それではまず、小田嶋さんが文章を書くコツをメモにしてくれておりますのでこちらからご紹介していきましょう。

メモ
「小田嶋ライティング講座その1・読書感想文の悪癖から離脱せよ!」
戦後生まれの人間は文章を書くための最初の訓練を読書感想文を書くことを通じて経験した世代の者です。感想文そのものに罪があるわけではありませんが、

学校現場で扱われる読書感想文はどうしても結果としてどういう感想を抱くことが教師にとって望ましいのか?どんな感想を述べることが子どもとして正しいのか?という道徳教育の部分を担わされることになります。

「カンダタは自分が登っている蜘蛛の糸の足下を切れば良かったはず」だとか、「ラスコーリニコフが質屋のババアを殺したときは気持ちがスッキリした」とかいったタイプの感想にはバツがつくことになります。

つまり読書感想文は文章を書く上で一番大切な原則である「本当のことを書く」「自分の気持ちを率直に表現する」ということを抑圧してしまうわけです。

優秀な生徒ほど「どう書けば先生にウケるのか?」「どう感じたことにすれば良い点が貰えるのか?」を狙った文章を書くことになります。もちろんこれもまた重要な技巧のひとつではありますが、子どものうちからこれをやらされると文章を書くことそのものが解放ではなくて抑圧になってしまいます。

つまり文章を書くことが嫌いになってしまうわけです。ですので、いい大人がこんなことを書いて良いものだろうか?と自分ながら思う不謹慎な感情を素直に吐露することを心掛けましょう。

とにかく書く前に自主規制しないことです。最終チェックの段階で表現を和らげたり削ったりせねばならないケースもありますが、少なくともその段階までは自由に書きたいものです。

竹山
なるほど!よく分かる。

小田嶋
学校の作文ってね、正直に書くと叱られるんですよ。遠足の作文でも「山登るのだるかった」とか「青木くんがゲロ吐いて地獄絵図だった」とかね。そういう作文を書くと怒られちゃう。

竹山
確かに!怒られる。

2015/08/25

ライムスター宇多丸が聞く「『スクリプトドクターの脚本教室・初級編』がやっぱり案の定面白かったのでこれを書いた三宅隆太という人にいろいろ聞いてみよう」

今回は2015年7月5日放送「ライムスター宇多丸のウイークエンドシャッフル」
サタデーナイトラボ「三宅隆太単行本発売記念」を起こしたいと思います。


宇多丸
今夜お送りする特集はこちら「祝!単行本発売記念『スクリプトドクターの脚本教室 初級編』がやっぱり案の定面白かったのでこれを書いた三宅隆太という人にいろいろ聞いてみよう」特集!

さあということで、もう前置きは置きまして行きましょう。今夜のゲストをお招きいたしましょう。スクリプトドクター、皆さんご存じかなあ?三宅隆太さんです。

三宅隆太(以下、三宅)
はい、こんばんは。ご無沙汰しています。

宇多丸
そうなんですよ、ちょっとね図らずも空いてしまいましたけど。

三宅
1年ちょっとぐらいですね。

宇多丸
この番組何度も出演していただいております、三宅隆太さん。実は昨年の5月3日「ぶっちゃけ6も好き、なんなら7も好き」特集以来のご出演、ずいぶんちょっと経っちゃいましたね。1年越えちゃいました。

肩書きはいろいろ勝手に並べさせていただいております。まあ「脚本家・映画監督」これはいいですよ。「ブルボン愛好家」もう懐かしい感じもしますね。「入浴剤ソムリエ」私が裸になってっていうね・・屈辱的な特集をやりました。

そして「ぬいぐるみのグル」あのね、「ぬいぐるみ」特集というね、この番組屈指のホラー回と言われている(笑)。などの肩書きを持ち、こっちで勝手に言っている肩書きがありまますが今夜はスクリプトドクターとしてご出演でございます。

というのも、三宅さん初の解説書『スクリプトドクターの脚本教室 初級編』が発売されたからです。おめでとうございます!よいしょ!


三宅
ありがとうございます!

宇多丸
実はこれ1年経ったのは、要するに「三宅さんの特集やろうよ」って言うと「三宅さんもうすぐ本が出るから、これぐらいに出るから」って言ってたらその本出るのがどんどん延びて・・こう1年経ってしまったという現実でございます。

まあそれだけのことはある本というかね、読むとこれはね「ここまで踏み込むんだったら、これ時間がかかるのはしょうがなかったな」という感じがする本でございます。

三宅
いえいえ、もう発売の1週間前ぐらいまで書いてました。もうギリギリまで。

宇多丸
そんな東京国際映画祭に「タイタニック」をかけるジェームス・キャメロンのような直前まで編集してみたいな。そうですか!

三宅
けっこうギリギリまでかかりましたね(笑)

宇多丸
あの私この本にオビの推薦文を書かせていただき。

三宅
もう、ありがとうございます!素敵なオビを書いていただいて。

宇多丸
いやいや、あのまあ僕なりにね書かせていただいたんだけど。まずこれ本を実際に手を取られた方はびっくりされると思うんだけど、ここまでクドいオビは珍しいっていうね。「クドい!」っていうね。

三宅
いやいや、みっちりと(笑)

宇多丸
でも本当にあの、単純に言って無茶苦茶面白かったです!先ほども申しましたようにやっぱり時間かかるのもしょうがないかな?というか・・

というのはその脚本の本っていうとたぶん皆さん想像をされるような脚本の構造とかについてハウツー本というかそういうのはいっぱい出てるし、まあ古典とされるような本もけっこうあるじゃないですか?

そういうところから更に2歩も3歩も踏み込んでその別に脚本に限らずの本ですよね?完全にね。

三宅
ああ、そうかもしれないですね。

宇多丸
創作すること全般というか、実際にですねしかもね。具体的作業としての創作っていうのにそのこういう思考のプロセスが必要ですよとか経た方がいいですよみたいなのを。

しかもドクターならではの豊富な実例、患者をいっぱい扱ってきた例を出しつつ、実例とともに出すっていうですね。これ三宅さん以外書けない本ですよね?

三宅
ああ、そうですかね?もうそう言っていただけると恐縮です。

宇多丸
本当にすごいと思います。ただ単純に僕その自分の創作というかラップの作業で例えば最初に良いと思ったアイデアが途中で煮詰まっちゃったときとかに「この本普通に役立つぞ!」っていうか。

三宅
本当ですか!それは嬉しいですね。

宇多丸
普通に使えちゃうっていうことだと思います。ということで今回はこの「スクリプトドクターの脚本教室 初級編」その発売を記念して三宅さんがこの本に込めた思いやスクリプトドクターを取り巻く現状をうかがいつつ、

リスナーの皆さまから届いた質問を紹介していくという、こういう形にさせていただきたいと思います。

三宅
はい、よろしくお願いします。

2015/08/19

ジャーナリスト・北丸雄二が語る「世界的名門バレエ団75年の歴史ではじめて黒人のプリンシパルが誕生」

今回は2015年7月8日放送「荒川強啓 デイ・キャッチ!」
「デイキャッチニュースクリップ」北丸雄二さんの回
起こしたいと思います。


荒川強啓(以下、強啓)
えーと「世界的名門バレエ団に初の黒人プリンシパル誕生」このプリンシパルというのは、あのオペラのことでいうとプリマドンナみたいな?

北丸雄二(以下、北丸)
あ、そうですそうです!まさに。いわゆるプリマ・バレリーナですね。あとはエトワールと呼んだりファースト・ソリストと呼んだり。バレエ団によっていろんな名前の言い方があるんですけれども。プリンシパルっていうんですね、英語圏では。で、彼女ですよ。格好良いんですよ!

近藤勝重
もう見ました?

北丸
これyoutubeで見られるんです。ちょうど1年前の7月30日かな?実はアパレルメーカーのUNDER ARMOUR(アンダーアーマー)・・アーマーって鎧とか甲冑っていう意味で「鎧の下」って意味なんですけれども、その筋肉のことですよね。

そのUNDER ARMOUR(アンダーアーマー)のアパレルメーカーのコマーシャルでyoutubeに出たんですよ。これがですね、素晴らしい筋肉美といいますかもうスタイルも抜群なんだけれども。そのビデオの中でバックグラウンドに流れるのが実は13歳のときに彼女が受け取ったバレエ団からの不合格通知の手紙が流れるんですよ。

「残念ながらあなたは不合格です」と。「アキレス腱とか胴が長いし、バストなどもあなたはバレリーナの体型をしていない」と。また「13歳っていうのはバレリーナとしてすでに歳を取り過ぎている」っていうふうに言って断られるんですね。

ところが彼女はそれから奮起するんですね。これがちょうどそのUNDER ARMOUR(アンダーアーマー)っていうそのアパレルメーカーの掲げる広告スローガン「I WILL WHAT I WANT」つまり「私は自分のなりたいものになるんだ」っていうメッセージとマッチして

それで急にその今そのyoutubeのやつはですね890万回(放送当時)の再生が行われているくらいすごいんですよね。これが格好良い!えー、ミスティ・コープランド(Misty Copeland)っていう人の名前なんですけどこれで調べるとyoutubeで見れますから。



強啓
それで「白鳥の湖」も踊ったの?

北丸
そうそうそう、だって彼女は白鳥だけじゃなくて黒鳥も踊ったんですよ!1人2役で。格好良いでしょ?それでこれだから13歳のそのときから奮起して奨学金でバレエを受けてですよ。

で、普通はいわゆるつま先立ち、ポワントっていうんですけどね。これ普通の人は3年かかるんだけど3ヶ月で出来るようになっちゃったりですね。すごい頑張り屋さんだったんですね。

そしてバレエってご存知のようにもう白人至上主義ですからね。その中で75年の歴史の中がはじめて黒人ということで。そしてまたそれで大変なアイドルといいますか、ヒーローになってるということですね。是非ね、注目して下さい!日本にも行くかもしれないですからね。

(了)

2015/08/14

四国アイランドリーグplus・CEO鍵山誠が語る「独立リーグで野球界も多様化してきている」

今回は2015年」7月2日放送「荒川強啓デイ・キャッチ!」
「デイキャッチニュースクリップ:野球独立リーグのいま」
起こしたいと思います。


強啓
今日は今熱い!野球・独立リーグのいま」です。独立リーグのいまを切り取るのは一般社団法人日本独立リーグ野球機構会長で四国アイランドリーグplusCEO・鍵山誠さんです。スタジオにお越しいただきました。こんにちは、よろしくおねがいいたします。


鍵山
こんにちは、よろしくお願いいたします。

片桐
よろしくお願いします、鍵山さんは生コン製造を柱とする徳島の企業の社長を務めていらっしゃいます。徳島の野球の名門・池田高校を卒業後、香川で本やCDなどをリサイクルする会社を立ち上げて以来、経営一筋。その傍ら、野球を通じて四国への恩返しを続けているという熱い思いを抱いているという方です。

強啓
はい、そんな熱い鍵山さんにいろいろお話をうかがいます。よろしくお願いいたします。鍵山さんがクリップした「独立リーグのいま」ご紹介しましょう。

片桐
クリップ1:四国とBC運営理念の違う2つの独立リーグ

クリップ2:日本とアメリカ、2つの国の独立リーグが対決

クリップ3:独立リーグから侍JAPANへの道

クリップ4:野球界への確実な浸透、独立リーグの新たな役割とは?

強啓
以上が鍵山さんがクリップした「独立リーグのいま」です。五郎さん気になるクリップは?

2015/08/11

ジャーナリスト・北丸雄二が語る「LGBTの流れというのは本当に急加速でしたね」

今回は2015年7月1日放送「荒川強啓 デイ・キャッチ!」
デイ・キャッチ!ニュースクリップ」北丸雄二さんの回
起こしたいと思います。


荒川強啓(以下、強啓)
北丸さんがこの時間クリップしたニュースをご紹介します。

片桐千晶
アメリカの連邦最高裁判所は同性婚が禁止されている州のカップルらが婚姻関係の認定を求めて起こした訴訟などについて「すべての州で同性婚の権利は認められる」とする判決を下しました。これにより現在禁止されている14の州でも近く同性婚が認められます。

強啓
北丸さん日本でも大きく取り上げられているニュースですよね。

北丸雄二(以下、北丸)
そうですね、これ聖書によって建国されたアメリカですんでね、戸惑いもものすごい渦巻いているんですよ。アラバマ州これ南部なんですけれども、ある郡の判事、郡の判事っていうのは結婚の許可を与えるんですけどもね。

同性婚の許可をしたくないので、結婚許可そのもの全部止めるっていうふうに宣言したりですね。ネット上ではものすごい罵倒や「この世も末だ」的なコメントも飛び交ってはいるんです。

ただこの問題現在18歳から34歳の若い世代で同性婚の賛成者73%にも上るんですよね。既に勝負はついているわけなんですね。なんでまあこれはしょうがないと言いますか、こういう社会の流れ・・

これを受けて2日後のこの間の日曜日にですねニューヨークやサンフランシスコで恒例の性的少数者LGBTのパレード「プライド・パレード」っていうんですけど。歩いた人がそれぞれ2万数千人で、沿道の支援者の動員とかは30万とか40万人ですからね。

フェイスブックの自分の写真をですね、LGBTのシンボルカラー虹色なんですがそれに重ねた人はアメリカだけで2600万人もいるんですよ。レオナルド・ディカプリオだとか、それからアーノルド・シュワルツェネッガーなどの有名人などもおめでとうメッセージを出してたし、

もちろんヒラリー・クリントンも「良かったね」っていう話ですよね。でね、これ同性婚の禁止は違憲と判断した論拠は何か?っていうとですね。これ法の下での平等なんですよ。これ日本でもありますよね?

2015/08/07

コピーライター・佐々木圭一が語る「相手のことを想像しながら話すのが良いのはみんな実は分かってるんですよ」

今回は2015年6月29日放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」
「大竹メインディッシュ」佐々木圭一さんの回
起こしたいと思います。


太田英明アナ(以下、太田)
今日のお客様をご紹介いたしましょう。最新著書「伝え方が9割 2」が絶賛発売中です。コピーライターの佐々木圭一さんです、こんにちは。



佐々木圭一(以下、佐々木)
よろしくお願いします。楽しみにしてました。

辺見えみり(以下、辺見)
こちらこそでございます。

太田
さすがご紹介してすぐに「楽しみにしてました」っておっしゃる方ってそんなにいらっしゃらないですけど、伝え方がこれですよね。

辺見
もうそれでもう気分いいですよ。

太田
これはテクニックでいうと何テクニックですか?

佐々木
あっ、分かんないです(笑)

辺見
嫌ですよね、しゃべるたびにこんなふうにね(笑)

佐々木
しゃべる度に「それは何ですか?」みたいな。

太田
でも「楽しみにしてました」ってスッて言える方ってそんなにいらっしゃらないですよね。

佐々木
普通はなんて言うんですか?

太田
「よろしくお願いします」とかいう感じですよね。で、意外な接点も佐々木さんと辺見えみりさんにあるっていう。

辺見
私の髪を切ってもらってる男性の方がいるんですけど、その方がトライアスロンをしていてそのお仲間だそうで。トライアスロンなさるっていうのがちょっと・・。

太田
スリムですよね。

辺見
脱いだらすごいんですか?

佐々木
いやもう全然、ひょろっとしてますよ(笑)

太田
でもトライアスロンで完走できるってこと・・?すごい!

佐々木
そう・・いやあんまりすごい頑張ってないのでこの話止めましょう(笑)

太田
ハハハ(笑)こうやってキッパリ断るのも伝え方のテクニック、いちいちうるさいって(笑)

辺見
いちいち本当に、太田さん!

関連コンテンツ

スポンサードリンク