2015/03/24

マキタスポーツが語る「受験が全てじゃない、これは真実です。だけど大人になっても受験はずっとある!」

今回は2015年2月10日放送「大谷ノブ彦 キキマス!」
「『キキマス!』1時台 マキタスポーツ登場」
起こしたいと思います。


マキタ
今日はですね、受験についてちょっと話そうかなと。

脊山
受験、まあ今シーズンですもんね。

大谷
お父さんですね(笑)

マキタ
そうなんですよ!大谷くんよくぞ言ってくれました!
でも大谷くんも息子さんがいますから、この後なんか受験とかって
こととかあると思うんですよ。

僕なんかっていうと、受験の勝者・敗者みたいな
ザックリと言い方をすると全然勝者じゃありませんでした。

というか、僕は中学から初めて高校に行くときに受験ということをするんですけど
それも実は僕は年を越す前に高校の入学が決まってたんです。
これは推薦というやつだったんですけど。

大谷
じゃあ賢かったんだ。

脊山
真面目にやってた?

マキタ
中学までは割と良かったんですけど、
その他に僕は剣道の特技があったんでつまりスポーツ推薦で・・

大谷
文系じゃなかったんだ!(笑)
当時は体育会系だったんだ。

マキタ
今はもうお腹ポッコリ、足ほっそりみたいな
そういうなんか典型的な中年の体型をしていますけど
昔はそれなりにガッツリとしてたんですよ、僕は。

でね、剣道の成績が良かったもんですから
まあ合わせて学校の成績もまあまあ良かったということで
僕は推薦入学ということで山梨県の僕の地域の進学校に入学することが出来たんです。

これね、厳密に言うとちゃんとした受験やってないんですよ。
でそのまんまのんべんだらりんと3年間過ごしまして、
で、僕は大学にも入りましたけど大学も一般推薦ってやつで入ってます。

脊山
えっ、大学もですか?

大谷
本当に勉強が出来た人なんだ。

マキタ
いえいえ、そんなことはないんですよ。これがね。
一般推薦でも僕が入った大学の偏差値的なレベルでいうと
そんなに高くない大学なんである程度の評定平均っていってあるじゃないですか?

学校の成績表のね、平均値ですけどそれがある程度のラインを越えてたところで
僕は選んで一般推薦してくれそうなところを選んでいっているんです。
だから目指して受験をしたわけじゃないんですよ。

受験とかそういうことを目指してたわけではなくて、
入れそうなところのラインを狙ってその大学とかに入ったんですね。

僕の中ではこういう受験みたいなことをちゃんと人生の大切な通過儀礼として
経験してこなかったというコンプレックスというか負い目があったんですね。

大谷
おお、なるほど!

マキタ
で、僕は前期・後期って自分の人生を分けると18歳までの山梨までの自分と
東京に出て来てからの自分というのがあるんですけど。

その18歳までが僕本当に平平凡凡と何をそういう特に
努力らしい努力をせず、頑張らずある程度のところにいたという子だったんですよ。
で、まあ何ていうかな?適当にしてれば学校の嫌な試験も終わっちゃうし。

大谷
なんかあまりストレスを抱えていない感じだよね、今の話聞いてると。

2015/03/21

詩人・社会学者 水無田気流が語る「シングルマザーと貧困」

今回は2015年2月2日放送「大竹まことゴールデンラジオ!」
「大竹メインディッシュ」水無田気流さんの回
起こしたいと思います。


大竹
ようこそ、いらっしゃいました。
水無田気流さん、水の無い田の気流。
とても素敵なお名前ですけども。

水無田
ありがとうございます。

大竹
どんなふうにしてこのお名前は付いたんですか?

水無田
あっ、本名がものすごい平凡な名前なんでですね
詩の筆名を考えるときにうんと変な名前にしようと思ったんですね。
本名、田中理恵子っていうんですよ(笑)

大竹
良い名前じゃないですか!

水無田
いや、田中理恵子ってどうかな?と思って検索を
自分の名前をエゴサーチしてみたところですね。
早稲田に仏教美術を研究されている田中理恵子先生と

それから京都大学で微生物を研究されている田中理恵子先生がいて
それから冷蔵庫が当たった田中理恵子さんがいて、
交通事故で亡くなった田中理恵子さんが出て来て

「あっ、こりゃダメだ」と思って変な筆名にしようと
要するに私に興味を持って下さった方が私について検索をしたときに
私にたどり着けるようにと思ったんですね。

大竹
あの冷蔵庫当たった人じゃない人にたどり着けるように。

水無田
そうですね、「水無田」っていうのは本名・田中の田と
それから中原中也の「蝉」っていう詩がすごく好きで

「昔中国の水無河原という」っていう
一説が好きだったのでそれをくっつけたんですね。

で、「気流」の方は元々カタカナで「キリウ」ってしてたんですけど
松尾芭蕉の「蕉風俳諧」で「不易流行」っていう蕉風の概念があるんですけど
・・すごく好きなんですけど

大竹
「不易流行」ってどういう意味ですか?

水無田
要するにあらゆるものが流転していく流れていくことこそが
物事の本性であるっていうすごく難しいけれども

阿川
福岡先生の「動的平衡」、あれと同じですよね。

水無田
あっ、近いかもしれないです。
で「不易」にするとお坊さんみたいじゃないですか?

「流行」ってすると萩原流行さんみたいなんで
真ん中をとって「気流」ってして当て字したんです。

大竹
いつごろからこのお名前を使っていらっしゃるんですか?

水無田
2003年からですかね?

大竹
そんなに前じゃないですね。

阿川
でもお名前だけ伺うと男性と間違えられたりすることないですか?

水無田
はい、しょっちゅうです。
50代ぐらいの男性から「いやー流石はエッセイを読んで女性経験豊富な
自分より年配の方とお見受けしました」とか(笑)

大竹
じゃあそのご自分の目論みからはちょっとズレた?

水無田
うん、かなりズレてますね(笑)
困ってますけど、少しそれは。

2015/03/06

劇作家・本谷有希子が語る「お年玉で考えさせたかった『モンティ・ホール問題』」

今回は2015年1月8日放送「ランキングトークバラエティ ザ・トップ5」
「ハイライト(伊藤隆太×本谷有希子)」の回を
起こしたいと思います。


伊藤隆太アナ(以下、伊藤)
まずは木曜パートナー劇作家・小説家の本谷有希子さんご提供
こちらのランキングから発表です。
「お正月初めて旦那さんの実家で過ごして難しかったことトップ5」

第5位「台所の立ち入り方」

第4位「義理のお父さんに『ラジオ聞いたよ』と言われたときの反応」

第3位「将棋・百人一首・凧揚げ」

第2位「お年玉の渡し方」

そして本谷有希子さんご提供
「お正月初めて旦那さんの実家で過ごして難しかったことトップ5」

第1位は「子どもたちとの距離感」

関連コンテンツ

スポンサードリンク