2014/08/28

ダイノジ・大谷ノブ彦が語る「阿久悠さんと松本隆さんは非常に対照的な作詞家」

今回は2014年7月16日放送「大谷ノブ彦 キキマス!」
大谷レコメンド「渚のバルコニー/松田聖子」の回
起こしたいと思います。


大谷
今日はですね、松田聖子さんの「渚のバルコニー」でございます。
というのもですね、何故この曲を選んだのか?というと、
今日は作詞家の松本隆さんの誕生日でございます。

ニッポン放送のリスナーの方々でしたらやはり、
例えば「ロングバケーション」大滝詠一さんの傑作アルバム
あれの作詞を全曲手掛けた・・

元々「はっぴぃえんど」というね、日本の黎明期のロックバンドのですね、
まさに日本語ロックを確立したバンド。
この「はっぴぃえんど」のドラムを担当していたという。

そのときから「風をあつめて」なんていう曲がありましたけど
やはり「風」というキーワードを使って・・

この「はっぴぃえんど」のなくなった後におそらくその・・
松本さん的には松田聖子さんのプロジェクト、松田聖子というアイドル歌手なんだけど
非常に歌の上手い、このアイドル歌手をいわゆる一流ミュージシャン

当時で言いますと、細野晴臣さんとか
「ティン・パン・アレイ」とかですね。

あとは松任谷由実さん、荒井由実さんですね。
名前を変えて呉田軽穂なんて名前で作曲してましたけど。
「赤いスイートピー」なんていう曲とか作っておりました。



そういう松田聖子さんの作品におそらく日本語ロックのその行き先
自分の作品の行き先を「はっぴぃえんど」から松田聖子さんという
その舞台を変えて発明していったんじゃないかな?と思います。

実はこのニッポン放送のこのラジオをやらせてもらうことになって
本当に80年代・70年代の歌謡曲を聴く機会が増えて非常に勉強になりまして

特に僕の心の中にすごく引っかかったのが筒美京平さんという
素晴らしい作曲家の方と、やはり作詞家でいうとやっぱり松本隆さん。
そして阿久悠さんなんですね。

この2人は非常に対照的な作詞家ですよね。
阿久悠さんはやっぱりですね、「物語」なんですね。
歌詞の世界が「勝手にしやがれ」とか



例えば大滝詠一さん作曲で阿久悠さんの曲って1曲あるんですけど
これは何か?っていうと、小林旭さんの「熱き心に」です。
これも非常に男の物語なんですね。

対しまして、この松本隆さんの曲っていうのは
「風景描写」の連続なんです。「物語」にならないんですよ。

例えば、先ほど言いました代表曲「赤いスイートピー」なんかもそうですよね。
「春色の汽車」とかそれこそ「赤いスイートピー」とかもそうですけど、

「翼の生えたブーツで」とか、こう自分の空想の中で絵にしていくんだけど
それがストーリーにはなっていかないんです。イメージの連続で行くんですよ。
このたぶんね、描写を発明したのがおそらく松本隆さんだと思うんですね。

「物語」的なもの、例えば演歌の世界もそうだと思うんですけど、
それを更に歌謡曲の中に落とし込めたのが阿久悠さんであるならば、

それはつまり阿久悠さんが非常に優れたコラムニストであるというのと
関係あると思うんですよ。
松本隆さんは「風景描写」なんです。

ところがこの松田聖子さんに至ってはですね、
「風景描写」なのにサビに入ったり、一番歌のキーポイントになった瞬間に
急に自分の思いをブチまけるって方法をするんですよね。

今日かける「渚のバルコニー」例えば「渚のバルコニー」っていう単語
これってイメージですよね、「渚のバルコニー」ってよく考えたら
なんじゃそれ?って思いますよね?(笑)

で、「ラベンダー」が出る。「夜明けの海」単語がともかく出て来ます。
「右手の缶コーラ 左手には白いサンダル」「ジーンズを濡らして泳ぐあなた」
全てが映像1つ1つコマでこうやって見せていってる感じですね。

そこに何の物語もストーリー性がないんです。描写でいくんですけど、
サビは「I love you so love you もう離さないで あなたを愛してる」
って急に女性の心情になるんですよ。

「赤いスイートピー」もそうなんです。
「I will follow you あなたについていきたい」
いきなりサビで女性の思いが非常にエモーショナル、感情的な描写が出てくるんです。

でもう「赤いスイートピー」に至ってはですね、最後の最後にですね
「好きよ 今日まで 逢った誰より I will follow you」その後に
「あなたの生き方が好き このまま帰れない 帰れない」なんて

女の子に言われてみたい一番のセリフじゃないですか!
「あなたの生き方が好きよ」ですよ!!

要は何を僕は一番言いたいか?っていうと、
これってこの歌の世界の中になりきる人じゃないと表現できないんです。
分かります?

例えばさっき言った阿久悠さんの歌詞を松田聖子さんが歌ったら
たぶん歌えないんです。なぜならあれは「物語」を語っているから

松田聖子さんは「物語」を語る人じゃないんです。
その中の役になりきる人なんです。
だから松田聖子さんのことを「ぶりっ子」とか言うんです。

だって女性的な歌詞世界だもん。いきなり「離れないで」って言うんですよ。
それを一番可愛い言い方で言える憑依型。まさに役者としたら最高ですよね。
女性の一番可愛いエッセンスを全部詰め込んだのがこの松田聖子さんの表現方法

そしてその松田聖子さんの良さを存分に引き出したのが
松本隆さんの歌の世界じゃないかな?と思いますね。

よく「ロングバケーション」とこの松田聖子さんの歌っていうのを
ちょっと比べてみたらそこが一番違うと思うので
そこをポイントにしてちょっと聞いてみると非常に面白いんじゃないかな?と思います。

歌い手としての松田聖子さんの素晴らしさもよく分かります。
曲は松田聖子さんで「渚のバルコニー」



(了)

2014/08/25

「くまモン」デザイナー・水野学が語る「ビックリしてるんですね『くまモン』」

今回は2014年7月14日放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」
「大竹メインディッシュ」水野学さんの回
起こしたいと思います。


阿川
ようこそおいで下さいました。

水野
こんにちは、よろしくお願いします。

阿川
いい男でしょ?

太田
いや、阿川さんからすっごく優秀なクリエイティブディレクター
の方が今日はお越しだということで・・

阿川
優秀って言ったかどうかはよく覚えてないけど(笑)

太田
イメージだともっととんがったキレッキレな感じの
タイプの方かな?と思いましたけど・・

阿川
言葉をしゃべっても通じないかもしれないいう感じの?

太田
訳の分からない横文字ばかり使われるような・・
全然気安く話しかけていいような・・ちょっと私が言うのも失礼ですけど
可愛らしい感じの、好青年ですね。

水野
もう42歳でございますが。

阿川
しかもお母様がね、もう閉めちゃったけどね。

水野
そうなんです「スナックろくでなし」というスナックを経営しておりまして
母は13人兄弟で。

阿川
おかしいでしょ?もう経歴聞くだけでね(笑)

水野
だからなんて言うんですかね?
そういったかしこまった人間にはどうしてもなり得ない環境の下に育ってきました。

阿川
学くんは酔っ払い客相手に幼い頃からね(笑)

太田
じゃあもう対人コミュニケーションのある種達人でもいらっしゃる感じですね。

水野
そこで揉まれたのはありますね、確かに。

阿川
だからおばちゃまなんか「素敵!」とか思っちゃってますよ。
「この人いいわ、この若者」なんて(笑)

太田
もう阿川さんのハートはわしづかみしたぞ!と。

2014/08/19

ジャーナリスト・北丸雄二が語る「『平成中村座』3回目も勘三郎が仕組んでたんじゃないか?と思う」

今回は、2014年7月9日放送「荒川強啓 デイ・キャッチ!」
「ニュースクリップ」北丸雄二さんの回
起こしたいと思います。


強啓
北丸さんがこの時間クリップしたニュースご紹介します。

片桐
2012年に亡くなった歌舞伎俳優・中村勘三郎さんがはじめた
「平成中村座」のニューヨーク公演が7日リンカーンセンターのローズシアターで開かれ、

観客およそ1000人が歌舞伎を堪能しました。
ニューヨーク公演は3回目ですが勘三郎さんがいない舞台は初めてです。

強啓
北丸さんは観に行かれたんですか?

北丸
僕ほら先週、日本にいたんですけど
帰ってきて翌日の7日が初日だったんですよ。
で、初日に行ってきました。一昨日ですけれども日付が変わりましたので。

それで土曜日まで8回の公演があるんです。
まだ続いてるんですけれども(放送時点)
ロビーには勘三郎さんの遺影が飾られてましてですね。

満杯でした、客の8割・9割方がアメリカ人でしたね。
というのももう3回やってますので、僕3回とも行ってるんですよ、実は。

2004年にはじめてやった、
これ「夏祭浪花鑑」といってですねこれ大活劇なんですね。
夏祭浪花鑑 - wikipedia

2014/08/14

小籔千豊が語る「あっ、鶴瓶さんのせいやな」

今回は2014年6月15日放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」
を起こしたいと思います。

今回はこちらの続きになります。
新喜劇座長・小籔千豊が語る「僕、割とほんまは普段温和なんですよ」

笑福亭鶴瓶が語る「芸人が仕事してるところには民主主義はないねん」



鶴瓶
パンクも疑い自分の同業者も疑うた俺がね、
ホンマにオモロいなあいうか、まあそうやわな(笑)

小籔
それをまた電話しようと思うところがやっぱりちょっと・・

鶴瓶
で、嫁はんにも言うた。嫁はんに言うたら楽になるねん。
「俺ちょっとこんなんやったけど」って

そういう意味でもね、結婚してるってすごくいいよ。
うちのやつに言えるとか、なんかすごいその辺は楽やね。

小籔
僕、芸人にとって結婚っていうのはちょっとマイナスなんじゃないかな?と
すごい思ってたんです。でもまあ鶴瓶さんがそうやっておっしゃるので
ちょっと気、楽になりました。

鶴瓶
全然マイナスじゃないよ。やっぱある種の信用やしね。
俺もまあ22歳で結婚して・・いや俺でもそのときすごいなと思うたのは
22歳で結婚するわね?また結婚生活というお笑いが増えるやん?

子どもが産まれたら子どもというお笑いが増える。
それから俺、車の免許を取ったんも、今まで40歳まで取ってないねんもん。

小籔
遅いですよね?だいぶ遅いです。

鶴瓶
というのは、うちの師匠の車を運転したらエラいことになると思うたから
エラいこと・・エラいことになんねん!
もう俺絶対エラいことになるわ思うから、だからそれも止めて・・そこまでなったんよ。

小籔
そっからまた免許を取りに行ったときに
若い子に混じって、こんなことあったとかっていうことですよね?

鶴瓶
でも小籔、いまいくつやの?

小籔
40歳です。

鶴瓶
40歳やろ?でもこれからやっぱり若い子と混じるっていうこともすごい大事やで。
若い子をみるというのもね。これあの新喜劇の子じゃなく。
一般の子でも。

小籔
いや本当にその・・すごいふとしたときに
鶴瓶さんやったらこれこうされてるやろうな?とか思って
ちょっと止まるときとかあるのは、

やっぱり若手のネタを他の漫才師の人とか見ても
僕いま本当に時間なんてなんぼあっても別にあるないは人それぞれやと思うんですけど
他に本を読もうか?とか子どもと会おうか?とか思ってまうんですよ。

そんならまあ見んでもいいわって見いひんけど
帰りながら「たぶんあういう人らはこんなんも見て帰ったりするんやろうな」とか
それはすごい思います。

鶴瓶
それは自然でええと思うよ、自然で。
無理からこう行くとかじゃなく。

俺ねこの前ここに劇団ひとりが来よってん。
あいついま「青天の霹靂」いうの、俺見んと「そんなもん見るか」と。
「何で見ないんですか!」ってエラいケンカになったんよ。

でもまあそれはそれでプロレスでケンカをしたんやけど。
そのときにね、時間もないし。大泉洋もゲストで来たんよ、違うところに。

まあまあ見れないな・・もうええわ、
これずっと封切られて別に俺も宣伝する必要もないわ言うたら

たまたま桂三四郎いうやつが「師匠見ました?オモロかったですよ」って言うから
「ああ、そうか。オモロかったんか」と。

「いやー、すっごい良かった」「どんな良かってん?」と
この言い方で俺は行こうと思ったんやけどね。

見に行ったと、そしたら1つ挟んだ隣にブタのおっさんが座ったんやって
なんか見ながらいろいろツッコミ入れとるから、やかましいから
「ちょっと静かにしれくれや」って言うたら

おっさんも「見てるだけやないか」ってケンカの状態になったんやけども
じゃあ後からケンカしようかと思うて、お互い「もうホンマに」ってなって
お互いカーッとした状態で見てたんやて。

それが見たときにものすごい号泣してんて、
ほな隣のブタもエラい号泣してるんやって(笑)

それで帰りしなに電気が付いた後、お互い会釈して帰ってんて(笑)
「そんだけ良かったんですよ!」と、「お前すごい!」と。
「そしたら俺すぐ見に行くわ」言うて。

小籔
プレゼン能力もそれすごいですよね。
まあ事実であるんでしょうけど。

鶴瓶
「よっしゃ行くわ」言うて行って、同じように嫁はんと号泣したんよ。
それですぐに劇団に・・劇団出よらへんかったけど、

(大沢)あかねちゃんに電話して、洋ちゃんに電話してん。
「良かったー」言うて、それで柴咲コウにも電話したわ。

小籔
いやもうみんな、うちの若手も「あれはオモロいです」言うて。

鶴瓶
で、芸人やから余計なんよ。
くり万なんか芸人やないからね、あれやけど。
駄目な部分のところもすごい表し方が上手いのよ。

小籔
すごい才能のある方ですね、あの方も。
劇団ひとりさんもね。

鶴瓶
あれ何やの?あの人。

小籔
初めて見たとき、ピンネタ。
田舎のヤンキーの漫談見たときに無茶苦茶笑いましたね、ホンマに。
嫁はん横おったんですけど、無茶苦茶笑いましたわ。

「どエラい人おるな」思って、東京でね。
だからやっぱり他事務所の人と大阪おったらあんまり触れることないんですよ。
吉本だけの番組とかにしか出たことなかったので。

だから東京来て楽しいの1つは、吉本以外のオモロい人らと会うて
「あっ、この人この場でこういうこと言うねや。へー」とか
吉本の芸人とかやったら言えへんような感じのこと言うわとか

鶴瓶
吉本の芸人ってそこで切磋琢磨して鋭いものは言うねんけども。
そこの種類が合うてくるねん割と。

小籔
はい、そうですね。分かります。

鶴瓶
誰かの言われたことをインプットしてるから、ここに言うと
また違う形で言うからよう似てるねん。小籔はちょっと違うねんけど。
インプットしてるから、それは別にいいのよ。

友達の中でオモロいやつがあって、そっちはちょっと真似になってても。
他事務所は全然違うことを言うねん。何でそんなん言うの?って。

小籔
それが僕、ホンマに好きで。
だから僕、お笑いホンマはやるより見る方が好きなんやなと思ったんですけど。

例えばAっていうことが起きた、グラビアアイドルがAっぽいことを言うた。
これに対して司会者なのかひな壇の人間は言うであろうことっていうのは

A,B,CあってDぐらいのことが想定されるじゃないですか?
まあ方法論言うて恥ずかしいですけど。

それがMぐらいをパーンって言われたときに「あっ!」って思って
「M言うの?あっ、でもオモロい」みたいな。

一瞬、M言いかけたときは「あれ?アカンのん違う?」って思うんですけど
全部最後まで聞いたら「オモロいな」と。
そういうアプローチの仕方あるんやオモロいなと思って、

それが勉強になるとかじゃなくて、ただ見れてることが嬉しいっすね。
オンエアやったらカットになってる部分とかもあったりするけど
俺カットなしで見れんねや思うて。

鶴瓶
ディレクターのセンスやわ、あんなもの。
「なんでこれ入れへんねん!」いうのある「これは入れときゃいいやないか」
いうのはあるんやけど、でもそうやねん。

他事務所は違うことをポンと放り込んでくるっていうのがね。
俺なんかは逆にいうと「仰天」なんかでやるときに
あえて絶対にそんなにあそこは中居のファンやからに何言うても笑うわけよ。

それをあえてちょっと引かすくらいこと言うたった方がオモロいやろ
思うて行くねんけど、やっぱりそこから違うこと言うてきよるからね。

小籔
いやその、ホンマにこう僕はいろんな人のお笑いめっちゃオタクやったんで
いろんなお笑い芸人をずーっと見て、僕の血となり骨となりなってると思うんですけど

なんか鶴瓶さんって・・何ですかね?
番組によってはすごいミートされているというか、
普通にパーンパーンと打ってるはるときあるんですけど

「パペポ」のときとかでもそのそっちに金山があるというか・・
宝の箱がないと分かってんのに行ってはるときがあったような気がするんですよ。

鶴瓶
そこはすごく大事で・・

小籔
僕それは真似してるんやなと思うときありますね。

鶴瓶
いやでもそっちへ皆が行こうと思うところを行かないというは・・
なんかねちょっと頭の中にそういうやつがおるねんて。
「そこ行ったらあかんで」って「そこへ行くのか、お前は?」っていうのがあんねん。

だから完全にシラけるのよ「仰天」なんかでも
セオリーはみんな中居がやりよるからね。
ほんならもうええから敢えて・・

例えばね・・土田が、ツッチーがオリンピックの朝までやっとったときに
完全に瞳孔開いて寝とったんや、オリンピック決まってるのに(笑)

そんなんだいぶ経ってんねんから、もう言わんでもええんねんけど。
誰もそれはツッコまへんねんね、でツッチーが来よったときに
「お前な、前な・・」とそんな言う必要ないのにそこは絶対言わなあかんと。

あんな日本が20年に招致されて浮かれてるときにあいつうたた寝しとってん、朝。
それを誰もツッコまれたことないやろうけど、ここへ来たら一遍ツッコまなあかんと思って
みんなそんな話してないのに一遍放り込むっていうのも、これすごい大事で。

小籔
いやこれは本当に、僕だからいろんなお笑いを観てて
例えば鶴瓶さんに影響されてて良かったなと思うことの一つというか

なんかたぶんこれだけの方やったら手前に落ちてるメロン食うて
「ああ美味かった」でええと思うんです、一つの笑いを取ったらええと思うんですけど

それを足で蹴ってジャングルの中をバーッと突き進んでいって
たまには何も見つからないこともね・・蚊に噛まれて帰ってくることもあるでしょうけど(笑)
僕もホンマにけっこうあるんですよ。

鶴瓶
お前はでも蚊に食われることあらへんで。
だけどそれはやっぱりよしもとにおっていろんな自然にいろんなツッコミとか
いろんなものがここへ詰まってるから、

もう蚊に食われて帰る手前で「あれあった!」言うて
ポーンって放り込めるくらいのところはあると思うわ。

小籔
でもあれ行ってるときがすごいワクワクするというか・・
手前のメロンはもう前も見たから、これ食べても美味しさ知ってると。

今まで食うたことない果物探しに行きたいみたいなのを
急に思い出したことあるんですよね。

そのときはもう家族のことなんか放っているし、
新喜劇を広めなアカンとかも放っててなんか普通の人間として
未知なる果物探しに行ったとき「俺、アホやな」と思うんですけど

これ「なんでやろ?誰のせいやろ?」と思ったときに
「あっ、鶴瓶さんのせいやな」と思いながら(笑)
こう「パペポ」見過ぎたなと思いましたけどね。

(了)

2014/08/11

笑福亭鶴瓶が語る「芸人が仕事してるところには民主主義はないねん」

今回は2014年6月15日放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」
を起こしたいと思います。

今回はこちらの続きになります。
新喜劇座長・小籔千豊が語る「僕、割とほんまは普段温和なんですよ」



小籔千豊(以下、小籔)
これは今となればいいのか悪いのか分かりませんけど僕個人的には
そういうふうな時代に戻らんでいいですけど、

僕らを一人間としてというか、
一社会人として見んといて欲しいなってことはすごく思います。

笑福亭鶴瓶(以下、鶴瓶)
これエラいこと言うたな。

小籔
これたぶん批判も多いと思いますよ。
ただ僕は本当に思うのが、(ロザン)宇治原にも言うたことあるんですけど

お前みたいなやつが吉本入ってきて芸人なったことは
日本として大きな損失やと。

お前が入ってきたことなんか別にどうでもええねん。
お前はただの一個人や、ただ京大のやつが入ってきて
多少テレビに出て賢い言われるってなったら

他の京大入ってきたやつがこの先の就職先の選択肢のひとつに
まさか芸人というのも入れよると。
そしたら、かしこがみんな吉本来てみ、日本沈没するわ言うて

「お前は日本潰しとんねん、ええ加減にせえよ」って言って
その大きな十字架背負うてこれからは社会貢献せえ言うて
僕、むかし言うた覚えがありますけどね。

鶴瓶
いやいや、全くその通りでまあそれはテレビ局もいかんねやろうけども、
そない頭良うなって物知って・・物知っていうのはしれたことやん、そんなもん。
覚えたらええわけやん。

そしたら落語覚えてみいいうことやん、なんぼも。
覚え合いするんやったらやで、今まで習うてきたことをもう一遍言うんやったら
それは簡単やろうけど・・

宇治原が悪いわけやないよ、
求めてはることをしてるわけやからね。
それでまた漫才もやればいいんやから。

そういうことばっかりを求めるテレビ局もね、
なんやの?スポンサーの関係でそっちばっかり行ってしまうというかね。
それがいかんやん、そんなん。

2014/08/05

新喜劇座長・小籔千豊が語る「僕、割とほんまは普段温和なんですよ」

今回は2014年6月15日放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」
を起こしたいと思います。


鶴瓶
えー、「日曜日のそれ」でございます。
今日のゲストはですね、まあもう前からお願いしてたんですけども
まあ最近本当に・・最近言うてもねちょっと前からなんですけど

よお出とんな、潰しとかなあかんなと思ったんですけど
もうこれ潰しようもなく、出たらクーッ潰しとかな思うてるんねんけど
出て来たという小籔千豊さんでございます。

小籔
よろしくお願いします。
吉本新喜劇の小籔です、お願いします。

鶴瓶
あのー、正式に出来てきたのはいつやと?
フワっと出て来たのいつやの?

小籔
フワーッと出て来たのはやっぱり「すべらない話」に出させていただいて
1回目のときというよりも、2・3回出てからちょっと東京のタレントさんとか
あとは山形県とか青森県とかそういう東日本で顔刺されるようになったのはそれくらいですね。

鶴瓶
いやだから、まあ自分のことを言うのもおかしいけども。
僕も一番最初にちょっと顔出るというか・・

小籔
いつ頃ですかね?

関連コンテンツ

スポンサードリンク