2014/06/02

日本エレキテル連合が語る「50:50なんですよ、本当全部やってもらってる」

今回は2014年5月1日放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」
「大竹メインディッシュ」日本エレキテル連合さんの回
起こしたいと思います。


光浦靖子(以下、光浦)
今日のメインディッシュは「ゴールデンラジオ!」初登場
ディティールにこだわったコントで注目度が上がっている
このお2人です、どうぞ。

中野聡子(日本エレキテル連合・以下、中野)
どうも、はじめまして。
あっ、声ガサガサですいません。
タイタン所属の日本エレキテル連合の中野と申します。

橋本小雪(日本エレキテル連合・以下、橋本)
日本エレキテル連合の橋本と申します。
よろしくお願いします。

中野
本日はお招きいただきありがとうございます。

大竹まこと(以下、大竹)
それほどのもんじゃありませんけども。

光浦
お聞きの方々はね、なんか品の良いお2人が来たと思いますが・・
今、バリバリのコントの扮装をしていただいております。

大竹
まああれですよね、橋本さんにいたっては
元の顔が全然分からないっていうね。

橋本
白く塗っておりますから・・。

大竹
中野さんも。

中野
私はあの・・年寄りの役です。

大竹
年寄りの役をやって・・すごいメイクですねー、もう。
デフォルメが・・テープも貼ってますか?

中野
はい、貼ってます。

光浦
目をちょっと小さめにね。垂れ目の小さめに。

大竹
これは番組の方で写真を撮ってアップしないと分からないね。

光浦
この格好で喋ってるってことは。

大竹
役はどんな役なんです?

中野
私は「小平市の細貝」っていう年寄りでございます。

大竹
団地が何かに住んでいらっしゃる?

中野
えーと、そうですね。
あの年金生活で孤独な老人です。

大竹
一方、橋本さんは?

橋本
橋本の方は「未亡人朱美ちゃん」という役をさせていただいております。

中野
ちょっとこれあの・・言ってしまうとオチに・・

大竹
ああ、筋がバレちゃうのね?
はい早速ですけども、その格好でそのまま出来るんですか?



光浦
座りで。

中野
はい、よろしいですか?

大竹
はい、どうぞ。
それじゃあ今からコントを見せてくれるとおっしゃってるんで
先にまず紹介がてらのコントです。タイトルは何ですか?

中野
「未亡人朱美ちゃん3号」です。



中野
どうもお昼からすみません。

大竹
素晴らしいね。

光浦
好き好き!こういう世界大好き!

中野
あっ本当ですか?光栄です。

大竹
橋本さんセリフが少なくていいね。
「ダメよー、ダメダメ」としか言わないんだけど、
ちゃんとね。

中野
もう全然覚えないんで、頭が相方悪くてですね。

大竹
バカなんだ。

橋本
バカなんです。

中野
すっごいバカで、だからもう人形にしちまえ!と思って

橋本
本当にこのネタするときは本番までは全然緊張しないんですね。

大竹
これが流行ってる「ダメよー、ダメダメ」っていう
コントのおおもとなんだ。

中野
最近やたら皆さんが言ってくださって、ありがたいです。

大竹
タイタンにはいつから入って芸歴みたいなのはあるの?

中野
芸歴は一応5年、ちょっといろいろ辞めてた時期もあったので

大竹
借金でね?

中野
あ、バレてるんですね。

大竹
借金で辞めてたんだよね。

中野
借金で辞めてまして。

大竹
返すのが大変だったんだよね。

中野
身体は売ってないです、ちゃんと。

橋本
バイトしてね、いろいろと。

大竹
元が分からないから、売れるかどうかもまた分かんないけど・・。

光浦
元の顔が分からないから。

中野
あの・・「下の中」です。

大竹
下の中!

中野
「下の中」と「下の上」ですね。

橋本
まあ「上」にしてくれるんですね。

大竹
あっ、橋本さんは「下の上」なんだ!

中野
ここではちょっと私よりはまあ・・

大竹
ネタは中野さんが考えるの?

中野
はい、私が。

大竹
それで橋本さんがバカなの?

橋本
バカです。

中野
本当にバカでもう、バカなんです。

大竹
でも一緒に暮らしてるの?

中野
はい、一緒に暮らしてます。

光浦
すごいね、よく一緒に暮らすね。

中野
あの・・全部やってくれるので。
私がネタを書いてるのをいいことにですね。
朝のモーニングコーヒーからおやすみのベッドメイキングまでやってくれるんで。

光浦
えっ、マジで?

大竹
ちゃんと上下関係ってしっかり小っちゃなものが出来てるってこと?

中野
上下関係というよりは、50:50って私は言ってるんですけど。

大竹
50:50になってないじゃん。
私がネタを考えるから、あなたはコーヒーから目玉焼きから
布団の直しからお風呂から全部やりなさいってことだろ?

中野
そうですね。

大竹
あんまり50:50な感じしない。

橋本
でもあの本当にメイクも全部もうやってくれるし、
本当に全部やってもらってるんでそこはなんか
50:50だなって私も思ってます。

中野
バカなんですよ。

大竹
バカなんだね。
えー、でも2人はどこで知り合ったの?
このバカをどこで見つけたの?

中野
このバカをですね、大阪の・・元々は松竹芸能さんの養成所で知り合って
バカなんで親に入学金を出してもらってこのバカは入って
私は自分で入ってそこで知り合ったっていう感じで。

大竹
そうなんだ、でもいろんなバカがいただろうけど
何故このバカを選んだ、理由は何なんですか?

中野
バカっていうの尽きますね。

大竹
みんなちょっと頭がいいの?

中野
とがりちらして入ってくるんですね。
やっぱその、自分が面白いと思ってとがりちらして入ってくるので。

大竹
みんな「私こそは面白い」と思って養成所に来るわけだ。
そんな中で橋本さんは?

中野
カドがなかったんですね、丸くて非常に「わたし色に染めやすいな」と思って

大竹
やっぱし、50:50じゃない感じがするけど(笑)

光浦
いいねー。

橋本
50:50なんですよ、本当全部やってもらってる。

光浦
2人はお互いに暮らしてて、よりどっちがおかしい人として?

橋本
えっ、中野さんがおかしいです。

光浦
やっぱ中野さんが全面的におかしい?

橋本
もうあの絶対にベッドから出ないというのもありますし。

光浦
どういうこと?

中野
あのアメリカとかでよくベッドから出れなくなって・・
大きくなりすぎて出れなくなる人いるじゃないですか?
私、放っとくとああなるんですね。

大竹
好きなの?
そんなに優雅な部屋なの?ベッドがあってっていう。

橋本
もう本当普通の部屋なんですけど、
ベッドに・・リモコンが頭の上にあって、
中野さん専用のペットボトルがあるんですけど

大竹
なんで中野さん専用なの?

橋本
その中に水がもうなくなったら、すぐ私が入れるみたいな。
もうそういう生活をしていて。

光浦
新しいペットボトルに替えるんじゃなくて?
古いやつに継ぎ足していくの?

橋本
綺麗に洗って、水道水入れたりとか。
水がないとやっぱり人間死んじゃうから。

大竹
そりゃそうだけど、それはでも水道水でいいんだ?

中野
煮沸していただけるならしてもらいたいですけど、
まあ私はそこはこだわらないので。

光浦
東京の水は美味しくなったからね。

中野
そうですね、素晴らしい浄化システムがありますから。

大竹
コップでもいいんだよね?

中野
コップでもいいんですが、こぼしてしまうので。

大竹
それはあなたの方がバカだからこぼしちゃうの?

中野
あの・・バカだからじゃないですか(笑)
あんまり起き上がらないんで・・。

大竹
起き上がらないの、あんまり。

中野
首だけ。

橋本
本当に面倒臭がり屋で。

大竹
だからペットボトルだったら首だけ起こしゃ飲めるし。
コップだとちょっと起き上がってこないと。

光浦
コップは置き場に困るもんね。

橋本
なんか吸い飲みが一番ベストらしいんですけど。

大竹
吸い飲みって何?

中野
入院している方が飲むやつです。

光浦
あーーーっ!はいはいはいはい!

中野
アラジンと魔法のランプみたいなやつです。
あれがいいんですけど。

大竹
何故あれにしないの?

中野
じゃあそれにしてもらっていい?

橋本
はい・・分かりました。OKです。

大竹
でもあれだよ、けっこう割れたり中洗うの大変だったりする・・

中野
ミルトンでちゃんと綺麗にしてます。

光浦
赤ちゃん用のタワシでね、チュチュチュッと。

大竹
一番好きな食べ物なんかは何が好きなの?

中野
私は干物です。
別に自分が干物生活してると上手いこと掛かったんじゃなくて(笑)

大竹
お前、何言ってんだよ!そんなこと聞いてねえよ、俺。

中野
あ、アジの開きが好きです。

大竹
アジの開きが一番好き?どの食べ物よりも。
生はダメなの?アジの生は?

中野
そうですね、やっぱり凝縮して焼いて香ばしきなったのが好きですね。

光浦
開きの一番上の乾いた皮が一番好き。

中野
おいしいですね、最高ですね。
あそこ最高ですね。

大竹
イワシの一夜干しはどう?

中野
いやまだちょっとやったことないですね。
ホッケとアジしかまだやったことが・・

大竹
イワシちょっとやってみてくんない?

光浦
中野さんにはちょっと無理かも、ちょっとジューシーだから。
イワシの一夜干しは。

大竹
イワシ食ったことないの?

中野
イワシはあります。

大竹
一夜干しは?

中野
は、食ったことないです。

大竹
食えよ!

中野
はい、すぐ用意させます!

橋本
私がね、橋本が用意をします・・はい。

大竹
橋本!お前左の乳輪が8cmあるんだって?

光浦
どういうこと?

中野
昔のCDくらいあるんですよ。

大竹
8cmってサイズ分かって言ってるの?
右は?

中野
500円玉くらいかな?

橋本
何かのキャップくらい。

大竹
左と右と違うの?

橋本
あのでもそれは中野さんがよくそれ言うんで。
見たことないのに8cmって言うんで、そんなちょっと大きくはないんですけど
ちょっと差があって右左。

それはちょっと理由があって・・
昔、乳首が取れたことがあるんです。

光浦
はっ!!はい?

大竹
ちょっと待って・・すいませんけども・・
何をしてて乳首が取れちゃったんですか?

橋本
あっ・・掻いてて

光浦
えっ、取れる!?

橋本
「痒いな」と思って掻いてたら
コロンコロンコロンコロンって落ってって・・

大竹
ちょっ、ちょっと待ってください!
引っ掻いてたら乳首がコロンコロンコロンコロンって取れて?
どのへんに落こってたの?

橋本
それ外だったんですけども。

大竹
外!!!

橋本
追いかけてって「やばい!取らなきゃひっつけなきゃ」って。

大竹
外ってセメントとかそういうことですか?地べたに落ちた?

橋本
落ちて転がっていったんで、掴もうとしたんですけども
スピードがちょっと坂が傾斜がだったもので

大竹
あなたより乳首の方がちょっと早かった?

橋本
乳首の方が早くて、わーって取ろうと思ったら溝に落ちちゃって
もう取れなくなっちゃったんです。

で、そのあと生えてきて8cm、まあ8cmもないから見たこと無いでしょ?
ちょっと差がある感じになっちゃって。乳首生えてきたんですよ、そのあと。
そのとき中学校くらいだったので代謝も良くて

光浦
そんなわけない(笑)

大竹
「見せて」っていうわけにいかないけどね。

光浦
そりゃ見たいよ。
つーかさ、なんで表で乳首が転がっていくの?
裸でいたってこと?

橋本
あの服の下から掻いてたんですよ、ポリポリポリって。
そしたら取れたんです。

であの・・皆にそういう反応されるんですよ。
なんでインターネットとかでYahoo!知恵袋とかで調べたら
「アメリカのマラソン大会ではみんな乳首が取れる」って書いてる人がいて

大竹
嘘つけ、お前!
アメリカのマラソン大会で走ったあとに乳首ボロボロ落ちてるわけねえだろ!

橋本
私はネットでそれが正しいかって言ったらあれですけど。

大竹
あれですけど、って正しくねえよ!!

光浦
えー、取れたら血出るの?

橋本
血って出なかったんです。
痒さの方が勝ってたので、痒いな・・ポロン、コロコロコロだったので。
痛さがないんですよ、本当なんです。

光浦
夢のような話。

中野
でも汚い・・生まれ変わった方が劣化してますね。

橋本
キズのようになったりするんでね。
あの・・中野さん見たことないですけど。

大竹
分かんないけど、君の元彼とか前にいた彼氏とかはそれは見てるわけ?
見せたことあるわけ、そういう人に?

橋本
いえ、暗闇なのでね。そんな見せてないです(笑)

中野
・・・気持ち悪い。

大竹
顔で分からないけど、いま君照れた?

橋本
・・・はい、照れました(笑)

光浦
朱美ちゃんの顔で照れるとすげー怖い、キモい(笑)

大竹
君の相方は普通のバカじゃないね。

中野
はい、持ってますね。いろいろと。

大竹
欠けてるのは乳首だけだもんね。
で、乳輪が大きくなっちゃった?

橋本
ちょっとだけ色が変わったくらいで、中野さんがもう人に言うときに
マキシシングル、8cmシングルとかどこかの民族の方の乳首の大きさとか

大竹
それはちょっと誇張して言って。

橋本
だからそれがけっこう一人歩きして
見たことないくせに言うんですけど、まあちょっと違います。

大竹
中野さんは本当に見たことないんだ?

中野
ないんですよ、まだ。

橋本
お互いが温泉とかもし行ったとしても、裸とかは・・。

中野
一緒に住んでるんですけど、見たことないです。

(中略)

大竹
コントは全部で何本くらいあるの?

中野
コントはでも100ぐらいはあります。

大竹
お前またそんなにはねえだろ?
簡単にできるのは何本?

中野
3本です、テレビで出来るのは3本です。

大竹
けっこう破廉恥なテレビじゃ出来ない?

中野
そうですね、グロテスクなのが多いです。

大竹
それは例えば口で説明出来る?
そのネタの1本は、テレビで出来づらいのはどんなネタ?

中野
ロリコンとか。

大竹
ロリコン?君がロリコンの親父の役なの?

橋本
私、橋本の方がロリコンというか官能小説家の役をさせていただいています。

大竹
セリフなんかたくさんありそうじゃん、それ。

橋本
あります。

大竹
大丈夫?

橋本
大丈夫ですよ。

中野
そして乳歯を探すっていう、私の乳歯を探すっていう、7歳の。

光浦
ギャハハハハハ(笑)
好き好きそういう世界大好き。

大竹
あなたは官能小説家で、それで7歳の幼女と?
中野さんが幼女なの?

中野
はい、奉公してますね。

大竹
官能小説家の家に?

中野
はい、時代設定がちょっと古いんで。
そういう時代の。

大竹
その幼女の乳歯が取れるの?

中野
乳歯がちょっとなくなってるので探して

橋本
「どこにやったんだい?」「どこに捨てたんだい?」っていう。

中野
「おせんさんが上の歯は軒下へ、下の歯は屋根の上へとおっしゃたので
 そのようにいたしました。」

橋本
「どこの下に放ったんだい?」

中野
「奉公人たちが寝泊まりしている柿の木のある、
 あの・・洗濯物を干すところの下に捨てました」

大竹
テレビで出来るじゃんか!

中野
出来ますか?わあ、嬉しい!

光浦
小平市の人と同じキャラだと思う、しゃべりが(笑)

大竹
俺が「できる」って言ってやるなよ、お前。

中野
いやもうお墨付きいただいたので。

大竹
タイタンだから太田か何かに聞けよ。

光浦
大好き、私もこんなようなネタばっか作っとったもんで、昔。
でもまだ時代が早すぎた。
誰も客入んないし誰一人笑わなかったこういうようなネタばっか作っとった。

自分たちの単独の誰も笑わないんだもん。
びっくりしちゃった。
何かツメが私の方が甘いんだよ、たぶん。

大竹
いやいや、こういうコントが出てくるとはちょっと思わなかったね。
まあだからそれじゃ女2人で一緒に生きていくとか決めてるんだ。

光浦
今、何歳?

中野
30歳で。

大竹
もういいんだ男なんて。

中野
いや、良くないです。諦めてないです。

光浦
お嫁さん行きたいの?

中野
お嫁さん行きたいんですけど、私はもう・・
相方に託してて、相方に子どもを産ませて
私の全部を何て言うんですか?教え込むというか。

大竹
じゃあ相方の男は誰が選ぶの?
君が選ばなくちゃいけないじゃん、それじゃ。

中野
まあ私を受け入れてくれる人であれば。

光浦
変則的な家族をOKとしてくれるか?みたいな。

大竹
あなたたちはずーっとくっついているわけね?
つがいなのね?

中野
つがいです、粘膜でひっついてないだけというか・・

橋本
そういう関係ではないんですけど、
もう中野さんは私がいないと生活が出来ないと思うんで。
1人で寝れないですし。

大竹
さっき聞いただけでもそう、なんかものすごい・・
えっ、1人で寝れないの?添い寝するの?

橋本
もう一緒に寝てあげるか・・

光浦
えっえっえっ!同じお布団で!

中野
お布団ではないんですけど「寝付くまで一緒にいて」って。
怖い夢見るから。

橋本
私がいないときは「リリーちゃん」っていう
自分で名付けた人形を抱いて寝てます。

大竹
そうじゃないと、怖くて寝れないの?

中野
怖いんですよね、金縛りになるんです。

大竹
金縛りになって眠れないの?
・・お前が乳首取ったんじゃねえか?

光浦
うわ、すげーなー!
私ちゃんと生きている。

大竹
お互い依存し合ってる、それで彼氏がもし橋本さんの方に出来たら
中野さんの方がそのDNAを植え付けて
君たちはもうニコイチ。

中野
そうですファミリーですね。
ファミリーを作りたいです。

光浦
新しい形ですね、良いと思います。

(了)

関連コンテンツ

スポンサードリンク