2014/04/01

小林悠が語る「『怪獣酒場』のオススメポイントを3つ紹介しましょう」

今回は2014年3月21日放送「小林悠 たまむすび」
「小話はるか スナックママへの道」を
起こしたいと思います。


小林悠(以下、小林)
水曜日の「たまむすび」で大吉さんの話聞いてました?

玉袋筋太郎(以下、玉袋)
なんか「怪獣酒場」行きたいと。


小林
そうです、ウルトラマンが大好きという博多大吉さんが
「怪獣酒場」に行きたい!という話をされていました。

この「怪獣酒場」っていうのは、
要するに円谷プロのウルトラ怪獣たちをコンセプトにした
居酒屋であるわけで

狙いとしては、まあその普段コテンパンにやっつけられている
ウルトラ怪獣たちがそこで英気を養って明日への活力を身につけて
というところを怪獣がいない時間帯に人間に開放しますよというのが狙いだそうですよ。

玉袋
コンセプトはそうなんだね。

小林
川崎駅前につい最近、今月1年間限定で
オープンしたものでして・・

玉袋
でも感慨深いもんだよね。
「ウルトラマン」とか見てたことは子どもだったんだから
それが大人になってさ、怪獣相手にお酒を飲めるようになるつったらさ。

小林
場合によっては息子さんやお孫さんとも行けるかもしれないですよね、2代・3代で。
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、私は日本全国の女性アナウンサーの中でも

おそらく1番「ウルトラマン」、ウルトラシリーズを愛しているだろうという
自負がありますので。

玉袋
愛してるだろうね、仕事よりも上だもんね。
そんなことない、そんなことない(笑)

小林
まあキチンとお仕事ですから、マスコミ向けのプレオープンの日に
取材してまいりました。この「怪獣酒場」に。

あのね言いたいことが沢山あるんですが、
分かりやすくポイントを3つに絞って
私のオススメポイントを3つ紹介しましょう。

ちょっとね、「たまむすび」内のコーナーの
「TSUTAYAに行ってこれ借りよう」あの方式を
ちょっと模倣させてもらってね。

玉袋
「怪獣酒場」のポイント

小林
ポイントその1!
「とにかく全身で、五感で怪獣と一体化することが出来ます」



まずね、薄暗い店内に足をホッと入れると、
右側にドーンと最強の怪獣・ゼットンがいるんです。



ゼットンというのは分かる方には分かりますが、
ウルトラマンを倒したあのゼットンですよ。

玉袋
だって前田日明がプロレスラーになるきっかけは
ウルトラマンを倒したゼットンを倒すために俺はプロレスラーになる!っつって。

小林
あ、そうなんですか!
そういうカリスマ性のある怪獣ですよ。
まず、ゼットンが迎えてくれて。

レジにはこれは有名ですよね、
お金が大好きな怪獣カネゴンがいたりするんですよね。
それはカネゴンでしょ!



で、ポッと目線を上にやるとライトが宇宙船なんです。
たぶんバルタン星人の宇宙船でしょうね。

「ん?」とビックリして目線を下に落とすと、地面を見ると
怪獣の足跡がトントントントンと付いていて

更にお皿でしょ、箸置き、箸袋、そしてジョッキ
目に付くもの全てが怪獣なんです。

玉袋
これすごい良いよねー、行きたい!行く!

小林
注目したいのはお料理ですよ!玉さん!
バルタン星人をイメージしたハサミですね。
あのハサミをイメージしたカニ爪の乗ったピラフのメニューがあったり
あとはね、ツインテールって玉さん知ってますか?

玉袋
ツインテール知っていますよ。



小林
流石、男の子はみんな知ってますか?

玉袋
なんか俺が「ウルトラマン」知らないみたいじゃないか、バカヤロー!
知ってますよ、そりゃ。

小林
一応、確認です、確認、確認(笑)

玉袋
ツインテールって後ろ尻尾あげてるやつですよ。

小林
そうです、シャチホコみたいにピューンっていう。

玉袋
この海老フライ最高じゃない、これ!

小林
ツインテールって形がちょっと海老風で
怪獣なんだけど、味も海老の味がするって言われている
不思議な怪獣なんですよ。

玉袋
「大海老2匹を生ベーコンで巻いたジャンボ海老フライ」だよ、いいね。

小林
そのツインテールを模した海老フライがあったりして、
ちなみにツインテールはグドンっていう怪獣が食べちゃうんですけど
要するに自分がグドンの気分になれるということですね。

玉袋
おーーっ、俺これが気に入ったよ。
「カラータイマーを狙え!」つって四角いお皿にウルトラマンの胸の部分のね
プリントが入ってる皿ですよ、その真ん中にピラフ!

小林
赤いジャンバラヤですね。

玉袋
ジャンバラヤだ、それがカラータイマーになってるだよ。
「カラータイマーを狙え!」っていうこのタイトルが
素晴らしいじゃない!

小林
やっぱり怪獣目線なわけですよね。
カラータイマーを崩して食べられると。

ここまでお話聞いてるとたぶん特に女性の方はねポカーンとする方も
けっこういるかもしれませんけれども。

例えば旦那さんとかお友達とかあと、16時半からやってるので
ウルトラマン好きのお子さんと行っても絶対みんな目を輝かせます。

玉袋
じゃあポイント2行こうぜ。

小林
ポイント2!
ここからが大事ですね。
「一般人のみの入店が許されています」

玉袋
えっ?だって普通のお店でしょ?

小林
というのは、例えば怪獣の気持ちになって下さいよ。
ウルトラ警備隊とかがお客さんに紛れて来たら
大変なことになりますよね。

例えばアンヌ隊員とかがね来たら大変なわけですよ。
退治されちゃうから。

だからそういう人を見つけ出す「真実の口」っていうのが入口にあるんです。
ローマにあるオードリー・ヘップバーンが手を入れて「ギャー!」って言ってる「真実の口」
あれがジャミラという宇宙人の顔になって「真実の口」があるんですね。

玉袋
ジャミラが「真実の口」なの?


小林
ウルトラ警備隊の人とかがそに手を入れると抜けなくなる。
ですから、例えばマムシさん(毒蝮三太夫)が入れたら抜けなくなるという。

玉袋
危ねえな、そりゃ。

小林
フルハシ隊員とかアラシ隊員とかということで見つかってしまうと。
私は残念ながら引っかかりませんでした、大丈夫でした。
一般市民としてちゃんと入店できましたけど。

そこを「真実の口」をちゃんと体験して欲しいですね。
是非、皆さんに。

そしてポイントその3です。
「店長がバルタン星人である」ということです。

玉袋
店長、かぶり物ずっと?

小林
残念ながら人間がいる時間帯には怪獣は来ないので
バルタン星人に直接会うことはないんですけれども。
プレオープンの日はバルタン星人店長がキチンと接客をしていたんです。

私は皆さんのために「たまむすび」リスナーに
メッセージをもらうと思いまして、
バルタン星人のインタビューに成功したんです。


玉袋
直撃、単独インタビューに成功しましたか!

小林
こちら流しましょう、お願いします。

(インタビューパート)

小林
とっても素敵な酒場オープンということでビックリしましたけれども
何故こういったところをオープンしようと思ったんですか?

バルタン星人
フォッフォッフォッフォッフォッフォッフォッフォッフォッフォッ・・
(我々同胞の怪獣たちに密かに運営していた「怪獣酒場」を
 君たち人間にも期間限定で一部時間を開放しようということになった)

小林
ありがたいですね。
さあ、実はこの「たまむすび」リスナーにもね、けっこう怪獣ファンが多いと思うんですよ。
メッセージをお願いしていいですかね?

バルタン星人
フォッフォッフォッフォッフォッフォッフォッフォッフォッフォッ・・
(「怪獣酒場」に訪れ我々の魅力の虜となり地球征服への協力をお願いする。
 ただしウルトラ戦士および地球防衛軍関係者ではない者に限るぞ)

小林
じゃあバルタンさん、TBSラジオ「たまむすび」聞いたことありますか?

バルタン星人
フォッフォッフォッフォッフォッフォッフォッフォッフォッフォッ・・
(そんな細かいことは聞かないで欲しい。私たちはハートで感じあえるだろう)

小林
あっ、なんかすいません!

(インタビューここまで)

玉袋
誰なんだ、あの通訳!いるの?

小林
淡々と訳されてる方は、円谷プロのお姉さんです。
通訳として横にずーっといらっしゃるんです。

もうこういういメッセージももらっていることですからね。
是非1年間限定なので、「ウルトラマン」とか全然詳しくないよという方も
例えば遊園地とかそういったアトラクション気分になれるようなお店でもありますので・・

玉袋
行きたいよ、ここ俺も。
行きますよ。

小林
あ、本当ですか?
あのね確か今のところ6人以上から予約できるはずですので
今ほらいっぱい人が来てますから。

「たまむすび」の打ち上げはここでしましょうかね。
夢が広がりますけれども。

玉袋
あ、いいね。
川崎つったらいろんな楽しいところもあるしな!

小林
こらこら!

(了)

関連コンテンツ

スポンサードリンク