2014/03/23

スポーツライター・永谷脩が語る「落合と原の遺恨が再燃か?」

今回は2013年11月22日放送「荒川強啓 デイ・キャッチ!」
「メキキの聞き耳」永谷脩さんの回を
起こしたいと思います。


荒川強啓(以下、荒川)
さて今日の話は「落合と原の遺恨が再燃」って
つまり中日の落合GMと巨人の原監督の話ということですか?

永谷脩(以下、永谷)
そうですよね。
監督時代の落合GMはですね、とかく原巨人に対してですね

冷たく当たってたっていうか・・やることなすこと全て反対のことを
やっていたような気がするんですね。

それで今回、井端選手・・中日80%減で退団を表明しましたよね。
その井端選手を巨人を獲得するという話が出てますよね。

強啓
なんかそういう動きですね。

永谷
巨人と言えば何でもかんでもFAで選手を獲るというのは有名なことなんですが
この井端選手を獲ることを巡ってですね・・
「落合GMが切った選手がこれほどすごいんだよ」ということと

「あなたは切りましたよ」ということをですね
原監督は見せつけるために獲るようなところがすごくある気がしてしょうが無いんですね。

強啓
なるほど

永谷
っていうのはですね、落合監督になったときに
巨人に川相という選手といましたよね?
彼が引退して2軍コーチになるっていう話になったときに

待ったをかけて中日に呼んだのが落合監督なんですね。
ありましたでしょ?

強啓
あああ、2004年のあたり

永谷
それで川相みたいな素晴らしい選手いっぺん死んだ選手っていうのは
本当に必死になってやるんだから、若い人の良い手本になるよっていうことで呼んで
バントの名人だからバントをよく指導してくれという話をしてましたよね?

それと同じことで今巨人には寺内それから中井という若い選手がいますよね。
それから脇谷もいますよ、っていう感じで2塁のポジションは
まだ固定されてないところがあります。

それに西武からFAしてる片岡という選手、彼を獲りに行こうという話もあるし
井端を撮りに行くという話もありましたよね?

そんな中で井端を選んだというのは彼の指導力、彼の持ってる技術っていうのを
若い人の教えてくれっていうのと同時に、彼を使うことによって

中日を見てごらんって、こんだけすごい選手でも巨人は使えるんですよって
言いたかったんじゃないか?と思うんですよね。

強啓
逆に落合さんは「お前さんは見る目がないね」
「本当に井端は終わったんだよ、原さん」と言いたいんありません?

永谷
確かに肘と足首を手術をしましたよね。
その回復が異常に遅れていると言われてたんですが、
本人は順調だっていうような話をしてました。

それと同時に2億5千万ですか?その選手が3千万まで落ちてまでやるならば、
獲ってあげるっていうところでしょ?WBCであれだけ頑張った選手・・
しかもプロ野球の選手会の理事長をやってる人なんですよね。

だからそういう意味でも特別な人間だし、
いろんな意味で野球がもっともっと教えてくれるんじゃないか?
巨人に無いものを持ってきてくれるんじゃないかっていうところで獲ってると思うんですが・・

強啓
ぜひ井端さんはそういう思いで巨人で活躍して欲しいですね。

永谷
そうですね、いっぺん死んだ人がもう一度立ち上がるってことは
素晴らしいじゃないですか!だからそういうところに珍しく
白羽の矢を立てたという意味では巨人良かったなと思いますよね。

ただ若い選手がそのために育たないのだったらば、
これはちょっとマズいような気がしますけど
とりあえず自由契約で獲ったんですからね。

強啓
そもそもこの落合さんと原さんというのは、
そういう犬猿の仲でずーっと歴史を重ねて来たんですか?

永谷
落合選手が中日からFA第1号で巨人に行ったときに
そのポジションを追われたのは原監督でしょ?

強啓
あ!サード!

永谷
それでレフトに回りましたよね?
それでレギュラーの座を外されながら、ずっと我慢をして

今度はいざ監督になったときに最初のクライマックスシリーズ・・
後のときはクライマックスシリーズじゃなかったんですけれど
そこで敗れたのも原さんですよね、リーグ優勝しながら。

強啓
ペナントを制したのは巨人だった。
で、2位だった落合中日が・・

永谷
3連勝して、逆にやられましたよね?
それでWBCの原監督のときに中日の選手は一切出さなかったですよね。
って言うような意味でいろいろ遺恨が2人の中にはあったような気がするんですね。

強啓
そういうことあったね。
あ、それは大変な仲だわ!!

永谷
それで川相を獲られて恥をかいたみたいな部分もありますし
今度はいざ「倍返し!」というところが原監督にはあるんじゃないでしょうかね?

強啓
なるほど!
それはもう井端選手も相当な覚悟で巨人に行かなきゃ行けないね。

永谷
そうですよね、彼がこれだけみんなの国民的ヒーローになったのは
WBCなんですよ、実はね。
でそのWBCを一番嫌っていたのが落合GMなんですよ。

っていうのは何か?っていうと、選手の保証が出来てないからという意味だったんですが
そういうところからスタートしてるんで、そこで一番名を上げた井端選手を巨人が獲る
っていうのも何となく面白いような気がしてしょうがないですよね。

強啓
そういういろんな背景がそこにはあったんだねー。
面白い、さすがその辺り調べまくりましたね!

永谷
それがあるからやっぱり野球は技術だけじゃないような
気がしてしょうがないんですが。

強啓
いやこれは来シーズン、早くももう火花が散ってるような感じがして
始まってる感じだね。

永谷
年俸をうんと上げれば選手は活躍するのか?
下げて発憤させたら選手が活躍するのか?っていうのも
好対照ですけど面白いですよね。

強啓
はい、ありがとうございました。

(了)

関連コンテンツ

スポンサードリンク