2014/02/25

赤江珠緒が語る「頂戴した1万円を使ってきました!熊本着いて衝動買い!」

今回は2013年11月4日放送「赤江珠緒 たまむすび」
オープニング部分を起こしたいと思います。



赤江
竹山さん戻ってまいりました。

竹山
帰ってきましたね。

赤江
ただいまです、帰ってまいりました。

竹山
何やってたんですか?夏休み。
遅い夏休みは。

赤江
大変遅い夏休み頂戴いたしまして。

竹山
1週間?1週間休んだの?

赤江
1週間ブラブラ旅をねしたりなんかして。

竹山
あ、旅行きましたか。

赤江
今回は国内をちょっと旅してたんですけども
ちょっとそういう土産話なんかもさせていただきたいと思いますが
1週間空くとやっぱり不思議ですね。

なんかこうラジオに・・仕事に来るのも
なんかこう・・恥ずかしくなるというか・・
モジモジなんかしちゃますけどね。

竹山
今日から?仕事全部開始、朝も全部?

赤江
今日から、本当に今日から・・はい。
なんでしょうね・・なんかちょっと不思議な感じが。

竹山
学生のときの夏休み明けのあの気持ちに似てるってことですよね?

赤江
そうなんですよ!
でね、夏休み前の先週の前の週。
それこそ最後の方に竹山さんのライブに行かせていただいて「放送禁止2013」

竹山
はいはいはい、ありがとうございました。

赤江
先週あの山内あゆさんにこのパーソナリティ勤めていただいたときも
お話されてましたけれども、あのライブを見て
もうあれから1週間私は過ごしたんだなあっていうのがね

竹山
あれから休みをね、だから金曜ぐらいに見られたのかな?
そっから休みってことでしょ?何やるの?ずーっと旅?

赤江
今回ね、九州の方をブラブラしてまして
まず熊本の阿蘇に行ったんですよ。

竹山
飛行機で降り立ったのは熊本空港?

赤江
熊本空港!はい。
でまあおいおいちょっと土産話をいろいろお話ししたいなとは思ってるんですが
今日どうしても話さなきゃいけないのはね、

竹山さんにこれですよ、熊本でわたくし
竹山さんに「放送禁止2013」で1万円をね頂戴したじゃないですか?


竹山
ああ、赤江さんにも4月1日にお渡ししてます。

2014/02/21

高田文夫が語る「外山惠理ちゃん?偉いね!あの子」

今回は2013年10月25日放送
「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」オープニング
を起こしたいと思います。


高田文夫(以下、高田)
俺は昨日あれ行ったんだ!
竹山君がさ毎年1回この季節にライブやるじゃん?

松村邦洋(以下、松村)
いいですよねー、あれは。

高田
あれがもう毎年毎年傑作なんだよね。
こう1年間そのために作ってくんだよね。
いろんなこと考えて。

もう5回目か6回目かな?
俺ももう大体ほとんど行ってるんだけどさ。

松村
僕も行ってますね、劇があってトークがあって。

高田
そうなんだよ、昨日初日だったんだよ。
で今度の日曜までだから、行った方がいいよ本当に。
お前ちょっと旅が多いらしいけど。

松村
ちょっと行きたいですね。

高田
中身のネタがばれちゃうと可哀想なんだけどさ。
超満員でさ、良かったよ。

行くともう大変だな!あそこの若い衆かなんかいるだろ?
事務所の人とか若い人がね、みんなネクタイして着替えて
「先生こちらでございます!導線はこちらでございます!」

俺1人に40人ぐらいゾロゾロゾロゾロついてくんだよ。
「裏にエレベータありますから、先生どうぞ」
「いいから普通に見れればいいから!俺普通に入れるから」
「いや、こちらへ!何かあったらって言われてますから」って

もう40人ぐらいがゾロゾロゾロゾロ来て
それでエレベータ乗せられて、それでパッと行ったら
ちょうど一番後ろの席の所に出るんだよ、な?

それでバーッて一杯だからさ、通路が横にあるんだけど
真ん中に廊下じゃない通路があって、右側3席なんだけどさ
一番後ろ3席で「あ、ここだな」と思って2つ埋まっててさ1つだけ空いてるの

「あ、俺ここだな」と思うからさ向こうのスタッフも
「高田先生はこちらでございます」って、「あ、そうですか」つったら
そこの真ん中に座ってるおじいちゃんの隣の人が、

「あら高田さんよ!良かったわねー、良かったわね」って騒いでるの。
よく見たら永六輔さん!すごいこと起きるだろ?
外山惠理さんが介護でついてるよの!偉いね、あの子は!

一緒に喋ってる相手なんだよ、それ全部「寒くない?寒くない?」とか良いながら
永さんも喜んでさ、「え、高田さんも来るんだ!」とか言ってさ
「いや、これは面白いんですよ」つったらさ。

「僕もね、この外山くんに薦められて来たの」って、偉いよね永さん。
杖ついてヨレヨレで来てさ、「高田さんこれ好きなの?」って言うから
「これは面白いんですよ」つったらさ。

「じゃあ面白い大丈夫だ!高田さんが言うなら」って喜んでさ
で、「今日はどっから来たんですか?」ってつったら
「今、青森から着いたの」って(笑)

「台風より速いじゃないですか!」つったね、動きが・・偉いよね!
で、外山惠理ちゃんっていうのがさ、こうしゃべってさ
だけど全部介護して身体持ってあげて・・

松村
外山惠理ちゃんはアナウンサーで入ったのに、そういう介護も・・

高田
全部永さんのをやってあげてるのよ。
俺も思ったよ、俺が万が一ヨレヨレになったときだよ。
お前だ、磯山だが「高田さん」って持ってあげられるか?って
トイレまで連れてってあげられるかっつう話だよ。

磯山さやか(以下、磯山)
トイレまでですか?

高田
まあでも入り口までだよ、まぁそれは。
全部やるんだよ?
もう涙こぼれたよ、あの美しさに。

磯山
もちろんですよ!先生!
おぶります!!なんならおぶりますけど?

高田
杖で突っつくぞバカヤロー(笑)
・・偉いと思った、それで喜んでさ最後まで2時間15分ね
ケラケラ笑って「いや面白い面白い!」って

自分もネタにされてるわけよ、実はライブの中でね。
それで「ああ、そういう意味ですか!これは」
「竹山くんもすごいですね」とか言ってさ喜んで

それで立ち上がったの、帰るときにな。
裏の階段からこう・・博品館ってさ長い階段があって
舞台みたいなってる階段下りていくじゃん?

永さんと2人で杖ついてこう立つとさ、皆がドドドってよけて
「おお、すげーのが2人いる!」つって皆ねよけて
パシャパシャって撮ってるんだよ。

「あ、外山惠理ちゃんが介護なんだ」みたいな
それで俺と永さんが杖付いてるから「すげえ」って2人で言ってたら
逆側から走って「あーーっ、永さん」って和田アキ子(笑)

松村
わーっ、アッコさんも!

高田
アッコさん来て喜んで涙ぐんで
「永さん、わー十何年ぶり!」とか言ってさ喜んでんのよ。

それで「アッコさん面白かったね」とか言いながら
「写真で大活躍じゃない」つって大笑いしてたんだけどさ
それでアッコさんも気にしない人つうかさ、あの人面白いじゃない?

松村
もうストレートですもんね。
何でも直球でね。

高田
直球だろ?それで「永さん嬉しいやん!嬉しいやん!」って
「うわー元気やん」「そうですね、どうも」とか言ってんだよ。
「永さんはどうして最近はラジオか何かやられてるの?」って

裏表でずっとやってる!
40年もやってるっつーの!(笑)

「あ、まずい!この質問!」と思ってよ。
外山惠理と俺が「まずいだろ!その質問は!」

生で毎週やってるよ!裏表で!
そしたら永さん「ええ」だって(笑)

松村
アッコさんって悪気があるわけじゃないんですよね。
ストレートですから。

高田
心配だから言っちゃうんだろうな。
「またこんなに元気になられたんですね、ラジオやってんの?」
っていう気持ちなんだろうな。

でも俺として見て、ちょっと引いて見るとさ
「この2人裏表じゃん!」って土曜日。

松村
アッコさんは「いいかげんに1000回」ずっと長くやってるし。
永六輔先生は40年ですもんね。

高田
すごいよね、皆長いのばっかし。
それでこれ見たって言う人がいっぱい居てさ。
これ何て言うの?

磯山
twitterですか?

高田
この人なんかどこの誰だか知らないけれど
「最終列にはなんと高田文夫と永六輔 レジェンド2人が座ってた」って(笑)
レジェンドだから、僕と永さんとなると。

「介護の外山アナもいた」って
「介護」って!でも偉いなと思った。
いやでも、竹山くんはすごいですよ。


(了)

2014/02/15

山田五郎が語る「本当は怖いハロウィン」

今回は、2013年10月31日放送「荒川強啓 デイ・キャッチ!」
「デイキャッチャーズ・ボイス」山田五郎さんの回
起こしたいと思います。


荒川強啓(以下、強啓)
今日のテーマはこちらです。

片桐千晶(以下、片桐)
「本当は怖いハロウィン」

山田五郎(以下、山田)
はいはい、この今日10月31日はハロウィンの日で
ここ数年急速に日本で普及してますでしょ?

もういろんな業界が関連商品出したり
イベントが行われて、もうあちこちで
仮装パーティーが開かれてるんですけども

もうクリスマス並に定着してきたとも言われるんですけどね。
まずご存じの方も多いでしょうけども
そもそも「ハロウィンって何?」っていうことなんですけども

これね、元々はヨーロッパの先住民族であるケルト人の土俗信仰
まあドルイド教っていうのがあったんですけども
それのお祭りが起源なんですよ。

だからカトリックはじめ多くのキリスト教会はこれを
公式行事としては認めてないんですよ。
ここがクリスマスと大きな違いなんですよね。

強啓
その土地の・・?

2014/02/11

中島知子が語る「週刊誌って面白い仕組みしか書かんなって思った」

今回は2013年10月22日放送「大竹まことゴールデンラジオ!」
「大竹メインディッシュ」中島知子さんの回
起こしたいと思います。


大竹まこと(以下、大竹)
ようこそいらっしゃいました、こんにちは。

中島知子(以下、中島)
こんにちは。
今日は呼んでいただきましてありがとうございます。

大竹
お久しぶりです。
お久しぶりったって何年ぶりだよ?

中島
もうそうなんです!こんなに・・

大竹
最後に俺が見たのは京都か何かでまだ松嶋と一緒のころ
どっかで2人を・・京都のぶらり旅みたいなのをやったのが
俺の記憶に・・それが最後かどうか知らんけど

中島
大竹さん、3人で番組されてらっしゃったじゃないですか?

大竹
オヤジ3人旅あった、あった。

中島
それに2度ほど呼んでいただいて、
台本がすんごい大きい字の台本で

眞鍋かをり(以下、眞鍋)
皆さん、ちょっとお年を召してるから(笑)

大竹
お前、失礼だな!お前。

中島
それが印象的で、びっくりして。
枚数がすごい多いんですよ!・・・すいません。

眞鍋
そうか、らくらくフォンの台本バージョンみたいな感じ(笑)

中島
そう、なかなか見れないですよね。
すいません、それくらい衝撃を受けたんです。

大竹
失敬だな、君は。
だいたい俺らはそんなデカい字だって見ないもん。
見てないもん。

中島
じゃあ誰のためなんですか!

大竹
知らないよ、そんなことは。

中島
すいません、今日呼んでいただいてありがとうございます。
もう大竹さんと、あとさんまさんと呼んでいただいたのは
なんか皆さん呼んでいただけたのはありがたいんですけど

「呼ぶ、呼ぶ!」って言って呼んで下さらない人が多いんで
その中で、ありがとうございます。

大竹
誰が呼んでないんだ?鶴瓶か、誰だ?
ここはカットか?(笑)

中島
いや、そんなことないですよ!
叫ぶのは止めていただけますか?
別に本当に事務所の上の方なので全然あの・・

大竹
問題ない。

中島
問題ないですけど、松嶋と仲がいいんで・・はい。

大竹
もうないんじゃないか(笑)

中島
・・・どっちかというとそちらなんで、本当に。

大竹
まあいいけど、まあ要するに俺が洗脳したってことでいいか?
それじゃ、話は。

2014/02/04

膳場貴子が語る「アンチ爽やか、かれこれ20年ですよ!」

今回は、2013年10月21日放送「荻上チキ Session-22」
「セッション袋とじ」膳場貴子さんの回
起こしたいと思います。


南部広美(以下、南部)
今夜はTBSテレビ夜の女王・膳場貴子の素顔に迫る!
TBSラジオ夜の王子・荻上チキということで。

荻上チキ(以下、荻上)
夜担当しているというそれだけですね。
夜の女王って呼ばれたことありますか?

膳場貴子(以下、膳場)
ないですよ(笑)

荻上
週刊誌とかねいろんなところがキャッチフレーズつけるには
なんてつけるのか?っていう話ですけども・・。

まあでも今でお話をこう聞いていて、
筋肉少女帯が好きな人に悪い奴はいないというか

南部
コマーシャルの間にね。

膳場
くすんだ奴しかいないみたいなこと言ってましたね(笑)

荻上
くすんでいる奴じゃないと分かり合えない・・
この何だ?アンテナ感というのがありますよね?

膳場
そうそう、ありますね。
このコンプレックスの裏返しというかね・・
劣等感をすくい取ってくれるというかね。

思春期に本当にお世話になりました。
筋肉少女帯。

関連コンテンツ

スポンサードリンク