2013/10/11

ロッチ・コカドケンタロウが語る「小学生新聞読んだら、TBSの感謝祭優勝したんですよ」

今回は2013年8月1日放送「清水ミチコとロッチののラジオビバリー昼ズ」
オープニングを起こしたいと思います。


清水ミチコ(以下、清水)
時刻は11時30分を回りました。
本日のお相手は清水ミチコです。
そして今日は夏休みという感じのこのお2人でございます。

コカドケンタロウ(ロッチ:以下、コカド)
いや、そんな感じないでしょう!

清水
しゃべっててもさっきからね、
「ビバリー昼ズ」って割とポンポンしゃべるんですけど
ロッチのテンポだと「ああもう今日は夏休みにしよう」っていう感じです。

コカド
そういう感じの!

中岡創一(ロッチ:以下、中岡)
シャキっとして下さいよ!

清水
そうですか・・。

コカド
どうも、ロッチのコカドケンタロウです。

中岡
どうもロッチの中岡創一です。

コカド
よろしくお願いします。

清水
よろしくお願いします。
あのなんかいっつも新人みたいな顔してますけど、
もう36なんだって!

中岡
そうっすね(笑)
新人みたいな顔してます?

清水
いつもなんか「新人です」みたいな感じで
テレビで見る感じですね。


コカド
そうですか?
まぁでも芸歴の割にテレビに出るのがすごく遅かったっていうか・・



清水
今、しゃべりも遅かったっていうか。

中岡
まぁこのペースに慣れて下さいよ。

清水
ハハハ(笑)
慣れてく!私の方がね、寄って下さいっていうんですね。

中岡
滑舌悪いのも慣れて下さい。

清水
珍しいですね(笑)

コカド
滑舌の方はもう諦めたんで・・。

清水
そうそう!私なんかね・・うちの旦那さんが甲府の人間なんですけど
その帰りにコカドさんの番組を聴いたんですよ、ラジオで。
こんなに遅いしゃべりの人がいるか!と思いましたね。

コカド
本当ですか!!

清水
滑舌は・・うん本当、FMなんかやってるよね?

コカド
FMでねやらせてもらってましたね。

清水
あ、さすがに終わった?

コカド
「さすがに」って何ですか!ちょっと待って下さいよ(笑)

中岡
リスナーが眠くなるっていう・・

清水
あ、やっぱりね。自然淘汰だね。

コカド
終わっちゃいましたけど、まあでもやらせてはもらってますよ、ラジオも今でも。

中岡
ちょこちょこ、NHKでもやらせてもらってますし。

清水
そうなんだ、NHKでも・・
そんな田舎の奥さんみたいな言い方で言われても
「私んとこね、NHKでもやらせてもらったり」って(笑)

中岡
いろいろやらせてもうてます。

清水
別に看板じゃないから。

コカド
そうです、でもこの滑舌でやらせてもらうってすごい事だなと思いますけど。

清水
そうですね、フレッシュな風というか・・

中岡
ちょっと褒めて下さいよ!なんか僕らも!

清水
いやビックリしたのは、中岡さん情報によりますと
森永卓郎さんと垣花さんとのラジオめっさ面白いって。

中岡
めっちゃオモロいすやん!

清水
何で(笑)

中岡
僕いつもね水曜日レギュラーがありましてその道中ですか、
家からその日テレまでの車の中でいっつも

森永さんと垣花さんのラジオ聴くんですけどめちゃめちゃオモロ過ぎて
日テレって地下駐車場入っていくじゃないですか!


清水
聴けなくなるんだよね。

中岡
聴けなくなる、それが寂しくてちょっと遠回りするくらい
めちゃくちゃオモロいんすよ。

垣花さん、アナウンサーさんですよね?
アナウンサーさんやのに、森永さんのことめちゃくちゃ文句言うねん。
ケチョンケチョンに言うんすよ。

ほんで、その森永さんが負けないんですよ!
ケチョンケチョンに言われるようなこと更にやったり言ったりするんすよ。

清水
そうなんだ!

コカド
この今、始まる前に隣のスタジオにいてはるっていうんで会いに行って

中岡
どんな顔なのか見たくて、垣花さん。

清水
ああ、その垣花という男が!

中岡
思ったよりイカつい顔でしたね(笑)

コカド
すごいね、体格も良くてね。

清水
そうだよね、一見だから森永さんなんかコテンパンにやっつけそうなイメージ
ジャイアンのイメージだよね。

中岡
いやでも、めちゃめちゃファンになってますよそのラジオの。僕。

清水
くだらない(笑)

中岡
早めに車に行ってそのラジオ聴いて
ちょっと遠回りして日テレまで行きますから、僕。
聴いて下さい、是非是非!

清水
聴いて下さい、是非是非!って
私の方がニッポン放送としては先輩ですからね(笑)

中岡
あ、そうか!すいません(笑)

清水
そうか、へー。
なんか昔ニッポン放送でもレギュラーが有ったんだって?

コカド
そうですね、ニッポン放送では僕らだけじゃなくて
僕らと我が家とハライチの3組でやらせてもらってたんですよ。


清水
持ち回りでね?

中岡
いやいや。

清水
多いよ!!

コカド
めっちゃ多かったんですよ!

清水
聞こえないじゃん!誰がしゃべってっか。

コカド
そうですでも、我が家のデブの杉山っていう声のでかい奴が
ほとんどワーワー言う・・

清水
福岡行った?

中岡
福岡行ったやつです。
最近福岡も出されてるっていう話ですけど(笑)

コカド
そうですね、受け入れてもらえなかったっていう(笑)

清水
日本中ほとんど(笑)

コカド
どこ行っても嫌われるっていう・・。

清水
そうなんだー。
で、大阪出身なのがコカドケンタロウさん。コカドさんが滑舌の悪い方。
奈良出身の才能の無い方が中岡さん。

中岡
見た目才能有りそうでしょ?
でも才能は無い方の。

清水
コカドさんの方がネタも書いてるんだもんね。

コカド
そうですね、ネタ書いてるっていうか中岡くんが
放棄したっていうかネタ作りを。

前の別々のコンビやったんですけど、前のコンビでは中岡くんも書いてたんですけど。
5年間やっぱり他の仕事してブランクがあるんでこの世界の戻ってきたときに
まぁポンコツになってたんですよ!

清水
ああ、やっぱりそういうもんかね!

コカド
5年ってやっぱりすごいね。

中岡
すごかったです!まず声のボリュームが。

清水
あ、出せないの?

中岡
もう全然出せないです。
もうすごいんですって!この仕事している人の声のボリュームってものすごいんですよ!


コカド
はじめの1年間は、コンビ組んでネタとか僕つくってやるんですけど
ネタ中、隣の僕が聞こえるのがギリぐらいやから
お客さんなんか誰も聞こえてないんですよ!

清水
でもさ、マイク有っても関係ない?

コカド
もうライブやからマイクも無いですし・・
ほんでだから声全然聞こえへん奴と滑舌で何言うてるか分からへん奴2人が・・
だから1年間全くウケなくて。

清水
でもまあ欠点がはっきりしてるわけだから。
「聞こえないんだ」ということで、はっきり(笑)

コカド
かなりの欠点ですけどね!

清水
よくあんたたちここまで来たね!
克服できるもんだねー。

中岡
奇跡、奇跡です。

清水
「奇跡です」っていうそれも聞こえてないよ。
直ったと思ってるわけ?

コカド
まだ直ってないんですか!?

中岡
アハハ(笑)
あの頃の比べたらってことですから!
ものすごい出てますよ、僕!

清水
そうなんだね。
今、全開っていう感じなんですか?
フル稼働中ですか、これで。

中岡
声ですか?あ、そうですそうです。
これがもうMAXぐらいです。

清水
じゃあもうちょっとがんばれよ(笑)

で、ちなみにコカドさんの趣味が大喜利とかネタ作りということで。

コカド
僕、趣味がないっていうことで

清水
仕事が好きなんだ。

コカド
・・そうですね、何も興味が持てるものがなくて
高校1年からお笑いをやってるんですよ。

清水
なんだそのいけしゃーしゃーと(笑)

コカド
・・高校1年で吉本の養成所に入って
だから他に・・・・「いけしゃーしゃー」って何ですか?

清水
ハハハハハ(笑)
だから今、止まったんだ!

中岡
高1からお笑いやってるから
あんまり勉強もしてないんですよ。

コカド
だから何も知らないですし。

清水
クイズ番組とかも全然駄目?

コカド
駄目やったんですけど、「これじゃ駄目だ!」ということで
1年半くらい前から新聞を読もうと。
あまりにも知らないんで。

清水
あー、いいねいいね。

コカド
新聞を読み始めたんですよ。
でも、やっぱり土台が無いんで「○○は□□」みたいなので
はじめの「○○」がもう分かんないんですよ。

清水
あ、主語が。

コカド
主語の出来事が、で漢字も読めないんで・・


清水
「アベノミクスが」・・それ何だよ!っていう。

コカド
そっちが分からないんで、もうこれじゃ駄目だっていうのでいろいろ調べて
「小学生新聞」にしたんですよ。


清水
知ってる知ってる!どう?
ルビとか文字のでかいやつね。

コカド
そうそう、全部ふりがなも書いてるし・・

清水
ア・ベ・ノ・ミ・ク・ス!

コカド
いやいや(笑)
なんでドラえもんみたいに、どうしたんですか急に(笑)

清水
聴いてる人は、「ああ、あれだな!」ってことで。

中岡
分からへん、分からへん(笑)

コカド
「アベノミクス」の説明も何回も繰り返しやってくれるんで。

清水
へーそれってさ、とれるの?

コカド
とれます、購読して。

清水
「小学生新聞お願いします」でとれるんだ!
ロッチらしいー!超ロッチらしい!

コカド
ポストに投函してもらって・・
で、この間だから新聞屋さんが来てピンポンって来て開けたら

「あの、お父さんの方も新聞とりませんか?」って言われて
「いや僕、一人暮らしで・・あのー・・僕がとってるんですけど・・」みたいなことがあって

清水
へー、ちょっといい話だね。
どんな顔?何て言った?

コカド
ほんまスベった顔してましたよ(笑)
「35の男がこれ読んでるの!」みたいな。
でもそれで1年以上読んでたら、だんだんだんだん分かってきて

清水
本当!私も恥ずかしい話、そっちにしようかな?

中岡
すごいですよ!

清水
「すごいですよ!」ってあんた読みなさいよ!

中岡
僕も頑張りますけど(笑)
僕より全然出来てなかったんですよ、
総理大臣も言えへんくらい何も分からんかった人が

この間、TBSの感謝祭
コカドくん優勝したんですよ!
小学生新聞1年間読んだら

だから最近は僕、教えてもらってますよ。

コカド
やっぱりすごい分かりやすいですね。

清水
しかもあれちょっとなんか読む気がするもんね。
字が大きくて。

コカド
それでマンガで教えてくれてたりもしますし。

清水
「太陽エネルギーって何だろう?」みたいなね。

コカド
いや、すごいいいですよ!

清水
ちょっとそれはためになりました。


(了)

関連コンテンツ

スポンサードリンク