2013/02/27

ピエール瀧が聞く「中国は違う物差しで見た方がいい」

今回は2013年1月10日放送「赤江珠緒 たまむすび」
「たいしたたま:おもしろい大人」法政大学社会学部・大崎雄二教授の回
起こしたいと思います。

音声は配信期限を過ぎたためありません。

赤江珠緒(以下、赤江)
この大崎さんなんですが、元NHKの記者でいらっしゃまして
中国事情に大変詳しいという方なんでございますが
プロフィールを簡単にご紹介させて頂きます。

1958年生まれの現在54歳(放送日当時)
福岡県のご出身で東京外国語大学外国語学部中国語学科4年生のとき
中国に1年半、そして韓国に3ヶ月間留学されました。

大学卒業後NHKで7年間の記者生活のあと
東京外語大の大学院に再入学されまして、
その後も北海道大学の助教授などを経て、
98年からは活動の場を法政大学に。
現在は社会学部の教授を務めていらっしゃいます。

ということなんですけれども、
もともとNHKの記者でいらっしゃって
中国と言えば「天安門事件」ね、皆さまの中にも
強烈に残ってると思いますけど。
これを報じた海外メディアの本当、先駆者的な記者でいらっしゃる。

大崎雄二(以下、大崎)
というか、あの晩はですね。
「これから軍隊入るぞ」って言われて
それで私ともう一人カメラマンの同僚が最後まで広場に残ったんです。

でもね、記者って因果な商売で人の不幸を取材してるわけですよね?
事件や事故。だけど目の前で人を殺されるっていう体験は
これはあんまりしたくもなかったわけですけど、してしまいましたよね?

もうだからその時は「悲しい」っていうよりも「怒り」ですよね。
こういう体験をしました。
で、まぁそれで私たちが撮った映像がその後ですね、
日本に逃げて帰る人たちに朝の空港でお願いをして、
こっそりビデオテープを、これをバラバラにして
浅田飴の缶に詰めて、「これをこっそり持ってってくれ」と。
だって、戒厳令が敷かれているわけですから。

赤江
やっぱ共産党としてそういうのを出したくないっていう・・

大崎
そりゃそうですよ。
それから、その大前提としては衛星中継が出来ないわけですよね?
戒厳令ですから・・ですから、そういうことで。

それで成田に着いてから組み立てて、
それで一番最初の出したということになります。

ピエール瀧(以下、瀧)
そうか、戒厳令下の中
外に出ることの出来るアジア人の顔をしてる人間は
ほぼみんな反乱分子だと・・?

大崎
まぁそういうこともないですけど、観光客の方が帰るでしょ?
その時に「NHKの旗を持ってる人のところへ持ってって下さい」って
言うふうにして頼んだって聞いています。

赤江
どうして浅田飴の缶なんですか?


2013/02/20

ジャーナリスト・北丸雄二が語る『「CM上の演出です」に覚える違和感』

今回は2013年1月2日放送「荒川強啓 デイ・キャッチ!」
「デイ・キャッチャーズボイス」北丸雄二さんの回を
起こしたいと思います。

音声は、配信期限が過ぎたためありません。

強啓
んっ?これはどういうことですかね?

北丸
僕が帰ってくる度になんかいろんなことちょっと気づいて
「前回と違うな」と思ったんですけど。

今回帰ってきたら年間の宝くじかなんかのコマーシャルで
木村拓哉さんがいわゆる大きな花火を胸に抱えてですか?
わーってやってるとても勇ましい綺麗なコマーシャルがあったんですけど・・

強啓
あ、吹き上げの花火みたいなやつね。


北丸
筒を持ってるやつ。
それでそこの下にですね、「CM上の演出です」って書いてあるんですけど。
これ前、無かったですよね?このテロップ。

安東
ここ数年は、でもありますね。

北丸
数年になりますか?あんまり目立たなかった。
例えば「これは個人の感想です」とかっていうのは
インフォマーシャルなんかでもありますでしょ?

「これはCM上の演出です」っていうのは、
今回初めて気づきましてね。
CMの演出だろう・・CMは演出あるでしょ?
なんでこんな事をいちいち書かなくちゃいけないのかな?っていう

実はそういうテロップっていうのはアメリカから始まりまして
1949年といいますからもう60年近く前ですか?
60年以上前なんですけど。

いわゆるインフォマーシャルというのが始まって
番組の中っていいますか、番組自体としてコマーシャルをするんですけれども
それが「どこまでがコマーシャルなのか?」「意見広告なのか?」
それとも「局が支援している番組なのかどうかっていうのが
分かんないものですから。


だいたい15分以上に関しては「PAIED ADVERTISEMENT」
だというふうに言うんですよね。
つまり、広告料の支払われてる広告だって。

ドラマなんかでも「これはフィクションです」って言い始めたのもアメリカです。
そういう意味ではいろんなところで注釈をつけて
いろんなクレームが来ないようにするというのは
アメリカから始まったんですけれども。

日本でもそういうのはあるんですけど、
どんどんどんどんそういうのが多くて。
全て初めから言い訳と言いますか、クレームに対処して
予防措置としてそのいろんなものを言ってきて。

なんでこんなに言わなくちゃいけないんだろう?
私たち視聴者ってそんなに馬鹿かしら?と思っちゃったりなんかするんですが(笑)

これは一体・・それだけ日本社会っていうのが今、
みんなクレームに怖がっているのか?
それともクレーム自体がとても多いのか?ピリピリしてるのか?

それとあれですよ、地下鉄かなんか行きますとね。
みんなドカドカとぶつかってきたりする人も多いんですよね。
その時にとても不機嫌な顔をして何も言わずに歩み去ってしまって

そういう時に英語では「Excuse you」って言うんですよね(笑)
「Excuse me」って言わない人に対して
「お前さんを許してやるぜ!」みたいな意味で、そういう言い方をするんですけれども。

こちらの人はとってもそういうピリピリしてるというか
苛立っているというか・・そういう感じがしましてですね。

でもただクレーマーがそんなに多い社会っていうのは幸せなのか?っていう
問題はありますけれども、実際多いのかどうか?っていうのがよく・・。

安東
実は私、管理職に2年前になったんですね。弊社で。
でそのお客様からの電話を応対するっていう研修があるんですけども。


もちろん有り難い意見もたくさんありますけども、
やっぱり厳しい意見もたくさん受けました。僕自身も。

なので「多くなったのかどうか?」っていうのは相対的に
どこから比べられてるのか分かりませんけども。
強啓さんどうですか?多くなってるんですかね?

強啓
どうなんですかね?
確かに一つ一つに敏感に反応するようにはなっては来てますね。

安東
そうですね。
そう感じますね、日本にいてると。

強啓
だから消費者意識っていうんですか?
高くなってるのは確かでしょうね。

北丸
それはとっても良いことだと思います。
アメリカはものすごく・・凄いです、モンスターペアレントっていうのは
やっぱりアメリカ沢山いますし。
それからクレーマーも多いし。

ただし、そのクレーマーに対するその予防線というよりも
「そういうものはあるもんだ」というふうに認識しているんですね。
予防線を張ってクレーマーが無いようにじゃなくて、
「クレーマーが来たときに動じないように」っていう文化なんですよ。


まぁそれに対して過剰反応していると、どういう社会になっちゃうか?というと
いろんな事に予防線を張って、いろんな事を準備して
「何かが無い方がいい、無い方がいい」って言ってると
ものすごく何て言うんですか・・規制の多い・・
はっきりものが言えない・・臭いものにフタをした方が良い
みたいな社会になっていって・・

強啓
「自粛」ってよく言いますけどね。
縮こまっちゃってるんですよね。

北丸
そう、縮こまった社会。
何か悪いことが起きないように一生懸命ピリピリしながら生きていく
こういう社会がいいのか?それとも、
何か起きても良いけれども、悪いことが起きてもそれにちゃんと
きちんと堂々と対処する社会がいいのか?

これね、実はものすごく本質的な問題で
日本っていいますか、世界の近代社会ってのはですね
みんなそうやっていろんな個人の発言力が高くなってますけれども。
その発言力一つ一つに対して責任を伴う。

これ実は「権利」の反対、日本語で「義務」と言いますでしょ?
アメリカ社会っていうのは「義務」っていうのは「obligation」じゃなくて
「duty」なんですよ、「責務」なんです。

つまり個人として何かをきちんとやるという責任。
これが「権利」に対する対語なんですね。
その中から自分が個人個人としていろんな社会の問題に対してコミットしていく
(関わっていく)という社会なんです。

そういう意味では例えば、なんかものすごくクレームが来たとしても
それに対して個人として、社会の自立した個人として
どう対処するのか?というのがとても問われる社会。

そうするとクレーム自体がね、理不尽なクレームに対しては
きちんと言い返せる社会なんですよね。
そういう社会を選んでいった方が、もちろんアメリカといってもひどいところもありますし、
銃にものを言わせるというか、そういうところもありますけど。

そういう社会もあるんだけども、日本のいいところと
アメリカのきちんとした個人のきちんとものが言えて、
コミュニケーションが出来て、いいところを併せてね、
やってかないと、そろそろ日本も新しい自民党に政権が戻りましたけれども、
その時にいろんなことを自分たちで考えながら、やってく社会にしてかないと
駄目なんじゃないかな?という感じがするんですよね。

安東
番組のプロデューサーの仕事が昔は「クリエイティビティの発揮」
最近は「リスクマネジメント(危機管理)」って言われるぐらい
変わってきてるのはあるかもしれませんね。


北丸
「マネジメント」というよりもあれなんですよね・・
「予防線」というよりも、リスクが起こらないようにするんじゃなくて
起きて当然なんだから、それに対してどういうふうにきちんと対処していくか?という
そういう方を考えてった方がいいんじゃないかな?と。

強啓
あのね、地下鉄とか電車で僕「そうじゃないかな?」って勝手に思ってるのは
やたら注意をするんですよ。
「ホームを歩くときにはこうして下さい」「ドアの戸袋には挟まれない・・」
もう、分かったよ!っていうくらいものすごい・・。

北丸
「携帯電話に注意して下さい」ってそっちの方がうるさいですよね。

強啓
何故それやるか?っていうと責任回避なんですね。
「言ってますよ、ちゃんと注意しましたよ!
 にも関わらずあういう事故があったというのはこちらの責任ではありませんよ」と
何か言いたいのかな?と私思っちゃうんです。

北丸
分かりますけどね、それはね。

強啓
きっとそれはね、あういうふうに注意しているのに事故ったじゃないかって・・

北丸
だからそれは「予防線」なんですよ。
そういう心理は分かるけれども、そうじゃなくて
起こって当然なんだから、それにどうきちんと対処していくのか?
そういうふうなものを考えた方がいいんじゃないかな?
だから、コマーシャル上の演出じゃなくて、
それがコマーシャル上の演出だと分かってる社会というものを
作っていかないと。

まぁ私のこれも個人的な感想です(笑)

(了)

2013/02/14

ライター・速水健朗が語る「ミリオンセラーって本読まない人しか読まない本と言っても過言ではない」

今回は、2012年12月28日放送「ニュース探求ラジオDig」
「書籍年間ベストセラー」の一部を起こしたいと思います。

音声は、配信期限が過ぎたためありません。

参考リンク:
TOHAN 2012年 年間ベストセラー 総合

江藤愛アナ(以下、江藤)
このランキングをご覧になっての率直な感想を
お二人に伺っていきたいんですが・・。
まずはどうですか?・・大森さん。

大森望(書評家・以下、大森)
いや・・あの毎回そうなんですけど
大体やっぱりこのところずっとダイエット本だとか
実用書が強くて、小説はあまりなかなか入ってこないとか・・
そういうことはあるんですけど。

これ・・あの・・何のベストなのか?っていうのも
問題があって書籍の総合ランキングみたいに言われて
これがでも全部の書籍かっていうとそういうわけでもなくてですね。

これあの「単行本」といわれる形のものなんですね。
例えば「ムック」は入ってないし、「文庫本」も入ってないし
「コミック」も入ってない。

それ以外の全部の本の中のベストっていうことになるので
例えば、小説は実は「文庫本」で売れてるとかね。
一番世の中で売れてるのが「ONE PIECE」だったりするんですけど(笑)
ここには入ってないとかですね。
まぁそういうこともあるので、その辺を考えないと
「あ、今の世の中の人はみんなこういうダイエット本しか読んでないのか」とか・・

藤木TDC(以下、藤木)
毎年、毎年ねそういう危機感を覚えるんですけども、実は同じような・・。

大森
それはだから分母の取り方の問題なので
そのへんをちょっと勘違いしないで欲しいという感じですね。

江藤
なるほど、速水さんはいかがですか?

速水健朗(以下、速水)
とはいえね毎年毎年、出版の流行とか傾向ってあるんですよ!
ただ、本当に出版不況って10年くらい言われてるんですけど。
結構ビジネス本ってここ10年バブルだったんです。

ただ本当に今年というか去年ぐらいから
ビジネス書の編集者たち、ぼく仕事上付き合いある人たちも
「本当にビジネス書もバブルがはじけてきた」と。

でやっぱ、「本当にダイエット本しか売れないよね」って
ことを言い始めていて。
で、今年のトップ10見てみると、「タニタ」って別に今年じゃないんですよ。
ブームになったのってもう2年くらい前じゃないですか?

「人生がときめく片づけの魔法」って近藤真理恵先生
これも今「2」が出てる、「2」が話題ですけど。
「1」がミリオン超えたのって全然去年の話で、
本が出たのって更にもっと前の話だし。


2013/02/05

大竹まことが語る「お笑いスター誕生・M-1・THE MANZAI」

今回は、2012年12月17日放送「大竹まことゴールデンラジオ!」
オープニング部分の一部を起こしたいと思います。

音声は配信期限が過ぎたため、ありません。

大竹まこと(以下、大竹)
俺も眠り疲れて、夢見たんだけど。
夢の中でハマカーンが総理大臣になってた・・。


阿川佐和子(以下、阿川)
ブレンドですね、昨日一日の(笑)

大竹
総理大臣、2人になったんだから!
夢の中で「おかしいな?総理大臣2人ってことは無いんだけどなぁ・・」と思いながら
ハマカーン2人で総理大臣で・・

阿川
2人っていいですね。
なんかこう・・相談し合って(笑)

大竹
それであの2人で「原発反対!叫んで勝利した」出てる。
全然民意と違うのね、俺の見る夢は。
夢だからね(笑)
見たのは夢だからね!わかんないけども・・。

阿川
ものすごい的確なこの・・

大竹
いやいやいや、それにしても選挙も・・ねぇ。
この後、組閣になってどうやっていくのかね?
後ほど太田さんとその事についてはちょっとお話ししたいと思うけど。

阿川
ハマカーンさんの方はどうだったんですか?
私たちはスタジオに入ってて見られなかったんだけど。

大竹
そうなんだよ!
っていうか・・ごめんなさい。
俺、年中忙しいわけじゃないんだけど、大したスケジュールじゃないんだけど
ちょっとタイムテーブルを話させてもらうと。

前の日、俺はたけしさんと「超常現象・・」撮ってたの。
6時間くらいまぁずっと撮ってたの。

阿川
6時間も撮るんですか!
私、出てないんだけど。

大竹
まぁそれくらい撮ったのね。
編集してどうなるかわからないけどね。
それで、たけしさんとふざけてその後たけしさんは「7デイズ」っていうのに

阿川
ああ、安住くんとのね・・。

関連コンテンツ

スポンサードリンク