2012/11/30

赤江珠緒が語る「『いいね!』『いいね!』って『ガッテン!』『ガッテン!』みたいなのが重なっていくんですよね」

今回は、2012年10月22日放送「赤江珠緒たまむすび」
オープニングを起こしたいとおもいます。

音声は、配信期限が過ぎたためありません。

赤江珠緒(以下、赤江)
あのね、大木さん全然こう話は違うんですがね。
この週末、私久しぶりに2年ぶりぐらいに会った友達がいまして。

ビビる大木(以下、大木)
女?男?

赤江
女の子、女の子。

大木
本当?

赤江
で、女の子と会って旅にちょっと出てたんですけど。
その子とね、いろいろと話している中で、
「これ、どうなんだ?」と思う事があるんですよ。

大木
女子同士で話し合った結果?

赤江
今、世の中にあのfacebook?

大木
インターネットでねよく・・

赤江
なんですか?あの顔本みたいな。

大木
顔本ですよ、映画にもなりました!
facebookを作った男の。


2012/11/23

阿曽山大噴火が語る「裁判長、どんなアドバイスなんだ!」

今回は、2012年10月17日放送「荒川強啓デイ・キャッチ!」内
「メキキの聞き耳」阿曽山大噴火さんの回
起こしたいと思います。

音声はこちらから

荒川強啓(以下、強啓)
それでは早速、今日の本題の裁判レポートをお願いします。

阿曽山大噴火(以下、阿曽山)
はい、じゃあいきなりいきますか。
罪名がですね、「迷惑防止条例違反」

強啓
え、罪名が?

阿曽山
「迷惑防止条例違反」なんです。
で、被告人が32歳の男の人です。

事件の内容が、東京都内の本屋さんで
女性のスカートの中を被告人が携帯電話で撮影したという。
盗撮の事件ですね、意外と本屋さんでの盗撮って多いんですよね。

まぁ女性が本に気を取られているうちに、
撮るみたいなのが結構あるんですよ。
男の人が後ろにいても不自然じゃないっていうので
多いんですけど。

検察官の冒頭陳述によると、
被告人は電車の中で女性を触ったという痴漢の前科2犯
盗撮で捕まったのは今回がはじめてということなんですね。

事件当日、被告人が盗撮をしたい!と思って
現場である本屋さんに行きまして。
女性の背後から近づいてこっそり動画で撮影したと。

写真だと「カシャ」っとかって音するじゃないですか?
動画でもう最初に録っておいて近づくという手口で
盗撮をしたんです。

女性は気づかなかったんですけども、
その犯行をですね、お店の店長が見てまして。
「お前、何やってんだ!」と取り押さえたんですけども。
被告人はその動画のデータをその場で消去したんですね。
だから証拠隠滅ですよ。

これでやってないでしょ?ってなるんですけども。
実はですね、この被告人の盗撮していた一連の行動っていうのが
全て防犯カメラに撮られてたと。
撮ってるところを撮られてたっていうところなんですね(笑)
それで警察に付きだしたというこれが事件の詳細なんですね。

で、ここから裁判の話なんですけども。
被告人質問、まず弁護人が聞いたんですけども。
「あなたね、盗撮をするためにこの本屋さんに行ったんですか?」
と言ったら被告人が、
「いや、あの実は私は本を読むのが好きでそれで」って
いきなり誤魔化そうとして、いきなり(笑)

そしたら弁護人がゴホンゴホンって(咳払い)
何にも言わないですけど、ゴホンゴホンって。
被告人が「あ、盗撮のためです」って(笑)

で、弁護人が
「今までの盗撮って何回くらいやったんですか?」
って言ったら被告人が
「あの今年の7月くらいから始めて、6、7回はやりました」と。

「それって全て動画で撮ったんですか?」
って言ったら被告人が「はい」。
「6、7回やった盗撮ですけど、動画はどうしたの?」
と言ったら被告人が、
「その場で消しました」
って言ったら弁護人が
「えーっ!折角撮ったのに!」って(笑)

なんで犯罪者側の「折角撮った」っていう
「なんか勿体ないなぁ」みたいな(笑)
でも被告人はその場で消すんですね。
今回だけでなく今までもその場で消すというやり方だったみたいですね。

で、弁護人が、
「何故、盗撮を始めたんですか?」
って聞いたら被告人が
「実は今年の6月に携帯をスマホに替えまして、
 それでアダルトサイトを見てたら盗撮の画像がいっぱいあって
 自分でも撮ってみようかな?と思ったのがきっかけなんです」

で、弁護人が
「ということは何?あなた女性の下着が好きなの?」
被告人が、
「いや、下着を見ても興奮はしないんですけども、
 盗撮してる行為自体に興奮してました」と。

強啓
しょうがねぇなぁ・・。


2012/11/20

TBSアナウンサー・堀井美香が語る「家族に内緒で行ってるわけだから、完全な不良主婦ですよ」

今回は、2012年10月12日放送「小林悠たまむすび」
オープニングを起こしたいと思います。

音声は配信期限が過ぎたため、ありません。

堀井美香アナ(以下、堀井)
午後1時になりました。
みなさんこんにちは、TBSアナウンサー堀井美香です。

玉袋筋太郎(以下、玉袋)
やったーーー!!!
玉袋筋太郎でーす!!

堀井
やったーーー!!!

玉袋
どうも、どうも、どうも、いやなんか楽しいな。

堀井
すみません!お邪魔します!

玉袋
本当ね、毎週毎週ね同じ顔をみてるより
やっぱ変わった方がいいね、たまには。

堀井
じゃあ来週は田中みな実が来ますね。

玉袋
いやいやいや本当にナタリーお休みだって!ね!
いいじゃないですか!!

堀井
ねー、何してるんでしょうねー。

玉袋
もうなんかね、初めて会ったような感じなんですけど。
何年か前にね一度ラジオでご一緒させてもらって。

堀井
そうなんです。
あのー「松尾雄治のピテカンワイド」という
惜しまれつつ無くなった番組があるんですけれども。

玉袋
そうですよね?丁半博打で負けて・・。
そうゆうことですよね?

堀井
そんなことないですよ!
なんか衰退していったんですけども。
そこで玉袋さんがいらっしゃって、
本をプレゼントして帰って行ったっていうね。
なかなか好印象な番組だったらしくて。

玉袋
僕ですよね?
松尾雄治さんすごい、うちの事務所ですからオフィス北野入りましたから!


堀井
北野オフィスですか?

玉袋
オフィス北野に入ったんです。

堀井
とうとうダブル松尾で。

玉袋
あ、松尾伴内と!(笑)
探ってくる!拾ってくるなー!
やっぱりベテランは違う!何、振ったって来る!うん!
やっぱ20代とは違いますね!

堀井
そんなことないです。

玉袋
わたくし、45歳です。玉ちゃん。
美香さんは?

2012/11/13

大竹まことが語る「ノーベル賞受賞・山中伸弥教授は不器用で手術が下手だった」

今回は、2012年10月9日放送「大竹まことゴールデンラジオ!」
オープニングを起こしたいと思います。

音声は、配信期限が過ぎたためありません。

大竹まこと(以下、大竹)
今日はですね、時間が20分弱しか
オープニングがないので、山中教授。
この話を最初にちょっとしたいと思います、太田さん。

太田英明アナ(以下、太田)
そうですね、あの山中伸弥さんがノーベル賞・・
これは医学・生理学賞を受賞することが決まったというニュースが
日本中をこう駆け巡りましたけれども。

あの詳しい業績はいろんなメディアで報道されていると思うんですけれども。
ちょっとなかなか不器用なところもあるみたいな方なので、
その一面をご紹介したいと思います。


大竹
はい、お願いします。

太田
朝日新聞からの記事なんですが。
元々、整形外科医からキャリアをスタートさせた方なんですね。
手術をする仕事ですけども、手術が下手くそで断念してしまった。

眞鍋かをり(以下、眞鍋)
うそー!

太田
生まれて初めて手術をしたのが、神戸大学医学部を卒業して
研修医になったばかりの25歳。
上手なお医者さんは10分ぐらいで終わる良性腫瘍を取り出す手術が
1時間経っても終わらない!

で、手術台の患者さんに「すまん!」って言ったそうです。

大竹
ヘヘヘヘヘ(笑)

2012/11/09

安住紳一郎が語る「とんでもない情念を持って送出している!」

今回は、2012年10月7日放送「安住紳一郎の日曜天国」
オープニングを起こしたいと思います。

音声はこちらから

安住紳一郎(以下、安住)
さて先週、9月30日ですね。
ちょうど1週間前、9月30日は特別番組の放送がありましたので
この番組の放送は2週間ぶりということになります。
皆さん、お変わりはありませんでしょうか?

そんなにね2週間で変わった!って方もいないと思いますが、
それでもやはり1週放送が空きますと、
ずいぶん久しぶりだなというような実感がありますね。

中澤有美子(以下、中澤)
本当ですねー、ええ。

安住
「久しぶりだなぁ」という実感があるという綺麗事では済まないですよね。

中澤
アハハハハハ、アハハハハハ(笑)

安住
まぁこれ以上は言いませんけれども。
そうですね、やっぱり1週休むと身体が正直なもので。

中澤
反応してしまいますよね。

安住
反応してしまいますよね、やっぱりこう・・
負荷を感じますよね・・。
無い物ねだりですけども。

中澤
本当ですよね・・。
そうそう、こういう感じなんだーって。

安住
先週の日曜日は私を含め、出演者、中澤さんもそうですが
スタッフ一同休みを頂きました。

ラジオは特別番組が組まれるということが、
実はほとんどないんですよね。
お気づきの方も多いと思いますが、
お正月にしろ年末にしろ、上半期・下半期の区切りにしろ
スペシャル番組、いわゆる期首期末特別番組というようなものが
編成されることが少ない!

テレビはお正月、年末年始4月・10月、
ちょうど今の時期あたりもそうですが、
特別番組目白押しです。
2時間スペシャル、3時間スペシャル、4時間スペシャル
最近は6時間スペシャルというのもあるますからね。

そのあたりはたいへん対照的だなというふうに思うんですが、
そもそもラジオはあまり単発ものの番組が1回放送の読み切りもの・・
聞き切りものは少ないですからね。

「警察密着24時」とか「16人大家族スペシャル」とか
そういうものはラジオはまずありませんし、
それから普段放送しているものの拡大スペシャルというものの
ほとんどないですよね?


「お正月だよ!ドラえもんスペシャル」みたいな。
「荒川強啓クリスマスだよ!スペシャル」そういうのは無いですよね。

2012/11/04

山里亮太が語る「田中みな実に教えたい『いい人』とは?」

今回は、2012年9月25日放送・「赤江珠緒たまむすび」
オープニングを起こしたいと思います。

音声は、配信期限を過ぎたためありません。

田中みな実(以下、みな実)
午後1時を回りました。
こんにちは、TBSアナウンサーの田中みな実です。

山里亮太(以下、山ちゃん)
いやいや、気取ってない!?
気取ってない?今のあいさつ!

みな実
そんなことないですよ。

山ちゃん
「午後1時を回りました・・」いや、気取ってない?
そんな人だっけ?

みな実
そうですよ!お昼バージョンですから!

山ちゃん
あ、そう?ビックリしちゃった。
「お昼バージョン」?あ、使い分けてらっしゃるんですか?

みな実
そんなこと無いですけれども!

山ちゃん
あ、すみません。お邪魔しましてー。
南海キャンディーズ・山里亮太でございますけども。

そうか今日はね、お聞きの皆様、赤江さんは夏休みということで
この1週間はTBSのアナウンサーの方が日替わりで担当と言うことで。
まさか私、この火曜日に田中みな実さんが来てくれるとは思いませんでしたよ!

みな実
あれ?私名乗りましたっけ?
名乗りましたよね?TBSアナウンサーの田中みな実です。
もう一度ね、言っておこうと思いまして。

山ちゃん
自分が名乗ったかどうかもわかんなくなっちゃってる。

みな実
ちょっと本当に緊張してるんです。
久しぶりのラジオということで、生放送ということで。

山ちゃん
緊張とかされるんですか?田中さん!

みな実
しますよー!もう4年目ですけれども。

山ちゃん
入社4年目!いやーいろんなところで活躍されてるじゃないですか!
基本的に活躍してる場所は雑誌「BUBKA」とかでしか見たことはないですけど(笑)


みな実
それは活躍って言うんでしょうか?

山ちゃん
自分の意識と関係無いところで活躍してらっしゃる。
しかし、この昼のラジオに対する意気込みが今日はすごいと聞いてますよ!

みな実
もちろん、全てのお仕事に対して真剣に取り組んでいますので。

関連コンテンツ

スポンサードリンク