2012/10/06

伊集院光が語る「基本的に24時間テレビの開催は賛成派ですよ」

今回は、2012年8月27日放送
「伊集院光 深夜の馬鹿力」ポッドキャストを起こしたいと思います。

音声はこちらから

伊集院
えー、あの話題いきますか?
24時間テレビ。

24時間で・・これね最初にはっきりさせときますよ!
基本的にどっちかっていうと僕、24時間テレビの開催は賛成派ですよ!
賛成派!


で、いろんな意見があるじゃないですか?
その-・・偽善であるとか、何であるとか・・。
あとどれくらい正しいのか知らないけど、
「制作費がいくらかかってるのに結局集まるお金がいくらだ」
みたいなことを言うじゃないですか?

あと、タレントがギャラもらってんじゃねぇか?とか
そういうその細かいこととかは僕の中では全部抜きなんです。
全部抜きで。

まぁピーク時より下がってるかもしれないけれど、
今回も番組の終了時点で2億8千万かなんかの募金が出てるでしょ?
「もうそれでいいじゃん」っていう。

よく言う、「じゃあ休んで制作費を全部寄付すればいいじゃねぇか!」
っていう話に関しては・・。
いやだから、休んだらその制作費を出してくれるところは無いから
それはもう机上の空論で「言ってもしょうがないじゃない」っていうとこなので。

まぁ僕理論は去年も発表しましたけど、
「むしろ愛と絆だ大切だからやってるんだからやってるんであって、
視聴率やその募金額やそういう問題じゃないんですよ」みたいな
言い訳をしたからには一生やれよ!っていう俺の中では
もう「止めるの禁止」みたいなところ。
だからある意味、超賛成派言ってもいいでしょう。

あのー、手短に、手短にね。
今年の24時間テレビの・・。
ちゃんと見たのは「ヤングマン」のところと、
あとは走ってんなってところを何カ所か見たんですけど。


まず1つは24時間テレビ始まる前の事前の番組とかからも
ちょっと思ったんですけども。
あのー両方の意見を言えるんですけども・・。
佐々木健介夫婦の子供たちの・・特に次男のテンション低過ぎねぇ?
その(笑)・・次男のイヤイヤ感っていうか・・シャイなのかな?
シャイネスボーイなのかな?

長男はわかんないけど、ハキハキした子じゃないけど
これテレビ的に「ここ行かなきゃいけないな」みたいなところを
すごい理解してる感じが俺の中では「子供ってそうじゃなくてよくない?」って思うのね。

なんかすごく長男の頑張ってる、そういう意味での頑張ってる。
走ってるところじゃない、そこ頑張ってるところに心打たれるのね!
この空気の中で「調整するのは僕だ!」っていう感じが打たれるのね!

次男の「まぁー乗ってないね、この企画」っていう感じの
どのタイミングでも全員の、羽鳥アナだったり他のレポーターの人だったりの
期待を一身に背負って来る「わかるな?」っていうマイクを全て裏切っていく(笑)・・感じや。

あとそうね・・「24時間テレビ史上初のリレーによる・・」みたいなやつは、
別にお前らの決めるルールだから(笑)
別にそこの「史上初」を「オリンピック史上初」みたいなそういう空気にするのを
「何なの?」って思いながら見てたのと。

なんかすごく頓珍漢っつーかね。
もう頓珍漢だって、既に24時間テレビは俺の中で「奇祭」って感じだから
なんかわかんないけど「もう決まりだから」っていう。
マラソンするとかしないとか、何のためにマラソンをするんだ?みたいなことは、
「もうそういうもんだ」っていう。

「何でこどもの日に柏餅食ってるんだ?」
「で、その柏餅食った後の葉っぱを股間に付けて『アダムとイブ!』ってやるんだ!」って
「みんな!全員が全員!どの家庭でもやるんだ!」って言いますけど・・。
「それが端午の節句なんです。」ってことだったりとか。


なんかわかりませんけども、ハロウィンの日に「何でカボチャを?」っていう。
「何でカボチャを人の顔にくりぬくの?」って言われても、
「何か由来があるんでしょうけども、そんな、そんな!」っていうやつだから。
「いいや」って流すもんだと思うんですけども。

今年の奇祭ぶりがすごいと思ったのが、
テーマの中にいつもやっぱり、言い方難しいんだけど
「ハンディキャップあるんだけど頑張ってますよ」っていう人をすごく応援する
テーマが絶対あるじゃないですか?

それと更にその地震以降もみんな
「自分はこの事で勇気づけられて頑張ってます」っていうのがあるじゃないですか?
更には、「節電」っていうのがあるじゃないですか?

この3拍子がすごい奇祭っぽくなってるじゃないですか?
この3拍子がどうにもこうにも統制が・・辻褄が合わなくなってるなと思うのが、
まず、「節電」つって深夜帯もずっと平均17%取ってることって喜んでいいの?
って思うんだよね、だってテーマ「節電」だったら、
「我々はずっとチャリティーをやってますが一旦テレビを消しましょう」って話じゃんか?
野暮な話をするようですけど!

そこがなんかわかんないけど、なんかわかんないけど!
「平均の数字上がりましたよ!」って事とどういうふうに両立するもんなの?
って思うのが1個。

それと丁度パラリンピック直前「これから開催されますよ」っていう時期に
「え、そこは行かないんだ!」っていう感じ。
更には、これ北海道もネットされてますから北海道の方はどう体感されたかが
重要なんですけど、途中で地震がそれも震度5弱っていう
北海道からしたらけっこう大きな地震が来るんだけど、
「そこの情報も行かないんだ!」っていうあたりが
もうかなり24時間テレビの奇祭ぶりというか、なんかわかんないけど
うーーー・・・。

もはや、元々の事とか関係無いっていう、
ただただ巨大な男根を街道沿いずっーっとみんながわっせわっせって運んでる感じの。
「その街道は元々その先に神社があって田んぼのど真ん中だったから、
その頃は田んぼに神さまが種付けをすると豊作になる」
っていう事だったんで男根だったんですけども。

「今、もう既に街道の周りにマンションがいっぱい建ってますし、農業がほとんど無いんです。」
「でも男根は行きます。ただ男根は素材が軽くなったんですよ!」みたいな(笑)
「そこ?そこなの!」みたいな。
だから外国人が見て”Oh!crazy!big penis!! big penis!! AHAHAHAHA!”
ってなってるやつが・・なんかその感じを受けちゃうんですよね。


ただなんかここの発言ばかりクローズアップされると、
超反対派みたいになるんですけど、それでも2億8千万っていう額が
困ってる人に行き渡るということに対して
「まぁそこはそれなんじゃないの?」って思ったりするのと。

あと年々不況もあって確実になってると思うんだけど。
もはや視聴率がグンッと上がっているのに、
募金額が下がってくってことは見方が「どうなるんだか、見てやろうか?」っていう
「またグダグダになってるよー」っていう見方を占める方がガンガン増えてる様な気がして。

スポンサーにお金を出してもらおうとしたりする企画書の中で、
割と支えになるのは「今年、視聴率が歴代○位までまた伸びました」
みたいなことが支えになるわけで。
そうやって考えると、支えてるのは下手したらアンチの人が
かなりの部分支えてんじゃねえかな?っていうのをね。
まぁ私こと「デンジャラスクイーン」は(笑)
まぁ僕も膝が今、痛いんで。デンジャラスクイーンは思いましたね。


あ、今すごい面白くなるところで池田ディレクターが「CM」って言ったから・・
すごい面白くなるところなのに・・
なんで時間配分がいつまで経っても出来ないんだろう・・。
何なんだろう?ちゃんと佐々木健介親子は時間にゴールしてるのに!
何でこの程度のことが何年経っても!!!はあーあ!!

(了)

関連コンテンツ

スポンサードリンク