2012/08/29

裁判傍聴芸人・阿曽山大噴火が語る「大阪弁護士会が作ったゲームが良く出来てるんです」

今回は、2012年7月16日放送「荒川強啓 デイ・キャッチ!」
「メキキの聞き耳」阿曽山大噴火さんの回を起こしたいと思います。

音声は、こちらから

荒川強啓(以下、強啓)
今回は、裁判レポートじゃなくてゲームだそうで。

阿曽山大噴火(以下、阿曽山)
はい、そうですね。
パソコンゲームの話をさせていただこうとか思っておりまして。
そのゲームのタイトルがですね、
「ゲームで裁判員 スイートホーム炎上事件」
というゲームなんですよね。

これはですね、タイトルで分かる通り
裁判員に関するゲームなんですけど。
なんとですね、大阪弁護士会が作ったゲームなんです。
大阪弁護士会のホームページでダウンロード出来るんです。
しかも無料です、誰でも出来るんですけど。

なんと公開から2ヶ月経って1万5千人がダウンロードするという
それなりに地味なブームになってる裁判員のゲームです。

ちなみにこれ作った人が弁護士さんで
その人が脚本が書いて、プロのアニメーターにイラストを依頼して
本当に良く出来たゲームなんですけど。

これを大学で課題として出したところもあるらしいんですよ。
だから単なるお遊びじゃないっていう・・。

強啓
深いんだねぇ・・。

阿曽山
「勉強にもなるし・・」っていうゲームなんです。
で、実際どんなゲームなのか?っていうと、
自分が裁判員の1人になってその裁判に参加するゲームなんです。
だから自分の選択肢・行動によって被告人が
有罪にもなるし無罪にもなる。どうなるかわからない。

自分が裁く事件っていうのが、中村さんっていう被害者なんですけど。
その家が火事になりまして、そこの奥さんが死んじゃうんです。
被告人が放火しただろうと疑われていると。
ゲームなのに人が死んでたりして重いんですね。

いきなりゲームが始まるのが、評議室というところから始まるんです。
自分が裁判員に選ばれたっていうところなんですよね。
そこに裁判官3人がやってきて自己紹介するわけです。

裁判長が西条裁判長。
女性の番場裁判官、若い菅野裁判官ですね。
そしたら、ここに選ばれた裁判員が6人いるわけですけども。
一番若い男、緑の髪の毛をした男なんですけども。
その人が「3人の頭文字を合わせたら、西・番・管(さいばんかん)やんけー!」と。
こういうツッコミが入るんですよ。



強啓
必要なの、それは(笑)

2012/08/19

小林悠が語る「リカちゃんをリカ先輩と呼ばせて頂きたい!」

今回は、2012年7月6日放送「小林悠たまむすび」
「小噺はるか スナックママへの道」を起こしたいと思います。

音声は配信期限を過ぎたため、ありません。


小林
今日ですね、「朝ズバッ」でですね、
ご覧になった方いらっしゃったですかね?
「目のつけドコロ」というコーナーがありまして、
そこに「なでしこジャパン」の制服を身につけた「なでしこリカちゃん」が
7月21日に発売されたっていう話があったんです。
6,000体限定で、3,780円


玉袋
どうなのかな?高いのかな?

小林
リカちゃんの中では高いほうなんです。
実際「なでしこジャパン」のユニフォームをそのまんま
縮小したものを身につけて背番号12で。
で髪の毛がちょっとフワフワフワッとしてて。

玉袋
売れちゃうよ!そういうのは。

小林
相当売れると思います。
問い合わせも殺到しているらしくて・・。

玉袋
で、顔も澤さんみたいな顔してるわけ?

小林
・・・・・・・・いえ。
リカちゃんの顔ですね。

それが大変人気なんです。
私けっこうそういうのが好きな方でしてね。
お人形とかね・・。

玉袋
好きだよー、ラブドール、ラブドールが好きだよ。

小林
ラブドールじゃないですよね!
夢いぬラブラドールです!!うちにいるのはね。
「ウィンダム」と名付けたロボット犬がいたり。
仏像のフィギュアがあったり、ウルトラマンのフィギュアがあったり。
そんな中、バービーちゃんとかリカちゃんとかも実はお部屋に置いてまして。


玉袋
バービーちゃんが外タレだよね?

2012/08/16

漫才師・スパローズが語る「貧乏のレベルが違うので、あいつだけ目が違うって言われた」

漫才師・スパローズが語る「貧乏のレベルが違うので、あいつだけ目が違うって言われた」

今回は、2012年7月5日放送・大竹まことゴールデンラジオ!
「大竹メインディッシュ」スパローズさんの回を起こしたいと思います。

音声は配信期限が過ぎたためありません。

大竹まこと(以下、大竹)
ようこそいらっしゃいました。
あのー、これラジオなんだけど。
どう言ったら「あ、スパローズだな。どっかで見たな!」っていう
テレビでちょっと見たことありますとか無いの?

森田(スパローズ)
あ、去年THE MANZAIで一歩手前のワイルドカードで
落ちちゃったんですけど・・。

レッドカーペットに出して頂いて、「15周年」っていうネタで
自虐のネタをやったことがあったんですけど。
「GLAYと同期」とかなんか叫んだりとかしながら・・


大竹
それオンエアになったやつ?

大和(スパローズ)
それでレッドカーペット賞いただいて、
「これで間違いなく売れる!」って事務所がいった矢先に、
そっからレッドカーペットが終わっちゃって・・。

森田
そっから今、3年経った状態で。

大竹
えっ!今の話は3年前の話なの?

大和
「どこかで見たことある」を頭の中で
引き出してみたら、3年前が出てきました。

大竹
ああ・・他には?
「どっかでスパローズ・・」
だって2人ともさぁ・・おいくつですか?

スパローズ
35です。

大竹
ねぇ、2人ともガタイはいいしさ、身長は高いしさ。
特に、大和くんなんかは身体鍛えてるの?

大和
いや、あのぴっちりしたシャツなだけで
もうなんか初老の身体・・(笑)

大竹
俺、振り方間違えた?
なんか身体鍛えてボクシングやってますとか
そういうのがあると思ったら。

スパローズ
無いんです、全然。

大和
同じ高校のサッカー部で元々知り合って。

大竹
えっ、サッカーなの?2人とも。

光浦靖子(以下、光浦)
じゃあ、あれだ!
学園の人気者から来たパターンの人だ!ああー!

大竹
ちょっと間違えばとんねるずみたいになった感じが・・。

森田
高校の時はワーワー言われてて。

光浦
ちょっと格好良くて面白くて。

森田
で、福岡吉本の華丸・大吉さんがやっている番組が高校に来たんですよ。
それで高校の時にテレビに出てそのまま福岡吉本に最初入ったんですよ。
「簡単に売れる!」と思って。


2012/08/07

小林悠が語る「美容院って恥ずかしいことだらけなんですよ」

今回は、2012年6月29日放送・小林悠たまむすび
「小噺はるかスナックママへの道」を起こしたいと思います。

音声は配信期限を過ぎたため、ありません。


玉袋
ねぇ、毎回毎回ねハイスコアを叩き出しているこのコーナーですよ。
今日あたりはね、ちょっとさ女の子らしくやってよ。

小林
そうですねー。アナウンサーらしいね・・。
今日はつまんないかもしれない・・。

玉袋
まぁまぁちょっと、訳を聞こうか、どうした?

小林
あのー、玉さんいつもと私違うのわかりません?

玉袋
どうしたの?何だろ、何だろ?
あ!髪型が!

小林
そう、まぁちょっとしか変わってないんですけどね。
ほとんど変わらないんですけどね。
まぁあのちょっと日曜その・・
先週の日曜日ですかね?週末、久々に美容院行きましてね。

玉袋
美容院ってだいたいどれくらいの頻度で行くわけ?

小林
私、あんまり美容院って好きじゃないっていうか・・
あんまり行かないので。

玉袋
好きじゃないって(笑)
自分でチョキチョキ切る派?

小林
やっぱりね、メイクさんが付いてくれるので。朝の番組やってると。
なので、ある程度前髪が伸びていたりしても、
ちゃんと上手い事やってくれるんですよ。
あんまり頻繁に行かないで、2月にいっぺんとか。
たぶん女の子にしては少ない方。

玉袋
でも、カリスマ美容師がいるところじゃないの?

小林
うちの近所の非常に楽チンなね。
でもイケメンが多いんですよ、すごく若いイケメンの多い、
けっこう名前の知れた美容院なんですけどね。
お家の近所だから、楽チンなんですよ。
思うんですけどね、玉さんそもそも床屋さん派ですか?美容院派ですか?

玉袋
いやー、俺は床屋さん派だったんだけど、歳を取ってくると、なんか美容院・・。
いま僕、青山のヘアサロンですよ。

小林
えーっ!ちょっと私よりたぶん高いですよ!

玉袋
僕が行ってるところは、アントニオ猪木さんも一緒ですよ。
そうですよ!有名なところですよ。
ホンジャマカの石塚さんとかね、アンタッチャブルの山崎とか来てるらしいよ。
山田邦子さんも一緒だよ!

2012/08/01

山田五郎が語る「「ザ・ピーナッツはただのアイドルじゃない」

今回は、2012年6月28日放送「荒川強啓デイ・キャッチ!」
「デイキャッチャーズ・ボイス」山田五郎さんの回を起こしたいと思います。

音声はこちらから


山田五郎(以下、五郎)
これね昨日から報道されてますけども。
1960年代、昭和の高度成長期に一世を風靡した双子の女性デュオ
ザ・ピーナッツの伊藤エミさんが6月15日にガンのために
71歳で無くなってたって事が昨日報道されましたよね。
まぁ大変なショックで同じ思いの方も多いのではないか?
と思うんですけれども。

伊藤エミさんというと、双子のお姉さんの方ですよね?
エミさんとユミさんで。
本名は日出代さんと月子さんで太陽と月なんですけれども。
まぁ双子だからピーナッツのお豆が2つ入ってるのと同じ
「ザ・ピーナッツ」っていう芸名だったんですけども。


エミさんは日出代さんで太陽の方で、本物のほくろがある方ですね。
で、主旋律・・ハーモニー担当の方。
そしてジュリーこと沢田研二さんの元奥さんだったほうの方が
伊藤エミさんなんですよね。

そういう意味でジュリーファンの私としては、
また感慨もひとしおなんですけども。

このザ・ピーナッツ、単なるアイドルとか人気歌手っていうのじゃなくて
僕はね、日本の高度経済成長の象徴であり、
それで日本のポップ・ミュージックの歴史そのものだというふうに思うんですよね。

今かかっていた「情熱の花」これありますよね?
1959年にデビューして、まぁ「可愛い花」っていうのでデビューするんですよね。
次にこの「情熱の花」っていうのがヒットするんですけども。


関連コンテンツ

スポンサードリンク