2012/07/28

元・日テレアナウンサー町亞聖が語る「18歳から始まった介護生活はおよそ15年」

今回は、2012年6月27日放送大竹まことゴールデンラジオ!
「大竹メインディッシュ」町亞聖さんの回を起こします。

音声は配信期限が過ぎたためありません。


大竹まこと(以下、大竹)
ようこそいらっしゃいました。
たまに日テレなんかですれ違ったことがある程度で
お仕事はしたことがないんですけども。

町亞聖(以下、町)
はじめましてです。

大竹
はじめまして。
でもいつもね、なんかこう颯爽とされていらっしゃって。

水谷加奈アナ(以下、水谷)
スタイルもいいし・・。

大竹
素敵なね、感じだった・・。
今日来てこのちょっとした略歴見て、僕びっくりしちゃって!!
すごい略歴ですね!


まぁそうですね、略歴と言うにはもうなんか・・
昭和の時代の苦労話みたいな感じなんですか(笑)

大竹
ちょっとだけこの最初のご紹介のところの前振りだけを。
皆さんも「どんな方か?」たぶん僕と同じように
町さんのことは颯爽としたキャリアガールみたいなイメージだと思うんで、
ちょっと紹介させて頂いてよろしいですか?


はい、よろしくお願いします。

大竹
「お父さんと不仲で」(笑)


いきなり入りました(笑)


「家計も厳しくとにかく高校を卒業したら家を出ようと思っていた。
お母さんが40歳でクモ膜下出血で倒れて、半身麻痺で車いすの生活になった母。
小学生の妹、中学生の弟がいて介護が出来るのが自分しかいなかった。 
介護をしながら奨学金で大学に進学。
アルバイトをしながら家計を助け、アナウンサーの夢は捨てなかった。

日本テレビに入社、しばらくしてお父さんに『家を買って欲しい』と言われる。
たしかに車いすの母には手狭な家だったので、ローンを組んでマンションを買う。
就職してしばらくして妹・弟も介護に協力していてくれていたんですけども、
お母さんが倒れてからおよそ8年、お母さんが末期ガンと診断され更に介護が大変。
そしてお母さんは50歳を目前にお亡くなりになりました。

それからしばらくしてお父さんが胃ガンになり、手術は上手くいったんですけども
お母さんが亡くなった悲しみから抜け出せずに心の病にかかってしまう。
自分や妹の作った料理には手を付けずにお酒ばかり飲んでいた。

お母さんが亡くなってからおよそ5年後、お父さんが亡くなる。
18歳から始まった介護生活はおよそ15年。
はじめて自分のために全ての時間を使って良いという状態になったが、
『今、何をしていいのか?』わからなかった。
昨年、フリーアナウンサーにおなりになりました。」

すごい!そんなふうには全然!
テキパキお仕事をなさって!


2012/07/23

カンニング竹山が語る「芸人を諦める年齢が上がってきた」

今回は、2012年6月25日放送ニュース探求ラジオDig
「カンニング竹山の黒ぶちメガネ」を起こしたいと思います。

音声は配信期限を過ぎたため、ありません。


カンニング竹山(以下、竹山)
はい、えーと・・あれですよね?
芸人の話ですよね・・をしようと思ってたんだよね。
ああ、そうだそうだ別のこと考えてた、ごめんなさい。

あのね、僕41なんですよ。今、歳がね。
でちょっと最近若手と話す機会があったり、
若手で今、30代で「お、これ売れそうだな」って勢いある人と
この間しゃべったりとか。

あと昨日、ネプチューンの名倉さんのライブちょっと出させてもらって。
名倉さんと久々に・・20歳ぐらいの時に同じ事務所だったので
それですごい可愛がってもらってたんですけど。


名倉さんと久々にいろいろ喋ったりしてて、
いろいろ感じることがあったんですけどね。

僕41で芸歴21年。
東京でカンニング組んだのがちょうど20歳ぐらいの時で、
そっから29歳くらいでだんだん変わってきたんですよ。

28歳くらいで、「もう、これやばいな」と借金もあるし
もう辞めなきゃいけないなっていうのがありまして。
「じゃああととりあえず1年、30歳までやってみるか!」と。

30歳までがむしゃらに何でもいいからやってみて、
駄目だったらもう辞めなきゃいけないって何となく思ってたわけですね。

実際、20歳からカンニングを始めたとすれば、
だいたい8年目とか9年目くらいの時に、「あれ食えるかもしれない・・」っていう。

なんでか?っていうと、いろいろギャラとかが入って来たりとか
仕事がちょっと入って来たりとか、「あいつら面白いね」って言われたりっていう
流れが来たんですよ!

深夜のネタ番組出たりとか、オーディション受かったりとかあったんですけど。
それでちょうど30歳、31歳ぐらいの時に結構テレビに使われ出して、
で、皆さんにカンニングって覚えてもらうっていう時期が来たんですけど。


2012/07/16

ライター・藤木TDCが語る「卯月妙子『人間仮免中』は今年一番衝撃を受けた本」

今回は、2012年6月21日放送ニュース探求ラジオDig
DigTag「藤木TDCのCDT」を起こしたいと思います。

音声は、配信期限を過ぎたためありません。

藤木
今日紹介するのは、『人間仮免中』という
「仮免」っていうのは自動車なんかの運転免許の「仮免」ですね。


江藤
まだ人間じゃないって事ですか?

藤木
うー、そういう意味合いを含めてだと思うんですけども。
マンガの本でですね綺麗な黄色い表紙ですごい可愛い本でしょ?

江藤
なんか一見ちょっとマンガじゃないような気がしますよね?

藤木
うん、かなり分厚くて330ページくらいあるマンガなんですけども。
この1冊で完結してる本で。

内容について話す前に・・
僕ね、あまりマンガっていうものをそれ程みんなほど読まない人間で、
週刊のマンガ雑誌なんかはたぶん1冊も定期購読してるものがない人間なんですよ。

自分で書いたりしている『漫画ナックルズ』とかそういう雑誌っていうのは
送られてくるんで読むんですけども。
基本的にねマンガを読む絶対数っていうがすごく少ない人間で。
お仕事関係で、ラズウェル細木さんのものとか読んだりするんですけどね。
ウナギの本とかね。江藤さん持って帰ったりしてましたけど。


江藤
はい、私の大好きな・・、堪能しました。

藤木
映画で話題の『テルマエ・ロマエ』とか一度も読んだことがないんですよね。
家でマンガ読むとしたら、松本零士の戦場マンガシリーズとか、
あと、梶原一輝の『愛と誠』を読み返したりとか。


古い昔読んだマンガを読み返して、
「あっ!こういう事だったんだ!」って再発見をしてニヤニヤしたりするような
その程度のマンガ読者なんですけども。

最近ね、知り合いからね。
「卯月妙子の『人間仮免中』読んだ?」って
何回も何回も言われるんですよ、会う人ごとに。

2012/07/14

安住紳一郎が語る「アメリカンチェリーが逆襲を始めたよ」

今回は2012年6月3日放送、安住紳一郎の日曜天国
オープニングトークを起こしたいと思います。

音声はこちらから


安住紳一郎(以下、安住)
さて6月に入りまして果物の美味しい季節が近づいてきましたね。
皆さんはお店・スーパーなどで最近はどのような果物を見かけましたでしょうか?
そして、買いましたでしょうか?

これから本当に果物の美味しい季節になって
サクランボですね、それから桃と続いてメロン・西瓜。
さらにはブドウですね、夏に向け果物のビッグスターたちが
次々と売り場を賑わすということになるわけですが、
こんなに暗い口調で果物の話をされても皆さんも困ると思いますが・・。


中澤有美子(以下、中澤)
ハハハハハ。
はい、なんかいい話なのかちょっと今わかりかねるので、
様子を見てました(笑)

安住
怖いですよね、こんな声色で。
「これからは、さくらんぼの季節ですね~」みたいな事を
言われても困るわけですが。

私は特にサクランボが好きだと言うことは、
何回も話してきたので覚えて下さってる方もいらっしゃる方も
いるとは思いますが。

特にサクランボが好きで、食べる・食べないに関わらず
注意深くサクランボの動向を常々観察しております。

食べる・食べないに関わらずですね。
わたくし、比較的スーパーとか覗くのが好きなものですから、
体が冷えるまでスーパーの売り場をうろうろしております(笑)
さすがにもう「寒いな」と思うと、外に出るんですけども。


そして今年、正しくは昨年くらいからなんですけど。
これは皆さまにサクランボを毎年観察している者として、
皆さまに「これはお伝えしなければならない!」との確信に至った現象があります!

なので、今日少し時間を使って
皆様にお伝えしたいと考えております。

中澤
ああぁ・・、はい。

安住
結論から申し上げますと、本当にふざけてるわけじゃないんですが・・。
結論から申しますと、皆さん!
アメリカンチェリーが逆襲を始めましたよ!ということです。

アメリカンチェリーの逆襲が始まった!うん。
既に気づいている方も多いと思うんですけど。
これは本当に大きな転換期です、大事なことなのでもう一度言いますけど。
「アメリカンチェリーが逆襲を始めたよ!!」


2012/07/08

カンニング竹山が語る「INAC神戸はこうやって作られた」

今回は、2012年6月4日放送ニュース探求ラジオDig
「カンニング竹山の黒ぶちメガネ」を起こしたいと思います。

音声は配信期限を過ぎたため、ありません。


カンニング竹山(以下、竹山)
はい、どっから話そうかな・・?
昨日ね、神戸に行ってたわけです。

実は、これ余計な事なんですけど、金曜日の昼間から
昨日の神戸から東京に帰ってくるまで、
すごいメチャクチャなスケジュール組まれてて。
「寝れねえじゃねぇかよ!」って行ったら、
「新幹線で寝て下さい」って言われるようなスケジュールやってたわけ(笑)
でやっと昨日、東京に夜帰ってきたんだけど。

土曜日から行ってまして、何で行ったか?っていうと。
他局になりますけどBS FUJIってところで
安めぐみちゃんとDAIGOともう9年くらいやってる番組があって、
もう1個BS FUJIで「なでしこTV」っていうのをやってるわけですよ。
なでしこを応援する、INACを応援する、「INAC TV」か!


別番組でBS FUJIでやってるけども、
ちょっとそこともコラボというか協力という感じで
僕らの番組もなでしこの方に行ってみますみたいなことで、
行ったわけです。みんなで泊まりで。

で、それで結局昨日INAC神戸の試合を見ながら、
お手伝いもするみたいな。
で、ちょっとINAC神戸も僕らの番組に紹介もさせてもらいます、
その代わり僕らもお手伝いさせてもらいます、BS FUJIも紹介させてもらいます
みたいなことを1日やってきたわけですよ。

それを実現させてくれたのが、INAC神戸のGMの酒井さんって方で、
この方が年ははっきり聞いてないんだけど結構若い方でしょう、
30代後半くらいでしょう。

この方がすごく僕に良くしてくれて、何故か?って言うと、
TBSラジオでやってた「生はダメラジオ」のリスナーだったわけですよ。
当時ちょっとサッカー関連のお仕事でこの方トルコの方にいらっしゃって、
海外とかでほとんどサッカーの仕事をずっとしてたんですけど選手じゃなくてね。
トルコからTBSラジオをPodcastとかで聞いて、メールくれたりとかしてて。


その関係があったんで、竹山が今回別の局のことで来るという時も、
「絶対、竹山に会いたい!」と、
「じゃあ竹山さんにこれやらせましょ、あれやらせましょ!」
ってやってくれてたわけ、俺知らないところで。

で、昨日会いまして1日INAC神戸の試合を見てたんですけども。
まずね、INAC神戸って正直言うと一番有名なところなんですね。
澤さんとか川澄さんとかみんないるようなところなんですよ。
場所はね、神戸にスタジアムがありまして開閉式のスタジアムなんです、天井が!

外山恵理アナ(以下、外山)
すごい!じゃあ雨の時でも晴れの時でも・・

竹山
ヴィッセル神戸のホームでもあるわけ。
だいたい3万、4万人入るのかな?ってところだったんですけど。


2012/07/07

山田五郎が語る「オリンピック直前のロンドンはこうなっていた」

今回は、2012年5月31日放送荒川強啓デイ・キャッチ!
「デイキャッチャーズ!ボイス」山田五郎さんの回
起こしたいと思います。

音声はこちらから


荒川強啓(以下、強啓)
はい、2泊4.5日で行って参りました(笑)

山田五郎(以下、五郎)
弾丸ツアー行って参りましたよ。

今回のロンドンオリンピックは、
俗に「イースト・ロンドン」と呼ばれるロンドンの中心部の
金融街の「シティ」ってありますよね?
あれより東、ビショップスゲートっていう通りより東の方の下町地区
「イースト・ロンドン」と言われる地帯で開催されるんですよね。

ちょうど日本で言えば、兜町より東にある
浅草とか両国とか向島とか墨東地区とかそういう感じの
下町なんですよ。


その、ハイドパークとかボンドストリートとかがある西側の
高級感のあるところとは違って。
「イースト・ロンドン」っていうと昔から貧しい労働者や移民が多い地域でね。
かつては治安が悪いこともあって観光客は事実上ほとんど行かない場所だったんです。

だから今回のオリンピックには、
そんな「イースト・ロンドン」を再生させようという狙いも
あるんじゃないか?と思うんですよね。

ただ、「イースト・ロンドン」自体はそういう地区なだけに
家賃も安くて、ちょっと刺激的ということもあって
結構、10年くらい前から若いアーティストが移り住んで、
この辺も東京の東に似てるんですけども。

強啓
東京の墨東地区は治安はいいですけどね。

五郎
はい、そうですね。
グリニッジビレッジみたいに逆に人気が出て家賃が上がっちゃうっていう
これを英語で「ジェントリフィケーション(Gentrification)」という現象が起きちゃって。
それがオリンピックが更に加速して、家賃が上がって
貧しい労働者が住めなくなるんじゃないか?っていう不満があるわけですよね。

一方で、移民の人たちっていうのは
安い公営住宅が提供されているわけですよ。
だから、「イースト・ロンドン」の中心地の団地みたいなところは
移民の人がばっかり住んでるわけ。

それは不公平だろうというんで、
白人労働者階級の不満が募ってるわけですよね。

移民の人たちの中でここのところ増えているのが、
バングラデシュとかパキスタンからの移民の人が・・。

強啓
アジア系の人が多いの?

五郎
アジア系の上に、イスラムなわけですよ。
だからお酒飲まないわけですよ。
そうしてね、下町の老舗のパブっていうのが結構潰れてるんです。


2012/07/01

宮台真司が語る「オンナはもう、オトコに顔を求めない」

今回は、2012年5月25日放送荒川強啓デイ・キャッチ!
「デイキャッチャーズボイス」宮台真司さんの回を起こします。

音声はこちらから

宮台
これクエスチョンマーク付いてないんですよね。
サンケイリビング新聞社の「iza!」っつーのがありまして。


そこがですね、「citywave」っていうwebサイトと合同で実施したアンケート
回答した女性は479人いらっしゃる。まぁ結構多いんですけどもね。

「交際相手を選ぶ際に妥協出来る点」っていうことはつまり、
妥協出来る点と出来ない点を答えてもらっているんですね。

「妥協出来る点」60%の女性が「容姿」と回答した。
「妥協出来ない点」1位は、「性格」ということなんですよね。

この答えをみて中国などでは、
テレビ番組で億万長者と結婚するみたいな番組があり、
「金」とか「容姿」とか堂々と結婚や付き合いの要件・必要条件として
主張されるのと比べてどうなるか?みたいな話もあるんですが・・

ちょっと僕、歴史の話をして日本の結婚に関わる性愛事情についてですね、
ちょっと批判的な角度からお話しをしてみたいと思うんです。

御存知のように80年代のバブル時代の末に
「アッシー」「メッシー」なんて言われた事がありますが、
この時代「3高(収入・学歴・身長)」が重要スペックだ!っていう話がありましたよね?


しかしそれから10年ちょっと経った2000年期に入るか入らない頃からですね。
結構情報産業のOMMGがたびたび調査を出しているんですが、
繰り返しこの調査の中に出て来るのが。
以前ほど「3高」にはもはやこだわらず、特に彼氏選びの時にはね、
「一緒にいて楽しい」とか「リラックス出来る」とか「性格が合う」という要素が
非常に重要視されるようになってきたんですね。

それと同時に「性格が合っても飯は食えない」ということでね、
結婚の問題と恋愛の問題をまた以前とはちょっと違った形で
分けるという考え方も出てきましたよね。

関連コンテンツ

スポンサードリンク