2012/01/31

三宅隆太に聞く「スクリプト・ドクターの仕事に関するあれこれ」(2)

今回は、TBSラジオ・ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル
2011年8月20日放送分サタデーナイトラボ
「<脚本のお医者さん>イズ・バック!
スクリプトドクターとは何か特集 リターンズ!」


を起こしたいと思います。
前後編にて配信されているうち、今回はその後編を起こしたいと思います。
前編はこちらから


前編は「スクリプト・ドクター」の概略とそのお仕事についての質問に
映画監督でもあり、スクリプト・ドクターの三宅隆太監督が答えられています。
これまで話してきたことを意識して制作された「七つまでは神のうち」のことに
ついても語られています。

音声はこちらから


ライムスター宇多丸(以下、宇多丸)
ええじゃあね、こっちいってみようかな。
「日本人のスクリプト・ドクターが海外の映画の脚本を診たり、
またその逆もあったりするんでしょうか?」

日本の映画を海外のスクリプト・ドクターが扱ったりとかもあるんでしょうか?

三宅隆太監督(以下、三宅)
はい、えーと日本人が海外の脚本をドクターするのは、
僕に関してはわりとしょっちゅうです。何度もやってます。
海外のってのは色々ありますけど、韓国だったりもしますけど、
アメリカのハリウッドのものも何本かやってます。

宇多丸
それってどういうルートで話が来るんですか?

三宅
えーとですね、あ、そうなんですよね!
すごく不思議がられるんですけど、しかも僕英語喋れないっていう問題もある(笑)

宇多丸
そんな事が有り得るのか!ってね。
それこそ今の話からすると、だってかなり密に色々やらなきゃいけないのに。

三宅
結局のところ、実際に完成した映画の情報として一般の方に届いているものは、
色んな数多ある企画の氷山の一角の先っちょの氷の結晶くらいの情報なんですよ。

宇多丸
ハリウッドはそうみたいですね・・。

三宅
うん、日本もそうなんですよ。
実際は今こうしている間もどんどん色んな企画が進んでいるんですね。
要するにハリウッドの映画で日本で制作に関わっていたり、
出資したりしている日本側のプロジェクトっていうのは
一般の方がご存じな量の何十倍ってあるんですよね。

そういう時に向こうの脚本家と向こうのプロデューサーがアメリカでずっと進めてて
上手くいかない場合に、例えば日本の出資サイドに意見を求めて来るっていう・・。

宇多丸
日本の企業なりがお金を出している場合があって、そういう場合?

2012/01/25

三宅隆太に聞く「スクリプト・ドクターの仕事に関するあれこれ」(1)

今回は、TBSラジオ・ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル
2011年8月20日放送分サタデーナイトラボ
「<脚本のお医者さん>イズ・バック!
スクリプトドクターとは何か特集 リターンズ!」

を起こしたいと思います。
前後編にて配信されているうち、今回は前編を起こしたいと思います。

前編は「スクリプト・ドクター」の概略とそのお仕事についての質問に
映画監督でもあり、スクリプト・ドクターの三宅隆太監督が答えられています。


音声はこちらから


ライムスター宇多丸(以下、宇多丸)
今夜お届けする特集はこちら!
「<脚本のお医者さん>イズ・バック!
スクリプトドクターとは何か特集 リターンズ!」

2009年に一度特集いたしました、カニと修造理論など
数々の印象深いフレーズを生みだした、
脚本の医者さんことスクリプト・ドクター特集

しかしあの特集はスクリプト・ドクターという仕事の入り口に過ぎなかった。
というわけで、本日最新作「七つまでは神のうち」が封切りになった
映画監督にして脚本家、そしてスクリプト・ドクターでも
三宅隆太監督をお招きしましてこのスクリプト・ドクターという
日本ではまだ珍しい仕事について更にググッとディープに伺っていきたいと思います。
それでは三宅さんよろしくお願いします。


三宅隆太監督(以下、三宅)
よろしくお願いします!ブルボン三宅です。
三宅・ブルボン・隆太です、よろしくお願いします!

宇多丸
もうね、もはやそういうイメージがね・・、ちょっとついてしまいましたけど。
あのとはいえね、三宅さんは甘くはないですからね。
ブルボンのように甘くはないですよ!

で、とりあえず今回初めて聞く方もいらっしゃると思うんで、
この耳慣れない日本ではまだまだ、スクリプト・ドクターというお仕事について、
ざっくり!まずは復習的にお教え頂きたいんですが。

三宅
わかりました。
普段みなさんがね、よくご覧になってる映画とか
テレビドラマっていうのがあると思うんですけど、
「あれ?なんかこれ、シナリオ上手くいってないんじゃないの?」と
思われる事あるかもしれないですけどね、
で、あういうものっていうのは基本的に脚本家がですね、
自分が書きたいものを好き放題書いてそのまま映画になったり、
テレビになってるってことはまず無いんですよね。

2012/01/21

映画監督・三宅隆太が語る「スクリプト・ドクターというお仕事」(3)

今回は、TBSラジオ・ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル
2009年9月19日放送分サタデーナイトラボ
「シリーズ"エンドロールに出ない仕事人"第1弾
〜スクリプト・ドクターというお仕事〜」

を起こしたいと思います。
3本のpodcastにて配信されているうち、今回は後編を起こしたいと思います。
(1)はこちらから
(2)はこちらから

前編は「スクリプト・ドクター」というお仕事とは何なのか?
邦画業界でもあまり知られていない存在であり、名乗っている人も少ない
その職業について映画監督でもあり、スクリプト・ドクターの三宅隆太監督が
語られています。


音声はこちらから


宇多丸
先ほどは持ち込まれたそういう問題のある脚本
「よくわかんなくなっちゃった・・、これどうしていいかわかんなくなっちゃった」って
持ち込まれた脚本をどこが悪いのかを診断していく、
お医者さんの診断の仕方を教わりました。
これある意味シナリオの読み方講座でもありますね。
僕もすごい目からウロコのお話でございました。

ということで、スクリプト・ドクターがそうやってく中で
なんかこうあります?
チェック方法・診断方法はこんなものでいいですかね?
実はもっと細かくあったりするんですか?

三宅
あの・・(笑)
いいですか?もう一歩踏み出しても・・。

宇多丸
もう一歩いきましょうよ!
これだって脚本チェック法だから一番僕らある意味・・。

三宅
そうですか!じゃあですねー、
まぁ推進力の問題をクリアするというよりも、
その問題があると気づいた場合にその主人公が共感できるキャラクターになってるかどうか?
っていう問題があるんですね。

主人公が追い込まれた方が面白いんだとするのならば、
主人公に感情移入していなければならないわけですね。
で、この主人公への共感っていうのは、
あの良く誤解されるのは、じゃあ「いい人」だったら共感できる主人公なのか?と言うと、
そんなことは全然なくてですね、いわゆるピカレスクな主人公でも構わないわけですけども。

大事なのは、何で感情移入出来ないのか?という理由を探ることです。
もしシナリオの方に感情移入出来ない要素があるのならば。
それはですね、どうすると感情移入出来るか?っていう話にもなってくるんですけど、
要はその人間っていうのは知らない人よりは知ってる人の方に思いを馳せるものですよね。

で、例えばなんですけど一つ例を言うとですね、
日本海の沖合にタラバガニの漁をしてる漁船があるとしますよね。
そこに松岡修造が乗っているとしますね。
まぁナントカ万才みたいな取材をしてると。
漁師さんたちが「ほら、とれたてのカニだよ!食べなさい!」って言って、
「ああ、美味しそうですね!じゃあ食べましょう!」って言って
脚をバサッと切ってですね、パカッと脚を割って、
プルプルの中身をギャッと食べて「ウワーッ、美味しいですね!」って
いうのを観た時にですね。

我々はカニではなくて、松岡修造さんの方に感情移入することになりますね。
そうすると、「わー美味しそう!お腹空いた!」ってなると思うんです。

2012/01/18

映画監督・三宅隆太が語る「スクリプト・ドクターというお仕事」(2)

今回は、TBSラジオ・ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル
2009年9月19日放送分サタデーナイトラボ
「シリーズ"エンドロールに出ない仕事人"第1弾
〜スクリプト・ドクターというお仕事〜」

を起こしたいと思います。
3本のpodcastにて配信されているうち、今回は中編を起こしたいと思います。
(1)はこちらから

前編は「スクリプト・ドクター」というお仕事とは何なのか?
邦画業界でもあまり知られていない存在であり、名乗っている人も少ない
その職業について映画監督でもあり、スクリプト・ドクターの三宅隆太監督が
語られています。


音声はこちらから


宇多丸
ということで、先生!
今日はもうちょっと先生と呼ばせて下さい!
先生、具合の悪い患者さんこと脚本が
これは大体プロデューサーさんから持ち込まれるんですか?

三宅
そうですね、大体オファーはプロデューサーの方、映画会社の方、
テレビ局の方まぁ色々いらっしゃいますけど、
あの脚本家とか監督から持ち込まれることはまずないですね。

宇多丸
脚本家の方がっていうのは、ある意味それはちょっとなんかその・・。
それが出来るんだったら、この仕事もっと多分広まっているというか、
プライドの問題のみたいなね・・。本当はそういうことじゃないのに・・。

三宅
なんとなくね的だと思ってる方が多いみたいですね。

宇多丸
「医者なんかかかるか!」っていうね、
「俺は自分で直せるんだ!」っていうね。
ゴーリゴーリっていうね(笑)

ということで、では実際にスクリプト・ドクター三宅隆太さんが
持ち込まれた脚本をどのようにチェックしてるのか?という具体的な作業手順、
方法を教えていただきたいと思います。

三宅
よろしくお願いします。
えーとですね、まぁドクターというからにはですね、
なんと言いますか結構切迫した状態になって依頼がくることが多いんですね。

そのもうどう直していいかわかんない!お手上げ!っていうような
混乱した状態でくるものが・・。

宇多丸
ひょっとして元の最初に脚本家さんが書いた大元より悪い状態になって来てることも・・。

三宅
あります!かなりあります。
なので同じ精神状態に絶対落ちないために、
かなり客観性が必要なんですね、分析する時に。

それはプロデューサーも脚本家もかなり主観的になってる場合が多いので、その段階では。
手順としてはですね、一番新しい脚本家、最新稿を受け取って一度しっかり読み込みます。

この時にですね気をつけているのは、絶対に読み返さないっていうことです。

宇多丸
一回しか読まない?
ほうほうほう、それはどうしてですか?

三宅
読み返さないでわかるように書いてない、まず問題があるっていうのもありますけど、
まぁ客観性を保つためです。
で、最初に読み返さないようにしてその時の印象でですね、
誰のどういう話だったのか?っていうことをめくって確認せずに、
75文字以内で書き起こすようにします。
これは大体桝目でいうと75文字ですけども、
2行くらいの長さにそのシナリオの印象をですね、
物語の概要をまず書き出すというのが最初にやる作業です。

宇多丸
なるほど、なるほど。
これはあまり細部にまで入れ込まなくて、
ざっくりこういう話だよなっていうことを大掴みする作業。

2012/01/14

映画監督・三宅隆太が語る「スクリプト・ドクターというお仕事」(1)

今回は、TBSラジオ・ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル
2009年9月19日放送分サタデーナイトラボ
「シリーズ"エンドロールに出ない仕事人"第1弾
〜スクリプト・ドクターというお仕事〜」

を起こしたいと思います。
3本のpodcastにて配信されているうち、今回は前編を起こしたいと思います。

前編は「スクリプト・ドクター」というお仕事とは何なのか?
邦画業界でもあまり知られていない存在であり、名乗っている人も少ない
その職業について語られています。

音声はこちらから


ライムスター宇多丸(以下、宇多丸)
今夜の特集はこちら!
「シリーズ エンドロールに出ない仕事人 第1弾
スクリプト・ドクターというお仕事」

映画のエンドロールに決して名前が載ることがない
映画を影ながら支える仕事人たちを紹介する新シリーズその第1弾ということで、
先月、日本のホラー映画表現について講義していただいた
映画監督にして脚本家の三宅隆太さんをお招きし、
スクリプト・ドクターすなわち、脚本のお医者さんのお仕事を紹介して頂こうと思います。
ということで三宅さん、いらっしゃいませ。

三宅隆太(以下、三宅)
あ、どーもこんばんは。よろしくお願いします。

宇多丸
間髪入れずの登場で。
前のJホラー表現のね、解説も本当に素晴らしかったです。
具体的なあれも交えて・・。
その後「本当にあった怖い話」の新作もね、やられてて
アレを見たりする度に幽霊が寄ってきたりする時のカットの切り方とか
ショットの大きさとか幽霊と驚く人の顔をどの大きさで切り取ってるか?とか
本当にそういうことをものすごい意識してみるようになりましたね。



やっぱり三宅さんの仰る通りに
それがすごく「ああ、これが怖いのか!」みたいなのが分かったりして、
大変勉強になった企画でございます。

三宅
ええもう、ああ良かったです!!

宇多丸
そしてね、もうね最近ウィークエンドシャッフル映画特集・・。
この間のJホラー特集も本当そうだったんですけど、
ちょっとね突っ走ってますね。

他のだって雑誌とかも含めて、映画専門誌とかも含めて、
スクリプト・ドクターの話をするところってあんまり僕知らないんですけどね。

2012/01/08

大竹まことが語る「原発について知らなかった3つのこと」

今回は、大竹まこと ゴールデンラジオ
2011年11月24日放送分オープニングトークを起こします。
原発関連で知らなかった3つのことについて語っています。

音声は、ファイルが削除されているみたいで今回もありません。



大竹まこと(以下、大竹)
さて、太田さん。
えーとですね。今日はちょっと変わったところからお話を始めるんですけども。
これは朝日の論壇時評っていうのかね、老人の主張。
高橋源一郎さんの回ですね、今回は。



前回の高橋源一郎さんの主張はジブリのね、宮崎駿さんの・・。
3人がね、犬連れてデモしてるという、デモなのか散歩なのか分からないっていう
柔らかい主張の中に反原発を撮っても柔らかい・・。
まぁ「笑っちゃうなぁ」と言いつつ、
その高橋源一郎さんっていう方は知の巨人の一角を担う方だよね。

その方が本当にね、今日本の知識階級の人たちはその知識とかねそういうものを
世の中にどう伝えようとしてるのかな?って俺時々疑問に思うことがあるのね。
やっぱし、文学界だとかそういう知の雑誌はあるわけじゃない?
だけど、そこでやってたって所詮はそのムラから出られないわけよ。

やっぱし売って出てこないとマスコミとか、twitterとかももちろんやってるんだろうけども、
なんかこうある意味打って出てこないとね、
何のためにそこに居るか?っていう存在が問われると思うんだよね。
その中から高橋源一郎さんっていうのは、
僕たちに分かりやすい言葉で伝えてくださる人だと思ってんのね。
他の人は、一生懸命何回も読んでも
やっと「こういうことかなぁ?」とかいうぐらいしか理解出来ないのね。

光浦靖子(以下、光浦)
わかります。変換前みたいな・・。

大竹
そうなんだよ。それがなんか、ちょっと言葉を変えれば官僚たちに言わせれば、
霞が関文学みたいなあっちの方ではそういう方便に使われててねぇ・・。
よく日本人でありながら、日本語が理解できない。
そういう国でそういう政治が行われている、
その中で言葉を分かりやすく伝えるっていうのは大事な事じゃないかと思うねぇ。

太田英明アナ(以下、太田)
はい、今回の論壇時評で高橋源一郎さんが取り上げてるのが、
この秋最も充実した論壇誌、論壇に関する雑誌は、「通販生活 秋冬号」
カタログハウスから出ている通販の雑誌だというふうに仰っているんですね。

関連コンテンツ

スポンサードリンク