2011/12/31

紅白マイスター・寺坂直毅が語る「紅白・鉄板の名場面」

今回は、2011年11月18日(金)TBSラジオ「Dig」
DigTag「大根仁の言い逃げ番長」を起こします。


自宅で紅白のセットを自作で再現するほどの紅白マイスターであり百貨店マニア、
構成作家の寺坂直毅さんが紅白鉄板の名場面を語ります。


(最新1週間分しか、podcastがありませんので今回は音声リンクはありません)


大根
今日は本編も紅白がテーマだったので、
引き続き寺坂くんと紅白の名場面・珍場面を。

元々、寺坂と出会ったのが昔、岡宗くんっていう
テレビディレクターの相棒がいるんですけども、
(その人)とイベントをやってて、トークイベント。

そこで寺坂がゲストに来て面白映像を見せるみたいなことを
やってたんですよ。そこで持ちネタの紅白の名シーン・珍シーン、
名場面・珍場面みたいなのをよく流してて、鉄板で受けるんですよ、しかも。
何回こすっても、そんな・・そういったものをちょっとやってみましょう。

さっきの『仮面舞踏会』→『仮面ライダー』の話で・・。

寺坂
歌終わった後に少年隊のヒガシさんは大号泣をしてたらしいですよ。
衣装さんも集まって、もうその3分間、歌の3分間のためにすごいスタッフの方が動いて
初出場ですからすごいいろんな人が見てる舞台なのに、
『仮面ライダー』って言われてしまって、全員で悔し泣きをした・・。

BEST OF 少年隊


大根
会場爆笑だったからね(笑)

寺坂
そのあと加山雄三さんが鼻を擦りながら、
「いやいや緊張してしまったよ。
『仮面ライダー』じゃなくて『仮面舞踏会』だよねー」っていう
訂正があったと。

江藤
なるほど、そこをまた重々しくしてもねぇ・・。
そういったものがあるんですね、歴史も長いですし。

大根
なんかじゃあ、いくつか持ってきたんで、
曲を流しながらどんなシーンだったっていうのを
寺坂としていきましょうか?じゃあ1曲目を流していきましょうか?

2011/12/30

起こし・オブ・ザ・イヤー2011

今年の7月から開設いたしました当ブログ
昨日までで一番読まれた起こし記事は何なのか?
順を追って発表してまいりたいと思います。

第10位
ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル
「浮世絵は、江戸のグラビア雑誌だ!!」特集・前編(8月4日)



友人の富屋さんによる紹介と、
某大学のゼミ内で紹介して頂いて効果で10位に輝きました。



第9位
吉田豪が語る、乙武洋匡について(10月25日)


twitterでのリツイートをたくさんの方にして頂いた
おかげで9位となりました。



第8位
「モテキ」監督・大根仁と「監督失格」監督・平野勝之が語る、
女優・林由美香とは? (9月20日)



こちらもリツイート効果がありました。
それに加えて、「監督失格」の上映館であるアップリンクさんからの
zenback効果でアクセスが増えました。


2011/12/23

伊集院光が語る「ももいろクローバーZにすごい僕は興味を持ってるんだけど」

今回は、ももいろクリスマス開催直前ということで、
2011年8月26日(金)配信
TBSラジオ「伊集院光・深夜の馬鹿力」podcastを起こします。


ももいろクローバーZにすごい興味があるけど、
もう一歩踏み出せない伊集院さんの心情が語られています。

音声はこちらから


伊集院光(以下、伊集院)
あの実は昨日分で終わったと見せかけて
もう1本あるあたりが憎いね。

GOノリ(オテンキ)
憎いですねー。

伊集院
これとっととやんないと、森本毅郎さんのところの
スタッフの人が来て、またいい人たちだからさ、
露骨に「出てけ」とは言わないけど、
微妙に嫌な顔をするから(笑)

ノリ
すごい棘のある言い方しますね、余計に(笑)

伊集院
俺の3位が終わったから、じゃあオテンキの第3位
「ももいろクローバーZよみうりランドコンサートに出演」

良いなぁ、なんかすげーいい。
なんかもう俺さぁ、ももいろクローバーにすごい興味を持ったわけ、
僕のすごい信頼している知り合いが色んなものを勧めてくれるん
ですけど、その人が次はももいろクローバーを
「伊集院、次一緒にみようよ!」って言ってくれたんで、
そのももいろクローバーZにすごい僕は興味を持ってるんだけど、


2011/12/18

カンニング竹山が語る「種子島ってこんな島」

今回は、2011年7月25日(月)TBSラジオ「Dig」
DigTag「カンニング竹山の黒ぶちメガネ」を起こします。

移住した親友の元へ種子島に旅行へ行った際に
知ったこと・感じたことが語られています。

(最新1週間分しか、podcastがありませんので今回は音声リンクはありません)



竹内香苗(以下、竹内)
今夜は種子島ですよね?

カンニング竹山(以下、竹山)
そうです、土日で種子島に行って来まして、
そもそも種子島ってどこにあるかわかる?



竹内
南の方・・。
だって鉄砲が伝わったところでしょ。

竹山
そう鉄砲伝来種子島ね。
で結局ね皆さんそうなんですけど、九州じゃないわけよ。
種子島とか屋久島とか奄美大島、まぁ言ったら沖縄本島、宮古島、
それがねごちゃごちゃになってる人多いんですよ。

竹内
あああ、はい(笑)

2011/12/12

小島慶子が語る「哲学で私は楽になった」

今回は、
2011年11月22日(火)小島慶子キラ☆キラ
オープニングトークを起こしたいと思います。

音声はこちらから

小島さんが1年近く薄く悩まれていたことを
楽にさせてくれた1冊を紹介しています。


小島慶子(以下、小島)
コラ☆コラコーナーは週替わりで色んな方がいらしてて
何度かご登場下さってる方もいらっしゃるんですけども。
その中のお一方が哲学者の國分功一郎さん

堀井憲一郎(以下、堀井)
あのイケメンな、
頭良いくせにイケメンっていうのはどう!それ!!若くて!

小島
ねぇ、しゃべるとなんかちょっとしゃべり方は無防備な感じが魅力っていうね。
國分さんがよく御本を紹介下さってるんですが、
その國分さんの最新刊かな?
『暇と退屈の倫理学』ってのが朝日出版社から出たんですけども。



これあの拝読しまして、
なんかあの哲学ってさ素養がないと分かんないだろうな?って思ってたわけ。
そしたら「いやいや、そんな人でも読めるから読んでみて」って言われて、

で本当に私、ほとんど教科書で習った以外の哲学知識とか無かったんですけど。
でもね、楽しく読めました!

そんでね、なんで楽しかったのかな?っておもったら、
まずは國分さんのまえがきとあとがきで、一人称が「俺」だったっていうね、
その意外性!

2011/12/08

安住紳一郎が語る「白鷺の姐御が頻繁に出てきた理由」

安住紳一郎が語る「白鷺の姐御が頻繁に出てきた理由」
今回は、安住紳一郎の日曜天国より2011年7月31日放送分 
「ゴボウ食べて頑張ってる&ゲストは秋本治さん」
大相撲名古屋場所のテレビ中継で映り込む女性(通称・白鷺の姉御)が
今回なぜ頻繁に写っていたのか?の理由について
語らてれいます。

音声はこちらから


安住紳一郎(以下、安住)
先週番組の冒頭で大相撲名古屋場所・白鷺の姐御
ちょうど西の花道に毎年名古屋場所になると見に来るご婦人がいらっしゃいますよ。
テレビ中継でもその人の姿が確認することが出来るので、
私は毎年見ているんですよ、という話を長々としましたけれども、

ちょうど去年ですね、名古屋場所いろいろな不祥事がありまして、
中継がなかったもんですから2年ぶりの生中継と言うことになりますが・・。
という話をして、そして2,3,4年前、過去よりも今年はその女性、
白鷺の姐御と呼んでますが。

白鷺の姐御が結構映るんだけれども、気のせいかな?みたいな話を
してたんですけれども、本当によく映ってるんですよね今年ね。
「あれ?おかしいな。こんなに映ってたかな?」ってのは、
ずっと思ってたんですけど、実はある関係者からお便りを頂きまして、
これはビックリしたんですけども、NHK、あ、言っちゃった・・。

その大相撲の中継を担当している放送局がありますよね?

中澤有美子(以下、中澤)
ハハハ・・。はい・・。
ありますねぇ・・。

安住
大相撲を放送している中継している放送局の
その大相撲中継を担当しているディレクターですね。
いわゆる現場監督ですよね。
大相撲を放送している放送局のその名古屋場所の担当の現場監督ですよ!
もう本物中の本物の関係者ですよね?

中澤
ええ、ど真ん中ですねー。

2011/12/04

安住紳一郎が会ってきた「名古屋場所の白鷺の姐御」

今回は、安住紳一郎の日曜天国より2011年7月24日放送分 
「白鷺の姉御2011&ゲストは槇原敬之さん」
大相撲名古屋場所のテレビ中継で映り込む女性について
語られています。

音声はこちらから


安住紳一郎(以下、安住)
さて、夏と言えば大相撲名古屋場所ですね。
もう今日24日千秋楽を迎え終わってしまいますが、
みなさんは大相撲ご覧なられるでしょうか?

私がこの名古屋場所もっとも注目しているといえば
誰かご存知でしょうか?
ずっとラジオ聞いてくださってる方はご存知かと思いますが、
ここ最近から聴き始めた方は、私が大相撲名古屋場所
注目をしている人がいるんですね。誰でしょうか?

最多勝記録を塗り替え、そして引退してしまいました大関の魁皇関かな?
いやー、違う!違う!
昨日買って白鵬の8連覇を止めた日馬富士だ!んなぁ違う違う!
ああじゃあ大関取りに黄色信号の点った琴奨菊だ!違う!!
善戦してる豊真将だ!違う!!
入幕二場所目の魁聖、違う!というね。

大相撲ファンもとい、大相撲中継ファンのこの私が
名古屋場所で注目するといえば、この人しか考えられませんね。
そうです、西の花道から声援を送る一人の女性
白鷺の姐御
その人にほかなりません。

中澤有美子(以下、中澤)
はい!左様でございます!

関連コンテンツ

スポンサードリンク