2011/07/30

300doors・上田ダイゴ「超カンタン!黒字公演の作り方に参加しました。

今回も300doorsに参加してきました。
今回は、「超カンタン!黒字公演の作り方」
講師は、マーベリックコア代表・上田ダイゴさんです。


以下、書き留めた内容です。



小劇場で演劇をしていると、「動員400人の壁」とか
「動員200人の壁」が結構ある。
今回の公演はその「動員200人の壁」に苦戦している
劇団に参考になると思う。

<「黒字公演」とは?>
「黒字公演」というフレーズを聞いて、
まずどのような方法を取るか?

・収入を増やす
・動員を増やす

だいたいこの2つを思い浮かべると思う。
しかし、今回はその2つは取り扱わない。なぜか?

動員を増やすということに対するパラドックスがあるから、
動員を増やして収入を増やしても、
その分費用も当然ながら掛かってくる。
しかし、収入と費用の差(粗利益)というのは、
何人動員しようと小劇場では
大差はあまりない。
しかし、その反面リスクだけはしっかり動員に比例する。

2011/07/26

300doors奥野将徳「舞台芸術におけるコミュニケーション/デザインを見直そう!」参加しました。

2011年7月22日(金)・大阪市旭区・芸術創造館で行われた
300doors「舞台芸術におけるコミュニケーション/デザインを見直そう!」
講師:奥野将徳さん(precog)
というワークショップ参加して参りました。
参加者は20名くらいで、舞台芸術関連で働く人が多くを占める中
ただ観客として参加させて頂きました。

ここでの講義で書き留めたことを以下に書きたいと思います。

2011/07/21

卒業生への言葉で話題になった立教新座高校校長が研究している江戸・遊郭の文化を語る

今回は、
2011年6月14日(火)小島慶子キラ☆キラ 
3時台のコラムのコーナー コラ☆コラ-渡辺憲司さんを起こしたいと思います。
音声はこちら



小島慶子(以下、小島):
今日のゲストは、立教大学名誉教授・立教新座高校・中学の校長先生を
勤めていらっしゃいます渡辺憲司さんです。

先日このコーナーにいらして頂いたときは、非常に震災後にネットでも話題になった
卒業生に向けてのメッセージの真意などを伺ったんですけれども、

卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ。(校長メッセージ)


今日は、先生のご専門の江戸文化、特に遊郭での人間関係とか
遊郭文化みたいなものをじっくり伺おうかなと思いましてお越し頂きました。
よろしくお願いします。

前回聞き逃したという方は、丁度ご本が出たので

こちらをお手にとって頂ければと思います。

それでですね「JIN-仁-」というTBSドラマが非常の高視聴率で話題ですが
先生はこれが大好きだということで。

2011/07/18

300doors ・ 平松邦夫「話すということ」に参加してきました

7/16(土)大阪市役所玄関ホールで行われた
300doors 平松邦夫「話すということ」ワークショップに
参加して参りました。
この日が初日で、8月9日まで300以上のワークショップが
開催されるみたいなので、時間の合う方・興味のある方は
参加されてみてはいかがでしょうか?

300doors開催概要 
ワークショップのラインナップ 
受講費も1講座500円均一なので、お得だと思います。

今回参加したのは、平松邦夫大阪市長が3年連続で行われている
朗読の方法や話し方、コミュニケーションに関するワークショップで
参加者が詩や小説の一片を朗読しながら、話し方を指導する形式でした。

以下は、平松市長の発言を書き留めたものを掲載します。
アーカイブはUSTREAMに録画が残っているみたいです。




2011/07/15

山里亮太とヒャダインが語る、ももいろクローバーZの魅力とは?

今回は、「水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論」2011.6.16分 です。


「ももいろクローバーZ」に関して話している様子です。
南海キャンディーズ山里亮太と「ももいろクローバーZ」に楽曲提供をしている
ヒャダインさんとこと前山田健一さんの会話です。


(開始から16分50秒あたりから)

山里:
ヒャダインさんと俺、趣味ドンピシャだよ。

ヒャダイン:
ええネクーラーですからね、僕ら(笑)

山里:
そうそう、根暗の嘘つき!!

ヒャダイン:
ハハハハハハ!心の闇ですね(笑)

関連コンテンツ

スポンサードリンク